トップページ > くらし・環境 > 住宅・土地・交通 > 住宅 > 群馬県空き家活用・住みかえ支援事業のご案内

群馬県空き家活用・住みかえ支援事業のご案内

 マイホーム借上げ制度を活用した「群馬県空き家活用・住みかえ支援事業」とは、50歳以上の方のマイホームを一般社団法人移住・住みかえ支援機構が借り上げ、3年の定期借家契約により貸し出すものです。

1 事業に取り組む背景

空き家の増加

 現在、県内で約12万戸の空き家が発生しており、人口減少社会を迎え、今後も空き家が増加すると見込まれ、防災・防犯・景観、地域のコミュニティの維持、などの観点から対策が必要となっています。

住宅と世帯のミスマッチ

 持ち家が比較的広い高齢者世帯がある一方、ゆとりある住宅を求めている子育て世帯があり、各世帯に適した住宅への住みかえが進むよう、対策が必要となっています。

2 マイホーム借上げ制度を活用した空き家活用・住みかえ支援事業

マイホーム借上げ制度の概要

 国の施策の実施・運営を行う「移住・住みかえ支援機構(JTI)」による制度で、高齢者世帯の持ち家を機構が借上げ、安定した家賃収入を保証します。借上げた住宅は、子育て世帯等に転貸します。

(1)制度利用者のメリット

  • JTIがマイホームを最長で終身借上げ、安定した家賃収入を保証します。
  • 入居者との契約期間が3年単位なので、マイホームに戻ることも可能です。
  • 家を長持ちさせるメンテナンス費用を、家賃収入でまかなうこともできます。

(2)子育て世帯など家を借りる人のメリット

  • 良質な住宅を、相場より安い家賃で借りられます。
  • 敷金や礼金の必要がありません。(契約時の仲介手数料などは必要となります)
  • 貸し主の了承は必要ですが、壁紙などの一定の改修が可能です。
  • 3年ごとに優先して再契約できます。

群馬県における事業体制

ぐんま住まいの相談センターを総合窓口とし、県内協賛事業者による空き家活用の相談や、群馬県居住支援協議会と連携した住みかえ相談や住みかえ先の案内を実施します。

群馬県における事業体制


3 借上げの主な条件

  • 日本国内にある住宅をお持ちの50歳以上の方
  • 住宅に一定の耐震性が確保されていること
     

4 相談窓口

県内総合窓口

 ぐんま住まいの相談センター(群馬県住宅供給公社)(外部リンク)
 電話番号 027-210-6634

県内自治体窓口

 群馬県及び35市町村

マイホーム借上げ制度運営団体

 一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(外部リンク)
 電話番号 03-5211-0757

協賛事業者

平成24年4月現在
 

協賛事業者一覧
会社名 事務所所在地 電話番号 免許番号
(有)住創開発 沼田市上原町1756-212 0278-24-2710 群馬県知事(4)5768
(株)長建産業 伊勢崎市ひろせ町4104-9 0270-25-4600 群馬県知事(9)2638
(株)創商 高崎市八島町117 027-322-1611 群馬県知事(10)2211
(有)リアライズ 太田市東矢島町1260-1 0276-30-2201 群馬県知事(2)6662
(株)アルファプラン 前橋市問屋町2-4-3 027-210-5777 群馬県知事(4)5456
サクセス不動産 邑楽郡大泉町東小泉町1-21-16 0276-20-0001 群馬県知事(1)6379
(株)ネオ・リサーチ 高崎市上中居町1538-1 027-350-7088 群馬県知事(1)6745
(株)広田住宅センター 高崎市田町92 027-325-0055 群馬県知事(1)6927
新和興業(株) 富岡市神農原甲695-1 0274-62-2525 群馬県知事(10)2056
キムラ設計 桐生市相生町5-703-3 0277-53-0291 群馬県知事(3)6138
(株)群馬総合土地販売 高崎市通町76 027-323-0009 国土交通大臣(3)5655 

5 パンフレットのダウンロード


PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県土整備部住宅政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3717
FAX 027-221-4171
juusei@pref.gunma.lg.jp