GAP(農業生産工程管理)

 Good Agricultural Practice(良い農業の実践)の略称で農業生産工程管理と訳されます。
 農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動を指します。

GAP導入のメリット

 農業の各工程を記録・点検し、改善に役立てることで、次のようなメリットが期待できます。

  1. 農産物の安全性の確保・品質向上
  2. 環境への負荷軽減
  3. 作業者の安全性確保
  4. 消費者等の信頼確保
  5. 農業経営の改善

群馬県の取り組み

 群馬県では、群馬県農業生産工程管理(GAP)推進方針を策定するとともに、野菜、米、麦、果樹、コンニャクについて、群馬県GAP実践マニュアルを作成し、GAPの推進に取り組んでいます。

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
以下の「Get ADOBE READER」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3036
FAX 027-221-8681
shienka@pref.gunma.lg.jp