食と農の情報交流館

旬の食イメージ画像


みやままさり写真

こんにゃく写真

 こんにゃくの原料であるこんにゃくいもは、群馬県が主産地で、収穫量で全国シェア約9割と、圧倒的なシェアを誇ります。

 県内の産地では10月から12月にかけて、収穫が行われています。

 春に生子を植え付け、秋に収穫したこんにゃくいもを翌春に生子として再度植え付け、という作業を2~3年繰り返し、出荷できる大きさまで育てます。

 県は、上毛三山にちなみ県育成品種を「はるなくろ」「あかぎおおだま」「みょうぎゆたか」と名付け、さらにこの3品種の欠点を補う特性を持つ新品種を「みやままさり」と名付けています。


群馬県の多彩な農畜産物や農業・農村の話題を紹介します。


第1日曜を含む金~日曜は「地産地消の日」です。


県有施設(外部リンク)

ぐんまフラワーパーク(外部リンク)

日本絹の里(外部リンク)

群馬県馬事公苑(外部リンク)


このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
nouseika@pref.gunma.lg.jp