ぐんまアナログポータル

 群馬県では、「アナログ技術立県」を掲げ、製品の高付加価値化に必要不可欠なアナログ分野の人材育成や研究開発を支援しています。

新着情報

  • 現在新着情報はありません。

アナログって何?

 アナログとデジタルの違い、アナログ技術の重要性について知りたい方はこちら

企業立地促進法に基づく基本計画

 平成19年度、関係市町村とともに企業立地促進法に基づく基本計画(アナログ関連産業)を策定し、国の同意を受けました。
 平成24年度末をもって本計画が終期を迎えたことから、平成25年度以降は「アナログ関連産業」と「基盤技術産業」の二つの計画を統合させた基本計画(基盤技術・アナログ技術関連産業)を策定し、国の同意を受けています。

群馬県のアナログ関連企業

 県内には、半導体企業、半導体ユーザー企業などアナログ関連の企業が多数集積しています。

群馬県アナログ関連企業連絡協議会

 アナログ関連の研究開発と人材育成の推進により、アナログ技術(人材)集積を創出する目的で平成15年に設置されました。アナログ関連企業55社で構成されています(平成28年4月30日現在)。

人材育成

 アナログ技術の習得には、デバイス、回路、システムまでの非常に幅広い技術を必要とするため、個々の企業で充実した研修を行うことは難しい状況となっています。そこで、産学官民連携体制により技術者養成講座が開講されています。

アナログナレッジ人材育成事業

 基礎知識を得ることを目的とした「アナログナレッジ人材育成講座(座学講座・実習講座)」、個別課題に取り組む家庭教師方式の「アナログ工房」、先端的な知識を得ることを目的とした「アナログ人材育成のための研究会」が開講されています。
  主催:群馬大学、NPO法人北関東産官学研究会、共催:群馬県、後援:群馬県アナログ関連企業連絡協議会

群馬アナログカレッジ

 平成19年度~21年度に開催された、アナログナレッジの前身とも言える中堅及び若手技術者の育成講座です。

 群馬アナログカレッジ開講実績はこちら

研究開発の促進

 主に群馬県アナログ関連企業連絡協議会メンバー企業による研究開発を推進するため、国公募型事業(競争的資金)等の獲得に向けた動きを支援します。

その他

群馬アナログ技術立県推進フォーラム

 講演や事例紹介、パネルディスカッションなどを実施し、アナログ技術をPRしています。

アナログ検定

 群馬県アナログ関連企業連絡協議会では、アナログ技術に対する理解度を測る「アナログ検定」を実施しています。

リンク

このページについてのお問い合わせ

産業経済部次世代産業課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3354
FAX 027-221-3191
jisedai@pref.gunma.lg.jp