本文へ
表示モードの切替
印刷

証紙Q&A

 群馬県収入証紙は、群馬県への各種申請に必要な手数料等を納付する時に、現金の代わりに使われるものです。
 このページでは、証紙について皆様からよくいただく質問にお答えします。

「証紙」と「収入印紙」は同じものですか

 証紙と収入印紙は異なるものです。間違って購入しないよう、十分ご注意ください。

  • 収入印紙は、国に納付する際に使用するもので、群馬県の各種申請等には使用できません。
  • 国の機関や群馬県以外の都道府県に申請する場合には、群馬県収入証紙は使用できません。

証紙の図柄がいくつかありますが、有効なものはどれですか

 群馬県収入証紙の券面の表示は、「群馬県収入証紙」「(群馬県)収入証紙」「群馬県証紙」の3種類がありますが、すべて使用可能です。

 したがって、異なる図柄の証紙をあわせて使用しても問題ありません。

 群馬県で発行している証紙の図柄や券種は、現在使用できる群馬県収入証紙(一般証紙)のページをご覧ください。

証紙はどこで販売していますか

 群馬県収入証紙は、県内の証紙売りさばき所で販売しています。
 詳細は、証紙売りさばき所のページをご覧ください。

  • 「群馬県統合型地理情報システム(マッピングぐんま)」による地図情報があわせて閲覧できます。
  • 売りさばき所により販売日や販売時間が異なります。また、売りさばき所によっては、群馬県収入証紙の券種の在庫がない場合があります。在庫については、あらかじめ、売りさばき所に直接お問い合わせください。

誤って証紙を購入してしまった場合は返金してもらえるのですか

 購入した群馬県収入証紙は、原則として返還して現金の還付を受けたり、他の証紙と交換することはできないこととなっています。ただし、収入印紙と誤って購入してしまった場合、申請を取りやめた場合、必要以上の証紙を購入した場合などで、かつ今後その証紙を使用する見込みがないときは、例外的に返金(買戻し)が可能です。
 ただし、群馬県収入証紙を購入した場所での返金は行っていません。
 返金の対象となるかについては、事前にお問い合わせください。
 また、請求書の受付窓口での現金による返金は行っていません。請求者が希望される請求者名義の口座にお振り込みします。

証紙の返金(買戻し)の手続き

 返金(買戻し)を請求される場合は、「証紙買戻し請求書」を提出してください。

 様式のダウンロードはこちらから→証紙買戻し請求書(PDF:6KB) 
 (記載例)証紙買戻し請求書(PDF:70KB) 

請求書の受付窓口

  • 県会計局会計課(県庁3階)
  • 各行政県税事務所

ご持参いただくもの

  • 返金対象の群馬県収入証紙
  • 請求者の印鑑 (法人・団体等が購入した場合で代表者印を持参できない場合は、ダウンロードした様式に押印してご持参ください。)
  • 請求者名義の口座情報が分かるもの(預金通帳等)

 ※ご本人名義の口座をお持ちでない方はご相談ください。

注意点

  • 郵送での請求書提出は受け付けておりません。お手数ですが受付窓口までお越しください。
  • 請求書の受付窓口で、聞き取りによる調査・確認をさせていただきます。
  • 請求者以外の人が返金を受ける時等、委任状が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
  • 破れていたり、汚れている証紙は、返金(買戻し)できない場合があります。
  • 請求書提出後、2週間程度で指定口座へのお振り込みとなります。

破れたり証紙や汚れたりした証紙は使用できますか

 破れた証紙や汚れた証紙は使用することができません。

 証紙を扱う際は十分ご注意ください。

証紙についてのお問い合わせ先

 会計局会計課(電話 027-226-3811)までお問い合わせください。

証紙のページに戻る

このページについてのお問い合わせ

会計局会計課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3811
FAX 027-243-3450
E-mail kaikeika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。