トップページ > しごと・産業・農林・土木 > 社会基盤 > (まちづくり) > 「ぐんま“まちづくり”ビジョン」を踏まえた市町村による「アクションプログラム」策定

「ぐんま“まちづくり”ビジョン」を踏まえた市町村による「アクションプログラム」策定

1.「ぐんま“まちづくり”ビジョン」とは

 人口減少と高齢化が同時に進行する局面で、持続可能なまちづくりの実現に向け、市町村に今後のまちづくりを考えていただくことを目的に、現状や課題、今後生じる望ましくない状況を整理し、今後のまちづくりを進めるための方向性や、今後検討しなければならない項目などを示したものです。ビジョンの特長は、以下の3点です。

ぐんままちづくりビジョン イメージ図

(1) 都市機能を一箇所に集約する“コンパクトシティ”を目指すものでなく、既存の「まちのまとまり」を守りながら、それらを公共交通(鉄道やバス等)などでつなぐ。


ゆるやかなコンパクト化イメージ画

(2) 人口増加時代の一つ一つの課題に対して個別に解決策を講じてきた「“部分最適”から、“全体最適”」のまちづくりへ

(3) 人口増加に対応したまちづくりの進め方から、人口減少を前提としたまちづくりへ転換を図るための「ゆるやかなコンパクト化」


2.ビジョンの実現に向けて

 ビジョンに掲げた将来像を実現するために、県では、市町村に策定していただく「アクションプログラム」の策定を支援するとともに、ビジョンを反映した「都市計画区域マスタープラン」を策定するなど、市町村と県が連携して持続可能なまちづくりを進めて行くこととしています。

ぐんままちづくりビジョンの実現化方策イメージ画


3.「アクションプログラム」とは

 ビジョンを踏まえ、人口減少・超高齢社会における市町村が抱える課題を解決し、「望ましい将来像」を達成するために必要な取組施策をとりまとめた実行計画です。現状と課題分析、今後生じる望ましくない状況を整理し、「中心市街地の再生」、「公共交通の再構築」、「人口減少対策」など各市町村の抱える問題や重点課題に応じて、それらを解決しつつ、「望ましい将来像」を達成するために必要な取組施策を取りまとめていくこととしています。

現在、策定した3市及び策定中の5市は以下のとおりです。

  1. 前橋市:平成26年6月策定(外部リンク)
  2. 高崎市:策定中
  3. 桐生市:平成26年9月策定(外部リンク)
  4. みどり市:平成26年8月策定(外部リンク)
  5. 伊勢崎市:策定中
  6. 館林市:策定中
  7. 藤岡市:策定中
  8. 富岡市:策定中

4.アクションプログラムの策定手順

 アクションプログラムは、各市町村が主体となって主に8つのステップにより策定していきます。 県では、現状と課題分析における基礎的データの提供、ワークショップの開催、実施事業の取りまとめに段階における各種調整等に関して市町村の取組を支援していくこととしています。8つのステップは以下のとおりです。

  1. 策定体制の確立・準備
  2. 現状と課題分析・整理(第1回ワークショップを開催)
  3. 今後生じる望ましくない状況の検討・整理
  4. まちの検証カルテの作成
  5. まちの将来像と将来像を実現するための基本方針の選択
  6. 基本方針に基づく具体的な取組(実施事業)検討(第2回ワークショップを開催)
  7. アクションプログラム素案とりまとめ
  8. アクションプログラム推進体制の確立・アクションプログラムの公表

 第1回ワークショップでは、各市において整理された都市の現状と課題分析結果の確認と共有、現状のまま推移した場合の今後都市に生じる望ましくない状況の検討・整理を行います。
 第2回ワークショップでは、ビジョンの7つの基本方針に基づく取り組みから各市における必要な取組を選択し、取組施策毎の具体的な実施事業を取りまとめていくステップに入り、アクションプログラム策定の最大の山場になります。(ただし、ワークショップの開催回数は、各市町村の進め方や考え方などにより異なります。)

 県では、ビジョンの実現に向けた市町村の新たなまちづくりの推進に向けて、アクションプログラム策定市町村の取組を最大限のバックアップをしていきます。

【都市計画・まちづくり】群馬の都市計画・まちづくりメインページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

県土整備部都市計画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3661
FAX 027-221-5566
keikakuka@pref.gunma.lg.jp