本文へ
表示モードの切替
印刷

平成29年夏の県民交通安全運動について

1 運動期間

 7月11日(火)~7月20日(木)の10日間

2 運動スローガン

 年間スローガン

 「よくみよう 車のあとに またくるま」

 サブスローガン

 「きをつけよう よそみとびだし じこのもと」

平成29年春の交通安全運動ポスター画像
平成28年度JA共済群馬県小・中学生交通安全ポスターコンクール入賞作品

(入賞当時 高崎市立新高尾小学校1年生)
 戸部 泰助 さんの作品

3 運動の目的及び運動重点

運動の目的 
県民一人ひとりに交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣づけ、相手の立場に立った「優しさ」と「思いやり」のある運転や行動を促進し、交通事故防止の徹底を図る。

 

重点1 子供と高齢者の交通事故防止

  • 道路横断中の事故が多発しています。道路を横断するときは、左右の安全確認をしながら横断しましょう。特に左側から来る車に注意しましょう。
  • 信号待ちをするときは、車道から離れた歩道の橋など安全な場所で待ちましょう。また、信号が青色に変わってもすぐに横断せず、周囲の安全を確認し、車の動きに注意しながら横断しましょう。
  • 子供や高齢者を見かけたときは、急な飛び出しや不用意な横断など危険な行動をとる人がいることに注意し、子供や高齢者の安全を守る運転をしましょう。

重点2 自転車と二輪車の交通事故防止

  • 自転車は、車両であることを再認識し、一時停止や信号などの交通ルールを守りましょう。
  • 二輪車は、「運転者が身体で安定を保ちながら走る」「四輪から見えにくい」等の構造上の特性を理解し、安全運転に心掛けましょう。
  • 自動車の運転者は、自転車や二輪車を見かけた時は、危険を予測し、減速するなど優しさと思いやりのある運転をしましょう。

重点3 飲酒運転の根絶

  • 運転者や同乗者は飲酒運転の危険性や違法性を認識し、「飲酒運転を絶対にしない・させない」という強い決意をもちましょう。
  • 飲酒運転の自動車に同乗することや、飲酒運転をする恐れのある人に自動車を貸すこと、自動車を運転する人にお酒を勧めることはやめましょう。
  • 飲食店は、来店者に車できたかどうかを確認し、運転者への酒類提供禁止の徹底とハンドルキーパー運動を促進しましょう。

4 実施要綱・チラシ

5 その他参考情報

 群馬県ホームページでは、群馬県内で過去3年間に発生した交通死亡事故の場所をお知らせしています。
 群馬県内の交通死亡事故の概要を知り、今まで以上に交通事故の防止に努めましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部交通政策課
〒371-8570前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2388
FAX 027-223-9510
E-mail koutsuuka@pref.gunma.lg.jp