トップページ > くらし・環境 > 国際交流・多文化共生 > パスポート > 手続き(申請に必要な書類) > 氏名、本籍の都道府県名、性別又は生年月日に変更のあった方(記載事項変更旅券の発給)

氏名、本籍の都道府県名、性別又は生年月日に変更のあった方(記載事項変更旅券の発給)

 ここでは、有効なパスポートをお持ちの方で、氏名、本籍の都道府県名、性別又は生年月日に変更があった方が、有効なパスポートを返納し、記載事項変更旅券(有効期間満了日が返納されたパスポートと同一で、記載事項を変更したパスポート)の発給申請を行う場合についてご案内します。
 なお、手続きの手順については、こちら「手続きの手順」もご覧ください。

有効なパスポートの氏名、本籍の都道府県名、性別又は生年月日に変更があったときの手続き

次の2つの手続きのいずれかを選択

  1. 有効なパスポートを返納し、新たに10年間あるいは5年間有効なパスポートの発給申請を行う(原則) →新たに10年間あるいは5年間有効なパスポートの発給申請を行う場合は、こちら「有効なパスポートをお持ちの方(切替新規発給・訂正新規発給)」をご覧ください。
  2. 有効なパスポートを返納し、記載事項変更旅券(有効期間満了日が返納されたパスポートと同一で、記載事項を変更したパスポート)の発給申請を行う→当ページで説明している「記載事項変更旅券の発給申請」の手続きです。

 (注意)本籍が変わっても、パスポートに記載された本籍の都道府県の内での変更であり、都道府県名が変わらない場合は、手続きは必要ありません。

住所が変わったときは

  • 住所が変わった場合は、手続きは必要ありません。
  • 住所が変わった場合は、お持ちのパスポートの最終ページ(裏表紙の内側)の所持人記入欄を、ご自身で訂正して下さい。
  • 訂正方法は、変更前の住所を二重線で見え消しにし、余白に新しい住所を記入してください。修正液等は使用しないでください。

「記載事項の訂正」の制度は廃止

「記載事項の訂正」の申請により訂正されたパスポートをお持ちの方

 「記載事項の訂正」の申請により、すでに訂正されたパスポートをお持ちの方については、次のとおりです。

記載事項変更旅券の発給申請時の注意事項

有効期間満了日について

旅券番号について

  • 新たなパスポートを発行するため、旅券番号は変わります

旅券冊子について

  • 申請時に返納したパスポートが10年間有効なパスポート(えんじ色)であれば、10年用の旅券冊子(えんじ色)で記載事項変更旅券を発行します。
  • 申請時に返納したパスポートが5年間有効なパスポート(紺色)であれば、5年用の旅券冊子(紺色)で記載事項変更旅券発行します。

パスポートの申請は市町村の窓口で

(注意)

その他注意事項

受け取りまでの日数

申請に必要な書類…次の(1)から(5)

申請に必要な書類
 必要な書類  書類の説明

(1)一般旅券発給申請書(記載事項変更用)…1通

 申請書の種類(1種類)

  • 記載事項変更旅券の発給申請書は、1種類です。上部が緑色になっています。
  • 10年用(上部が赤色)あるいは5年用(上部が青色)の発給申請書では、記載事項変更旅券の発給申請はできませんのでご注意ください。

 申請書の配布場所

  • 県内市町村のパスポート申請窓口で配布しています。

 申請書を記入する際の注意事項

  • 申請書は、機械で読み取りますので、折ったり、汚したりしないでください。
  • 黒のボールペンまたは黒インクで、指定の枠内にかい書体で記入してください(消しゴム等で消せるインクを使用したボールペン、裏写りしやすい筆記具は使用しないでください)。
  • 書き間違えた場合は、間違えたか所を二本線で消し、正しい内容を枠外に書き加えてください(修正液等は使用しないでください)。一部訂正か所に押印又は署名が必要な場合があります。
  • ただし、「所持人自署」の欄の訂正はできません。「所持人自署」の欄の署名を書き損じた場合(枠からのはみ出し、かすれ、二度書き等を含む)には、新しい申請書に書き直してください。
  • 申請者本人が必ず記入する欄を、本人以外の方が記入した場合や、記入もれがある場合は受付できません。
  • 署名の代筆については、こちら「署名の代筆」をご覧ください。
  • パスポートに記載される氏名は、原則として、ヘボン式ローマ字となります。ヘボン式ローマ字のつづり方については、こちら「ヘボン式ローマ字表記」をご覧ください。

(2)戸籍抄本または戸籍謄本…1通

  • 申請日前6か月以内に発行されたもの。
  • 同一戸籍内のご家族が同時に申請をする場合は、戸籍謄本1通で全員の申請を受け付けることができます。
  • 2ページ以上の戸籍抄本または謄本を切り離したときは無効になります。
  • 戸籍抄本または謄本は、本籍地の市区町村からお取り寄せください。本籍地が遠方の場合は郵送で請求することもできますので、各市区町村にお問い合わせください。

(3)パスポート申請用の写真…1枚

(4)有効なパスポート

  • 有効なパスポートは申請時に返納していただき、失効処理をします。
  • 申請時に有効なパスポートを提出しないと、申請を受け付けることができません。
  • 返納いただいたパスポートは、記載事項変更旅券のお受け取りの際に、消印をしてお返しいたします。 

 (注意)次の場合は、記載事項変更旅券の発給申請はできません。
 

  1. 有効なパスポートを紛失・盗難あるいは焼失している場合
  2. 現在所持している有効なパスポートが、裁断機等で粉々にされているなど、パスポートとしての体裁を留めないほど損傷している場合

(5)本人確認書類

  • 原則として、有効なパスポートが本人確認書類となります。
  • ただし、パスポートの損傷により人定情報が判別できない場合(氏名、生年月日、旅券番号、発行年月日等が判別できない場合や写真がはがれている場合等)は、有効なパスポートでは本人確認ができないので、別途本人確認書類が必要です。
  • 本人確認書類の詳細については、こちら「本人確認書類」をご覧ください。

(注意)

手数料

パスポートの受け取り

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部県民センター
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3860
FAX 027-225-1211
kenminsen@pref.gunma.lg.jp