本文へ
表示モードの切替
印刷

クルマ社会群馬からの挑戦!!路線バス×ITで群馬の公共交通を変える【10月18日開催】※終了しました。

-公共交通情報のオープンデータシンポジウム- 【群馬県交通まちづくり戦略実施事業】

公共交通情報のオープンデータ化によって群馬県の公共交通の何が変わるのか、また、どう変えていくのか。今後の公共交通のあるべき姿について、会場のみなさまと議論いたしました。

1 日時

平成30年10月18日(木) 13時30分~17時00分 (開場13時00分)

2 会場

群馬会館2階ホール(前橋市大手町2-1-1)

3 プログラム

※シンポジウムの講演資料、動画を一部追加しました。

第1部 基調講演 13時40分

講演1 「急速に進むオープンデータ化への取り組み」 13時40分

総務省 情報流通行政局 情報通信政策課長 今川 拓郎 氏

講演2 「公共交通情報のオープンデータは地域公共交通に何をもたらすか?」 14時15分

東京大学 生産技術研究所 助教 伊藤 昌毅 氏

 資料:公共交通情報のオープンデータは地域公共交通に何をもたらすか? (pdfファイル:8.54MB)
 動画:シンポジウム動画(外部リンク:ぐんまちゃんTV)

第2部 招待講演 14時50分

「GoogleがICTで地域に貢献できること」 14時50分

グーグル合同会社 執行役員 公共政策・政府渉外担当 杉原 佳尭 氏

第3部 パネルディスカッション 15時40分

これからの公共交通のあるべき姿について、バス利用者、バス事業者、有識者、IT事業者、行政、データの作成・活用者それぞれの立場で議論します。その他、会場からの質問を受けての議論をいたしました。

パネリスト

  • 伊藤 昌毅 氏(有識者/東京大学 生産技術研究所 助教)
  • 清水 正行 氏(データ等活用者/日本経済新聞社 メディア戦略部)
  • 阿久津 太嗣 氏、井坂 衣里 氏、大熊 大貴 氏、藤澤 悠斗 氏(バス利用者/群馬大学)
  • 根岸 孝育 氏(バス事業者/群馬県バス協会(群馬中央バス株式会社))
  • 井上 佳国(IT事業者/ジョルダン株式会社)
  • 松岡 利一(行政/群馬県県土整備部交通政策課長)

コーディネーター

  • 野村 靖仁 氏(NPO法人地域情報化推進機構副理事長)

 動画:パネルディスカッション動画(外部リンク:ぐんまちゃんTV)

5 主催等

  • 主催 群馬県
  • 企画・運営 ジョルダン株式会社

6 ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部交通政策課
〒371-8570前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2869
FAX 027-223-9510
E-mail koutsuuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。