本文へ
表示モードの切替
印刷

河川の現況

 群馬県は、利根川を大動脈として、各河川が葉脈のように県下全域に張りめぐらされており、 利根川水系が県土の99%を形成しています。このほか県西北部の野反湖を源流とする信濃川水系、 及び尾瀬を源流とする阿賀野川水系があります。
 利根川は、県北部にある大水上山の雪渓がその源で、みなかみ町で赤谷川を、沼田市で片品川を合流し、 赤城山、榛名山の間を南にむかって流れ、渋川市で吾妻川を、伊勢崎市で烏川を併せ、そのまま埼玉県との境に沿って流れ、 県東部を流れる渡良瀬川も合流させて関東平野を流れ、千葉県銚子市において太平洋に注いでいます。
 県北西部の山岳地帯では、勾配1/50以下の急流河川が多く、多数のダムがあります。 また、東部の低地地帯では、堤防が高くポンプで川に入れなくてはならない河川や、 勾配1/1,000以下の緩流河川があるなど県内の河川は、それぞれ個性豊かなものになっています。

(平成21年4月現在) 延長:単位(メートル)


県内の河川数及び総延長

一級河川の河川数及び総延長
  河川 湖沼
種別 本数 総延長(メートル) 本数 総延長 本数 総延長(メートル)
一級河川 428 2,937,429.5 6 25,855.0 434 2,963,284.5

内訳

知事が管理している河川数及び総延長
  河川 湖沼
水系名 本数 総延長(メートル) 本数 周囲(メートル) 本数 総延長(メートル)
全県 428 2,686,239.5 6 25,855.0 434 2,712,094.5
利根川 423 2,663,520.0 5 19,637.0 428 2,683,157.0
信濃川 2 6,791.5      2 6,791.5
阿賀野川 3 15,928.0 1 6,218.0 4 22,146.0

国土交通大臣が管理している河川数及び総延長
  河川 直轄ダム管理区間
水系名 本数 総延長 本数 総延長 本数 総延長
利根川 11 150,100.0 15 101,090.0 26 251,190.0

県内の一級河川一覧はこちら

このページについてのお問い合わせ

県土整備部河川課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3611
FAX 027-224-1368
E-mail kasenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。