本文へ
表示モードの切替
印刷

坂本ダム

管理

概要

坂本ダムの画像
碓氷湖左岸親水公園
 ※碓氷湖左岸親水公園
 坂本ダムは、当初、建設省(現:国土交通省)の砂防ダムとして昭和32年度に竣工し、その後補強のため3.0mの嵩上げが行われました。もともと下流の既得用水を補給するための容量を持つことから、昭和56年に河川管理施設に移管され、昭和60年度より堰堤改良事業でダム本体の補強、放流施設、管理設備を整備しました。
 平成3年度には、建設省から「シビックデザインダム」に指定され、地元松井田町(現:安中市)と協力して碓氷峠の歴史的な鉄道施設をモチーフにした周辺設備を行い、環境と調和のとれた美しい碓氷湖としてよみがえりました。

位置

位置の画像

位置の拡大図はこちら

 

諸元

ダム諸元

ダム諸元

位置

松井田町大字坂本

河川名

利根川水系碓氷川

目的

N

型式

重力式コンクリート

堤高

36.3m

堤頂長

85.0m

堤体積

43,300m3

ダム天端標高

EL527.65m

非越流部標高

EL525.8m

設計洪水位

EL525.8m

常時満水位

EL520.5m

最低水位

EL512.1m

基礎岩盤標高

EL490.5(旧498.0)m

※目的
 N:既得取水の安定化、河川環境の保全等

治水計画

治水計画

調節方式

洪水調節容量なし

計画規模

計画雨量

計画高水流量

設計洪水流量

治水基準点

利水計画

利水計画

計画規模

   

利水基準点

   

新規開発

   

事業費

事業費

総事業費

3,753,000千円

治水負担率

100%

上水道負担率

 

発電負担率

 

貯水池諸元

貯水池諸元

貯水池名

碓氷湖

集水面積

13.7km2

湛水面積

0.065km2

総貯水容量

778,000m3

有効貯水容量

500,000m3

堆砂容量

278,000m3

●洪水期容量

洪水調節容量

 

利水容量

500,000m3

不特定

500,000m3

上水道

 

放流設備

放流設備
非常用洪水吐 自由越流 H5.3m×B24.0~30.3m×1門
表面取水設備 多孔式 φ0.8m×3孔
利水放流設備 ジェットフローゲート φ0.5m×1条

 

断面図 

断面図の画像

断面図の拡大図はこちら(ご利用の環境によっては横スクロールが発生します)

 

容量配分図

容量配分図の画像

容量配分図の拡大図はこちら(ご利用の環境によっては横スクロールが発生します)

 

●管理所名:安中土木事務所 霧積ダム管理所

●住所:碓氷郡松井田町大字坂本1768-133

●電話:027-395-2413

このページについてのお問い合わせ

県土整備部河川課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3621
FAX 027-224-1368
E-mail kasenka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。