本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬の近代化を支えた養蚕

 今でこそ、電気、自動車などの近代工業が県内産業の主流ですが、戦前は、養蚕、製糸、織物という一連の蚕糸業が農、工、商業の三本柱でした。
  明治5年、わが国初の官営製糸工場、富岡製糸場が建設され、以後、見渡す限りの桑畑の中に、製糸工場の巨大な煙突が林立する上州の風景が出現しました。徳富蘆花は、その風景を「機の音、製糸の煙、桑の海」と詠っています。
  日本からの輸出額の半分が生糸、さらにその3分の1が群馬県産という時代。農家や工女の汗と涙が巨利を生み、それはまた「富国強兵」、「文明開化」を支えました。繭と生糸は財をなして地域を揺り動かし、政治に、宗教に、教育に、祭礼行事に、農民の日常生活に、あらゆる分野に深く浸透し、人々の生活自体が、蚕糸という歯車を中心に動いていた。それが、戦前の群馬でした。

昭和9年 群馬県知事官房統計係編の昭和7年県内粗生産額番付表画像

 昭和9年 群馬県知事官房統計係編の昭和7年県内粗生産額番付表。東西横綱の絹織物、生糸をはじめ、大関の繭など、蚕糸関係が県内産業の柱であったことがよくわかります。

 養蚕農家戸数と群馬県の総世帯数、総農家戸数の推移を、いくつかの統計でみてみましょう。
 明治21年の調査によると、県内世帯の57%が養蚕農家でした。この、総世帯の半数以上が養蚕農家の状況は、大正時代まで続きます。県内養蚕農家のピークは、明治34年の87,867戸でした。ですから、製糸や織物を含めた蚕糸業全体だと、県内世帯のほとんどが何らかの形で、蚕糸業に関係していたと言えましょう。
  次に、昭和33年では、県内農家の2/3が養蚕農家でした。この年、戦後最大の養蚕農家戸数を記録した後、年々養蚕農家は減少し、平成17年には、650戸になってしまいました。 

養蚕農家戸数と群馬県の総世帯数、総農家戸数の推移

区分

総世帯数

農家戸数

養蚕農家戸数

備考

A(戸)

B(戸)

B/A(%)

C(戸)

C/A(%)

C/B(%)

明治21年

131,430

110,831

84

74,451

57

67

群馬県臨時農事調書より

昭和33年

303,217

127,672

42

84,470

28

66

群馬県統計年報より

平成17年

726,203

62,715

650

0.1

群馬県統計年報より

このページについてのお問い合わせ

農政部蚕糸園芸課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3092
FAX 027-243-7202
E-mail sanshien@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。