本文へ
表示モードの切替
印刷

野生鳥獣による農作物被害の状況

群馬県における平成29年度野生鳥獣による農作物の被害状況調査結果

 平成29年度の野生鳥獣による農作物被害金額は3億866万円で、前年比95%となりました。
 嬬恋村でのカモシカやイノシシによる高原野菜への被害が県内被害額の47%を占め、依然として高水準となっています。
 また、野生鳥獣被害は県内35市町村のうち33市町村から報告されており、中山間地域から平坦地域へ被害の拡大傾向は続いています。
 一方で、地域ぐるみの被害対策や侵入防止柵の設置、緩衝帯の整備等に取り組んだ地域では、対策の効果が着実に現れてきています。
 鳥獣被害は、農業者の経済的損失のみならず、営農意欲の減退、耕作放棄地の増加など、被害額以上の影響を地域に及ぼしており、依然として深刻な状況が続いていることから継続的な対策が必要です。

鳥獣種別被害金額の推移

農作物被害金額の推移(千円)
金額(千円)
平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
前年比
獣類
イノシシ
106,343 121,011 81,468 72,719 75,377 104%
シカ
13,524 55,886 48,788 40,990 65,018
159%
サル
22,467 23,932 25,096 21,966 15,605
71%
クマ
8,279 21,189 11,150 13,809 11,755
85%
カモシカ
203,852 163,599 156,182 118,152 94,628
80%
ハクビシン
12,033 14,366 15,084 15,533 12,233
79%
アライグマ
1,185 2,367 1,859 2,433 2,080
85%
その他獣類
4,987 4,291 3,855 5,926 3,566
60%
獣類計
372,670 406,641 343,482 291,548 280,262
96%
鳥類
カラス 7,613 7,844 9,989 11,047 8,599 78%
スズメ
2,086 4,190 8,545 7,810 8,825
113%
その他鳥類
5,725 5,375 8,389 14,264 10,979
78%
鳥類計
15,424 17,409 26,923 33,121 28,403
78%
合計
388,094 424,050 370,405 324,669 308,665
95%
被害金額推移:棒グラフ画像

鳥獣種別の被害の概要 

鳥獣種別の被害金額は、カモシカ(31%)やイノシシ(24%)、シカ(21%)の占める割合が高く、次いでサル、クマ、ハクビシンの順でした。

鳥獣種別被害金額割合:円グラフ画像

このページについてのお問い合わせ

農政部技術支援課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3090
FAX 027-221-8681
E-mail shienka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。