振り込め詐欺に注意!!

「振り込め詐欺」は、被害者の心理を巧みに突き、手口を変えながら繰り返し行われる卑劣な犯罪です。「自分だけは被害に遭わない」という思い込みを捨て、不審な電話や訪問などを受けたら、一呼吸おき、まずは最寄りの警察に相談してください。

オレオレ詐欺

最近の手口1:息子など親族を装う手口

事前に「携帯電話の番号が変わった」と電話をかけ、後日、仕事上や男女関係等のトラブルを装い「金が必要になった」と連絡し、現金を振り込ませたり、「代わりの者にお金を渡して」などと伝え自宅を訪問するなどし、現金をだまし取ります。

注意点

たとえ声が似ていても注意!

  • 「携帯電話の番号が変わった」「代わりの者にお金を渡して」などの電話は注意してください。
  • 電話でお金を要求されたら注意してください。
  • 親族しか知らない情報(例:ペットの名前など)で、本人確認をお願いします。

最近の手口2:警察官や金融庁、銀行協会などを装う手口

「あなたの口座が犯罪に使われている」「キャッシュカードを変更する必要があるので預かります」などと電話をかけ、自宅を訪問し、暗証番号を聞き出しカードをだまし取ります。

注意点

警察官や金融機関の職員などが暗証番号を聞いたり、キャッシュカードを預かることはありません!

  • キャッシュカードは絶対に他人に渡さないようにしましょう。
  • 暗証番号は絶対に誰にも渡さないようにしましょう。

架空請求詐欺

不特定多数の人に対し、はがきやメールなどにより、架空の事実を口実に料金を請求し、現金を振り込ませます。

完全に無視!

  • 身に覚えのない場合は完全に無視しましょう。
  • 不安がある場合でも相手に直接連絡することはせず、まずは警察に相談してください。

融資保証金詐欺

実際には融資しないにも関わらず、融資する内容のダイレクトメールやファックスを送付し、融資の申込者に対し、保証金や手数料等を名目に現金を振り込ませます。

とにかく慎重な対応を!!

  • 実在する金融機関を装う場合もあるので慎重な対応をしてください。
  • 有利な条件(例:「90日間無利息!」等)を宣伝する会社は特に注意してください。

還付金等詐欺

公的機関の職員などをかたり、税金や医療費等を還付するとだまし、コンビニなどのATMコーナーまで誘導し、入金手続と見せかけ、実際には他の口座へ現金を振り込ませます。

「お金を返すからATMへ行ってください」は詐欺の手口!!

  • 事実の確認は、相手の言う電話番号を信用せず、自分で公的機関の連絡策を調べ、直接確認してください。

震災に便乗した義援金等の詐欺に注意!!

実在する団体や親族の名をかたり、義援金などの名目で現金を要求し(振り込ませ)だまし取ります。
募金を求める訪問等があった場合には、直ちに現金を渡したり、振り込んだりせず、相手方をよく確認してください。
また、不審な電話等があった場合には、お近くの警察署へ相談してください。

ご相談・ご連絡はこちらまで

 振り込め詐欺被害防止ホットライン(群馬県警察)

  電話 027-224-5454(24時間受付)

 振り込め詐欺と思われるメールが届いたらこちらまで転送を!

  hurikome110@police.pref.gunma.jp

<関連情報>

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部消費生活課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2356
FAX 027-223-8100
shouhika@pref.gunma.lg.jp