本文へ
表示モードの切替
印刷

【住宅対象窃盗】手口と現状

侵入の手口 

 侵入の手口は空き巣が大半を占めていますが、忍び込みや居空きにも注意が必要です。

  • 空き巣…家人の留守に泥棒に入ること
  • 忍び込み…家人が就寝中に泥棒に入ること
  • 居空き…家人が在宅中に泥棒に入ること

 泥棒の多くは、犯行前に下見を行い、「入りやすく逃げやすいか」、「留守がちの家か」などをチェックしています。留守の確認方法は、「インターホンで呼んでみる」、「動きを見張る」、「電話をかけてみる」、「ガラス窓に石をぶつけてみる」などがあります。

住宅対象窃盗手口別認知状況画像
※平成27年に群馬県内で発生した住宅対象窃盗手口別認知状況の内訳

侵入の方法

 住宅を対象とした空き巣、忍び込みなどの侵入盗難は、一戸建住宅に多く、その手口は無締まり箇所からの侵入、次いでガラスを割り鍵を開けて侵入するものが多くなっています。防犯対策は、まずは、「鍵掛けから」が基本です。短時間の外出でも必ず鍵をかけましょう。

一戸建て住宅手口別画像

泥棒が犯行をあきらめる時間と理由

 ガラスを破ったり、鍵を開けるのに時間がかかるほど、侵入をあきらめる率は高くなります。侵入に5分以上かかると約70%の泥棒が侵入をあきらめ、10分以上では約90%があきらめる、という調査結果が出ています。防犯対策は、「最低5分間は持ちこたえる対策」が必要です。

 泥棒が嫌がる4要素として、「目(顔や姿を見られる)」、「光(明るく照らされる)」、音(警報音などの大きな音を出す)」、「時間(侵入に時間がかかる)」があります。ある調査によると、泥棒が犯行をあきらめたときの理由で最も多かったのは「声をかけられた」(63%)というものです。これは、2番目に多かった理由の「補助錠」(34%)や3番目に多かった理由の「犬を飼っていた」(31%)・「セキュリティシステム」(31%)の約2倍となっています。

泥棒が侵入を諦める時間の比較画像
泥棒が犯行を諦めた理由画像
※出典:(財)都市防犯研究センターJUSRIレポート別冊NO.17防犯環境ハンドブック

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部消費生活課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2356
FAX 027-223-8100
E-mail shouhika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。