本文へ
表示モードの切替
印刷

特定動物の飼養・保管の許可

質問

ライオンやワニなどを飼育するときは、どこかに届け出なければいけないの?

回答

ライオンやワニ等の危険な動物を飼うためには、飼う前に県知事の許可が必要です。

法律で定められた動物(特定動物)を飼おうとする時は、必ず、動物愛護センターにご相談ください。

質問1

どんな動物が「特定動物」として対象となるの?

回答1

対象となる動物(特定動物)は、次のとおりです。

特定動物の対象となる動物(一部)

ほ乳類
象類、くま類、大型の猫類、中型の猫類、おおかみ類、ハイエナ類、大型の猿類、中型の猿類
は虫類
ワニ類、とかげ類、ヘビ類、カメ類
鳥類
ひくいどり科、コンドル科、たか科

(注意)具体的な特定動物の種類については、こちらをご覧ください。(外部リンク)または動物愛護センターにお問い合わせください。

質問2

許可をもらうのにお金はかかるの?

回答2

次の額がかかります。

特定動物の飼養・保管許可手数料=1件につき16,000円

(問い合わせ・許可申請先)

◆動物愛護センター

このページについてのお問い合わせ

動物愛護センター
〒370-1103 佐波郡玉村町樋越305-7
電話 0270-75-1718
FAX 0270-65-3379
E-mail aigosen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。