トップページ > しごと・産業・農林・土木 > 農業・林業 > 大雪被害に関する情報 > 「大雪に係る農業被害対策本部」について

「大雪に係る農業被害対策本部」について

 平成26年2月上中旬の記録的な大雪による農業被害の対策等に万全を期すため、大雪に係る農業被害対策本部を設置しました。

第10回会議(平成26年3月10日開催)

 支援策について検討を行い、以下の特別対策を決定しました。

大雪に係る農業被害特別対策について

 国における「今回の豪雪に限った特例的な措置」の趣旨を踏まえ、本県においても、甚大な被害を受けた農業の復興に 向け、特別対策を講じることとした。

1 緊急的な支援(17,102,103千円)

  1. 被災農業者向け経営体育成支援事業(国庫) 【平成26年度補正 17,062,000千円】
    ・農業用ハウス等の復旧・再建、倒壊した施設等の撤去への補助
    ・国の補助(50%)に、さらに県・市町村で連携して40%を補助
    ・撤去については定額助成(国と県・市町村で連携して10/10)
    ・再建・修繕の場合、農家負担で強度の向上、規模拡大等が可能 
  2. 家畜等大雪被害緊急支援対策(県単)【新規】 【平成25年度補正 40,103千円】
    ・ 死亡家畜の処分(運搬・処理)等への補助
    ・ 補助率:死亡家畜・家禽の運搬 1/2
     死亡家禽の焼却等 10/10

2 農災条例適用による支援(254,800千円)

  1. 代替・次期作付けの種苗購入費等への補助【平成26年度補正 254,800千円】
    ・被害を受けた作物に代わり作付けする種苗等への補助
    ・補助率:県2/3、市町村1/3

3 農業経営の継続を支援(5,200千円)

  1. 群馬県大雪災害緊急対策資金利子補給【新規】 【平成26年度補正 5,200千円】
    ・JA等が行う農業経営継続のための融資への利子補給
    ・融資枠9億円、基準金利(1.5%/年)の1/2を補助

〔平成26年度債務負担行為 20,035千円〕


〈補正予算額〉
平成25年度補正予算額:40,103千円
平成26年度補正予算額:17,322,000千円
 
計:17,362,103千円

 なお、対策本部については本日をもって廃止することとし、現在とりまとめを行っている被害状況の確定や特別対策に係る事務については、「大雪に係る農政部連絡会議」が引継ぎ、関係部局と連携して取り組みます。

第9回会議(平成26年3月5日 午後 開催)

 支援策について検討を行いました。

第8回会議(平成26年3月5日 午前 開催)

 支援策について検討を行いました。

第7回会議(平成26年3月4日開催)

 支援策について検討を行いました。

第6回会議(平成26年3月3日開催)

 支援策について検討を行いました。

第5回会議(平成26年2月27日開催)

 支援策について検討を行い、以下のとおり骨子を決定しました。

大雪に係る農業被害特別対策の骨子

緊急的な支援

  1. 「被災農業者向け経営体育成支援事業」(国庫)【継足】
    • 農業用ハウス等の復旧・再建、倒壊した施設等の撤去への補助
    • 国(現行30%)と県・市町村で連携して補助率50%を目指す
  2. 「はばたけ!ぐんまの担い手」支援事業(県単)【拡充】
    • 国庫事業対象外の生産施設の復旧・規模変更への補助
    • 新たに撤去への補助を追加
    • 対象農家の拡大(担い手農家→ 被災農家)
    • 補助率アップ(15% → 30%)
  3. 家畜等大雪被害緊急対策(県単)【新規】
    • 死亡家畜の処分運搬等に対する補助

農災条例適用による支援

  1. 代替・次期作付けの種苗購入費等への補助
  2. 倒壊した農業用パイプハウスの片付け費への補助

農業経営の継続を支援

  1. JA等が行う農業経営継続のための融資への利子補給【新規】 

第4回会議(平成26年2月26日開催)

 支援策について検討を行いました。

第3回会議(平成26年2月25日開催)

 次の項目について、総務大臣及び農林水産大臣に対し、要請することを決定しました。

  1. 大雪被害にかかる特別交付税について[総務省]
  2. 大雪による農業被害への支援について[農林水産省]

国への要請の結果はこちら

第2回会議(平成26年2月24日開催)

第1回会議(平成26年2月21日開催)

群馬県「大雪に係る農業被害対策本部」を設置しました。

設置要領

趣旨

第1条 記録的な大雪は、群馬県農業の根幹である施設園芸や畜産に、甚大な被害をもたらし、特に県内全域で多数の農業用施設が倒壊したことなどから、県内農家に大きな不安が広がっている。被害対策等に万全を期すため、大雪に係る農業被害対策本部(以下「対策本部」という。)を設置する。

業務内容

第2条 対策本部の業務は次のとおりとする。

  1. 被害状況の把握
  2. 支援対策の検討
  3. 国、市町村及び関係機関との連絡調整
  4. その他

構成

第3条 対策本部は、別表1に掲げる者をもって構成する。
 2 本部長は、知事があたる。

※その他詳しい内容は、下記ファイルによりご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
nouseika@pref.gunma.lg.jp