本文へ
表示モードの切替
印刷

介護ベッドの事故にご注意ください

  介護ベッド用手すり(サイドレールなど)による死亡・重大事故が発生しています。
  死亡事故の多くは、 利用者の首がサイドレールとサイドレールのすき間やベッドボードとサイドレールのすき間に挟み込まれたことによるもので、平成24年度は、4件の死亡事故が発生しています(10月末時点)。
  危険な部分があるかどうかを確認し、正しい使い方によって未然に事故を防ぎましょう。

主な事故の状況(消費者庁公表資料より)


  • 無理な体勢でベッドの下にある物を取ろうとした時に、ベッドボードとサイドレールの間に首を挟み込んでしまった。
  • ベッドの背中を上げた状態で、目を離している間に利用者がバランスを崩し、2本のサイドレールのすき間に首を挟み込んでしまった。 
  • ベッドから起き上がる際にバランスを崩し、サイドレール内の空間に頭が入り込んでしまった。
  • 利用者の手や足がサードレールの中に入っている状態で、介護者がベッド操作を行い、手や足を挟んでしまった。

事故を防ぐために


  • クッション材や毛布などですき間を埋める。
  • すき間を埋める対応品を使用する(対応品の内容については各ベッドメーカーにご相談ください)。
  • サイドレール等の全体をカバーや毛布で覆う。
  • 危険な状態になっていないか、定期的にベッド利用者が目視確認を行う。

対応策

 消費者庁ホームページで注意喚起を行っていますので、詳細については以下のリンク先をご覧ください。 

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部消費生活課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2281
FAX 027-223-8100
E-mail shouhika@pref.gunma.lg.jp