本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県農薬管理指導士についてのご案内

農薬管理指導士養成研修(平成28年度の募集は締め切りました)

 群馬県では農薬使用者に直接接する農薬販売業者、農薬の使用に関して指導的な立場にある方並びに防除業者及びゴルフ場等の農薬使用者といった農薬を取扱う業者を対象に、研修会を実施し、認定試験により農薬に関する専門的な知識を修得したと認められる方を「農薬管理指導士」として認定しています。農薬管理指導士は農薬の安全使用が図られるよう、各々の業務において指導的役割を担っています。

※農薬管理指導士として認定を受けるためには、養成研修並びに認定試験(免除者は研修のみ)を受け、合格しなければなりません

実施時期

 平成28年度養成研修 平成28年12月15日(木)午前9時35分~16日(金) 午後5時5分

 平成28年度認定試験 平成28年12月22日(木)午前10時~11時15分

会場

 養成研修及び認定試験 群馬産業技術センター 1階 多目的ホール
 前橋市亀里町884-1(マッピンぐんま:外部リンク) 電話 027-290-3030

研修内容

 植物防疫一般、農薬一般、関係法令、農薬の安全対策、病害虫防除対策 等

受講資格

 次のいずれかに該当する方です。

  1. 満20歳以上の農薬の販売業務に従事している人で、実務経験が2年以上ある人。
  2. 満20歳以上の防除業又はゴルフ場において防除業務に従事している人で、実務経験が2年以上ある人。
  3. 満20歳以上の農薬の使用に関して指導的な立場にある人で、実務経験が2年以上ある人。(農協の営農指導員、直売所・市場の責任者等)
  4. その他知事が適当と認める人。

認定試験の免除

 次のいずれかに該当する方については、受講申込時に(農薬管理指導士認定試験免除届(PDF:8KB)農薬管理指導士認定試験免除届(一太郎:32KB)の提出があれば試験を免除します。この場合、資格を証明する書類の写しを必ず添付してください。

  1. 他の都道府県知事が認定した「農薬管理指導士等」
  2. 全国農業協同組合連合会長が認めた「防除指導員」
  3. 全国農業協同組合理事長が認めた「農薬安全コンサルタント」
  4. (社)緑の安全推進協会長が認めた「緑の安全管理士」
  5. 薬剤師法に基づく「薬剤師」
  6. 農業改良助長法による「普及指導員」の有資格者で、実務経験が2年以上ある人。又は農業改良助長法の一部を改正する法律(平成16年法律第53号)による改正前の農業改良助長法第14条の3第2項に規定する「改良普及員(農業関係)」の有資格者で、実務経験が2年以上ある人。

申込方法

 次の書類を平成28年10月31日(月)までに群馬県農政部技術支援課生産環境室植物防疫係あて提出。

お問い合わせ先

 群馬県 農政部 技術支援課 生産環境室 植物防疫係
 電話 027-226-3038 メールアドレスmailto:shienka@pref.gunma.lg.jp

農薬管理指導士更新研修 

 農薬管理指導士としての認定期間は3年間であり、3年ごとに更新しないと、認定は失効してしまいます。このため、認定期間が満了する農薬管理指導士を対象に、最新情報等専門的な研修を実施し、指導士としての資質向上を図っています。

実施時期

 平成29年2月24日(金) 午後1時30分~午後4時30分
 (受講希望者の所属先によっては別の日程をご案内することがあります。)

会場

 JAビル 大ホール
 前橋市亀里町1310(マッピンぐんま:外部リンク) 
 電話027-220-2530

研修内容

 植物防疫一般及び農薬の安全使用等

受講資格

 次のいずれかに該当する者です。

  1. 農薬管理指導士として、当該年度に認定期間が満了する者。
  2. 農薬管理指導士として、認定期間が満了した年度に研修を受講できず1年を経過する者。

申込方法

 次の書類を平成29年1月31日(火)までに群馬県農政部技術支援課生産環境室植物防疫係あて提出。

  • 群馬県農薬管理指導士更新研修受講申込書1部

お問い合わせ先

 群馬県 農政部 技術支援課 生産環境室 植物防疫係
 電話 027-226-3038 
 E-mail shienka@pref.gunma.lg.jp

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3038
FAX 027-221-8681
E-mail shokubou7@pref.gunma.lg.jp