トップページ > 防災・消費者・食品 > 防災 > 消防保安 > (消防行政、消防団、消防施設整備、危険物 /消防係) > 一般住宅にも住宅用火災警報器の設置が義務化されました。

一般住宅にも住宅用火災警報器の設置が義務化されました。

逃げ遅れを防ぐために・・・

住宅用火災警報機の一例

平成15年に住宅火災による死者は全国で1,000人を超えました。そのうちの6割の人が『逃げ遅れ』が原因で命を落としています。

このような状況を踏まえ、消防法が改正され『逃げ遅れ』による死者を軽減するため、一般家庭にも火災警報器を設置し維持していくことが義務づけられました。

※適用の期日

  • 新築住宅(全国一律)    平成18年6月1日から義務化されました。
  • 既存住宅(群馬県の場合) 平成20年6月1日から義務化されました。
詳しい説明は、「住宅用火災警報器の設置が義務化されます」をご覧ください。

悪質な訪問販売業者にご注意!

住宅用火災警報器の設置場所

住宅用火災警報器は、 以下の場所に設置しなければなりません。

  1. 寝室等の就寝の用に供する居室
  2. 寝室等から下階に通ずる階段
  3. 7平方メートル(四畳半)以上の寝室以外の居室が5部屋以上ある階の廊下部分

住宅用火災警報器の設置場所


住宅用火災警報器の種類

※義務化の対象は、「煙式」となります。なお、台所には設置義務はありませんが、台所に設置する場合は、「熱式」をおすすめします。

 1 「煙式(光電式)」住宅用火災警報器(義務化の対象)

天井設置タイプ

天井設置タイプ

壁設置タイプ

壁設置タイプ


2 「熱式(定温式)」住宅用火災警報器

天井設置タイプ

天井設置タイプ

壁設置タイプ

壁設置タイプ


このページについてのお問い合わせ

総務部消防保安課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2242
FAX 027-221-0158
hoanka@pref.gunma.lg.jp