本文へ
表示モードの切替
印刷

平成29年度ぐんま花のまちづくりコンクール審査結果

平成29年度の審査結果は次のとおりです

応募数及び授賞数
部門 応募数 最優秀賞 優秀賞 奨励賞 入賞計
団体 10
個人 11
合計 21
団体部門
団体名 住所
優秀賞 花結びの会 前橋市
奨励賞 高橋場町「花咲きクラブ」 沼田市
奨励賞 榛東バラ愛好会 榛東村
個人部門
氏名 住所
最優秀賞 山田 みね 中之条町
優秀賞 新井 豊子 伊勢崎市
奨励賞 青木 さかゑ 伊勢崎市

審査講評

 今回は、団体部門に10件、個人部門に11件の合計21件の応募をいただきました。それぞれ特長のある熱のこもった事例で、日々楽しく取り組んでいらっしゃる様子が伝わってくるものばかりでした。以下に各部門の審査状況を報告します。

【団体部門】

 団体部門では、各グループが明確な目的を持って、地域での花飾りに取り組み、花のまちづくりを実現させていると感じました。
 優秀賞では、人と人、花と花が結ばれ町づくりの活性化を図っていて、行政との連携と役員のリーダーシップが発揮されている前橋市の花結びの会が選ばれました。
 奨励賞には、婦人会活動からスタートし住民全体の組織活動になっていて、広報誌の発行するなど参加されている以外の方にも活動内容が分かるなど工夫をしている沼田市の高橋場町「花咲きクラブ」と、公民館の行事がきっかけで発展し地域住民から行政に働きかけ連携している榛東バラ愛好会の2団体が選ばれました。

【個人部門】

 個人部門では、長年の積み重ねによって完成された素晴らしい花飾りはもちろんのこと、それぞれの生活の中で花づくりを楽しみ、地域の交流をたのしんでいる様子がよく伝わってきました。
 最優秀賞の中之条町の山田みねさんの花壇は、周囲の山や田畑の風景を取り入れた空間にして、塀などもなく交流しやすいように配慮されたオープンガーデンになっています。また、山田さんは長年にわたり花の会の会員として活動され、町営の施設の町民花壇づくりに参加し、個人で花壇を管理しているのも高く評価されました。
 優秀賞には、祖父母の時代からの樹木を活かした自然風の庭づくりで、生態系に配慮もされた四季折々に楽しめるオープンガーデンの伊勢崎市の新井豊子さんが選ばれました。
 奨励賞には、バラを中心に花と植物の組み合わせがとても居心地の良い空間となっていて、ご夫婦で楽しんでいるオープンガーデンの伊勢崎市の青木さかゑさんが選ばれました。

 今回のコンクールを通じて、花を介して仲間や地域住民との交流を図りながら、環境美化、環境保全の観点から花の景観づくりに取り組むなど、様々な場面で花と緑による町づくりが行われていると感じました。
 今後も、さらに広い世代が参画し、多くの地域の人々が花を介して関わり合いながら、花と緑による地域づくりに取り組むことで、地域のコミュニティを発展させ、生き生きとしたまちづくりを進めていくことを期待しています。

主催

 ぐんまフラワーパーク

後援

 群馬県

審査結果 印刷用ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

農政部蚕糸園芸課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3126
FAX 027-243-7202
E-mail sanshien@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。