本文へ
表示モードの切替
印刷

動物愛護ポスターの応募状況と審査結果について

「動物愛護週間」(9月20日~26日)の行事の一環として、動物愛護ポスターを広く県内の小・中学校及び特別支援学校の小学部、中学部の児童生徒から募集し、その創作過程を通じて動物愛護思想の普及啓発や生命尊重、友愛及び平和の情操のかん養を図ることを目的としています。

主催

 群馬県

後援

 群馬県教育委員会、公益社団法人群馬県獣医師会、NPO法人群馬県動物愛護協会

応募者

 県内の小学校、中学校及び特別支援学校の小学部、中学部に在籍している児童、生徒

応募総数

 応募作品数:8,404点

平成29年度からの変更箇所は次のとおりです。
ア テーマは、動物がその命を終えるまで適切に飼う「終生飼養」です。
イ 野生動物は対象動物から除外しました。
ウ 佳作は廃止しました。

テーマ

 犬や猫等を飼うには、毎日の世話を始め、犬猫等の飼い主が誰であるかかわかるような個体識別や不妊去勢手術も含めた健康管理も必要です。そして、飼い始めたら最後まで面倒を見ることが重要であることから、今年度から「終生飼養」をコンクールのテーマとしました。

総評

 今回、審査を行って子どもたちの動物に対するやさしい気持ちを作品の中に感じることができました。特に今回のテーマである「終生飼養」を身近な言葉で表し、その言葉に合った絵を描いている作品が多くありました。
 また、子どもたちの発達段階による表現のよさや中学3年生での専門家に近い表現力には目を見はるものがありました。子どもたちのこのような作品から伝えられるメッセージは、見る者の心に伝わり、身近な動物とともに生きていこうとする決意を新たにしてくれます。


平成29年度入選作品

 入選作品数:57点

最優秀作品賞:1点

最優秀作品賞

最優秀作品賞:前橋市立荒牧小学校 5年生 白石 桃杏

 猫と少女との温かな心のふれ合いが、ソフトな色づかいで丁寧に描かれています。広々とした静かな草原の中で、そっと抱きしめた猫の命の音に、あらためて命の貴さ、一緒にいられる幸せを感じている少女の様子がとてもよく伝わってきます。ポスターのテーマの文字と絵とが共鳴し合い、作者の動物の思いが、みごとに表現された、すばらしい絵です。

群馬県議会議長賞:1点

群馬県議会議長賞

群馬県議会議長賞:渋川市立金島中学校 3年生 松村 実和

 まず目に入るのが中央に描かれた小犬のダックスフンド、つぶらな瞳でおだやかに安心しきっています。その上にやさしく置かれた右手。飼い主の実和さんの右手でしょう。犬に視点をあてた絵なので、本人の顔はでてこないけど、やさしさがでています。背景は遠近法を取り入れながら、さらっと描いて雰囲気を出しています。文字「このこと、これからも」最初は何のことかな?と考えてしまいました。でも「この子と、これからも」ということに気がつき、「終生飼養」のテーマにぴったりだと思いました。以上のことからダックスフンドは子犬ですね。

群馬県教育長賞:1点

群馬県教育長賞

群馬県教育長賞:安中市立後閑小学校 2年生 高橋 虹輝

 ギュッと優しく大切そうに抱いている様子と嬉しそうに見つめている表情が、2年生らしいほのぼのとした雰囲気を醸し出しています。背景はうす水色でさらっと着彩していますが、画用紙のザラザラ感を上手に生かしている工夫もしています。「ぼくのたいせつな友だち」という終生飼養のテーマにマッチしたことばもよく考えられ、文字の白いふちどりも柔らかな効果となり、絵全体がまとまりました。


なお、3賞については、次の学年から1点ずつ選んでいます。

小学生の部

  • 低学年(1年生から3年生)1点
  • 高学年(4年生から6年生)1点

中学生の部

  • 中学生(1年生から3年生)1点

各賞について

  • 優秀賞:計9点(各学年1点)
  • 公益社団法人群馬県獣医師会長賞:計9点(各学年1点)
  • NPO法人群馬県動物愛護協会理事長賞:計9点(各学年1点)
  • 金賞、銀賞、銅賞:計27点(各賞とも各学年1点)

入選作品の展示

 9月23日(土曜日)から10月1日(日曜日):群馬県庁舎32階展望ホール

参考

 本事業は、昭和50年度から42年間継続実施されており、応募数の累計は630,645点となっています。

このページについてのお問い合わせ

動物愛護センター
〒370-1103 佐波郡玉村町樋越305-7
電話 0270-75-1718
FAX 0270-65-3379
E-mail aigosen@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。