本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県交通安全教育アクション・プログラムの策定について

1 策定の背景

 平成26年12月22日施行の群馬県交通安全条例に合わせて、群馬県の交通安全に関する決議において「小・中・高校生に対する自転車運転のマナーアップを含めた交通安全教育の ためのアクション・プログラム (行動計画)を、知事部局、教育委員会、警察本部の各関係部局で連携して作成のうえ推進すること。」とされ、今回、「群馬県交通安全教育アクション・プログラム」を策定しました。

2 計画の目的

 交通安全教育の実施により、交通ルールの遵守と正しい交通マナーを実践し、生涯を通じて車社会で生きていく力を養い、悲惨な交通事故を限りなくゼロに近づけることを目的とします。

3 計画の期間

 平成27年(2015年)度を初年度に、平成32年(2020年)度を目標年度とする6年間とします。

4 計画の目標

(1) 達成目標

 交通事故の状況などを踏まえ、各年齢層ごとの目標を設定しました。

(2) 数値目標(中学生・高校生について交通事故防止のための数値目標を設定)

 中学生の関係する自転車事故発生件数について、平成26年を基準年とし平成32年中の事故発生件数を20%、高校生については30%削減します。

5 各年齢層における主な具体的施策

(1) 中学生

  • 協力企業との連携による自転車の安全教室
    • 自転車事故を防止するため、県内数カ所の中学校を対象に、参加・体験・実践型の自転車の安全教室を実施します。

(2) 高校生

  • 自転車指導警告票の交付データ等を活用した交通安全教育・指導
    • 自転車指導警告票の交付、交通事故の多い地域や学校等を対象に交通安全教育に重点的に取り組みます。
  • 交通安全指導者養成講習会
    • 自転車事故を防止するための交通安全教室を各学校が主体的に行えるよう、教員向けの講習会を開催します。
  • 二輪車マナーアップ講習会
    • 二輪車免許取得者を対象に、二輪車の安全な乗車に必要な技能の取得等を目的とした講習会を開催します。

(3) 初心運転者

  • プレ運転者交通安全教室
     初心運転者の交通事故防止を図るため、卒業予定の3年生を対象に交通安全講話を実施します。

(4) 高齢者

  • 群馬県高齢者交通安全教室
    • 群馬県老人クラブ連合会・ふれあい・いきいきサロン(群馬県社会福祉協議会)と連携し、高齢者を対象とした交通安全教室を推進します。

6 その他

  • アクション・プログラムの内容については、毎年実施結果を検証し見直しを行っていきます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部交通政策課
〒371-8570前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2388
FAX 027-223-9510
E-mail koutsuuka@pref.gunma.lg.jp