本文へ
表示モードの切替
印刷

下水環境課事業概要

1 基本方針

(1)汚水処理施設整備の推進

 下水道や農業集落排水、合併処理浄化槽などの汚水処理施設は、県民の日常生活や産業活動に伴い発生する汚水を処理するものであり、水源県ぐんまに相応しい良好な水環境を守るために欠かせない極めて重要な社会基盤です。
 しかし、本県の汚水処理施設整備の状況は、全国に比べて立ち後れており、一部の河川では水質環境基準が達成されていない状況です。
 このため、「はばたけ群馬・県土整備プラン2013-2022」においても「汚水処理施設整備の推進」を環境部門の主要施策と位置づけ、県と市町村が連携し、汚水処理施設の整備を進めます。

【平成29年度に行う主な施策】

  1. 汚水処理人口普及率を向上させるため、市町村が行う「公共下水道、農業集落排水及び浄化槽事業」に係る県費補助による支援を、「汚水処理施設整備費補助」として継続します。特に、排水設備工事に対し、平成31年度まで市町村と連携し補助を行います。あわせて、個人設置型を対象に合併処理浄化槽への転換に対する「浄化槽エコ補助金」を1年間延長します。
  2. 「下水道や農業集落排水の整備予定区域のうち、人口減少により効率的な整備が行えない区域等を合併処理浄化槽に変更すること」や「隣接する処理区域への統合によるコスト縮減」を市町村とともに進めていきます。

(2)流域下水道施設の計画的な改築・維持管理

 人口減少社会が進展するなか、将来にわたり持続可能な汚水処理を推進するため、増大する施設の維持管理・更新費の縮減と予算の平準化を進める「長寿命化計画」に基づく施設の改築更新に取り組みます。

【平成29年度に行う主な施策】

  • 奥利根、県央及び西邑楽処理区で、長寿命化計画に基づく改築更新を行います。

2 平成29年度主要事業の概要

(1)流域下水道建設事業

  • 奥利根処理区
    • 奥利根水質浄化センター水処理第1系列の改築更新工事等を実施します。
  • 県央処理区
    • 玉村北ポンプ場の改築更新工事等を実施します。
  • 西邑楽処理区
    • 西邑楽水質浄化センター監視制御設備の改築更新工事等を実施します。
  • 桐生処理区
    • 管渠内調査等を実施します。
  • 新田処理区
    • 管渠内調査を実施します。
  • 佐波処理区
    • 伊勢崎幹線の設計業務等を実施します。
流域下水道建設事業の事業費一覧(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要
補助 奥利根処理区 415,280 458,400 水処理設備の改築更新工事等
県央処理区 619,810 820,670 ポンプ場の改築更新工事等
西邑楽処理区 270,650 214,120 監視制御設備の改築更新工事等
桐生処理区 205,570 231,800 管渠内調査等
新田処理区 78,510 31,190 管渠内調査
佐波処理区 595,020 83,160 伊勢崎幹線の設計業務等
2,184,840 1,839,340  
単独 奥利根処理区 42,444 10,504 公営企業会計移行準備業務
県央処理区 45,451 10,100 公営企業会計移行準備業務及び管渠更生工事
西邑楽処理区 38,435 3,030 公営企業会計移行準備業務
桐生処理区 40,440 10,100 公営企業会計移行準備業務
新田処理区 55,060 25,034 公営企業会計移行準備業務
佐波処理区 43,948 1,010 公営企業会計移行準備業務
265,778 59,778  
合計   2,450,618 1,899,118  

(2)市町村下水道費補助

 榛名湖及び赤城大洞の水質改善のために施設建設の一部に補助します。
また、市町村が行う単独管渠整備費への補助は、下水道処理人口普及率向上の観点から、流域関連公共下水道への補助率の引き上げを継続します。
 更に流域関連公共下水道への接続を増やし、料金収入の増加で経営を向上させて面整備の促進につなげるため、個人が行う「排水設備工事」に対し、市町村が補助制度の新設や補助額の増額を行う場合に、県がその一部を負担する事業を平成31年度まで継続します。

市町村下水道費補助の事業費一覧(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要
特定環境保全公共下水道費補助 8,300 11,700 2市(榛名湖、赤城大洞)
単独管渠整備促進費補助
【汚水処理施設整備費補助】
189,900 150,550
  • 単独管渠整備費へ3%補助
     ただし、流域関連公共下水道は5%補助
  • 「排水設備工事」への補助は、市町村が交付した補助金の2分の1以内。
     ただし1戸につき上限5万円

(3)流域下水道管理

 奥利根処理区・県央処理区・桐生処理区・西邑楽処理区は県が維持管理を行います。新田処理区は太田市、佐波処理区は伊勢崎市が維持管理を行います。

流域下水道管理の事業費一覧(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要
奥利根処理区下水道管理 370,864 383,040 沼田市、みなかみ町
県央処理区下水道管理 2,518,968 2,593,695 前橋市他9市町村
西邑楽処理区下水道管理 308,990 315,990 太田市他3町
桐生処理区下水道管理 485,479 494,206 桐生市、みどり市
新田処理区下水道管理 16,350 14,868 太田市
佐波処理区下水道管理 1,339 1,340 伊勢崎市
合計 3,701,990 3,803,139  

(4)流域下水道計画調査

流域下水道計画調査の事業費一覧(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要
下水道事業促進 55,966 67,167

下水道関係団体等負担ほか

(5)流域下水道周辺対策

流域下水道周辺対策の事業費一覧(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要
県央処理区 0 2,644 事業休止中

(6)農業集落排水事業

 市町村が実施する農村地域の汚水処理施設や汚泥等の資源循環施設の建設及び改築・更新などに要する費用に対して補助を行います。

農業集落排水事業の事業費(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要
農業集落排水事業費補助 251,890 295,106 18地区10市町村(事務費含む)

※「29年度予算額」欄のうち【汚水処理施設整備費補助】分は200,174千円。

(7)浄化槽整備事業

 生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止し、汚水処理人口普及率の向上を図るため、市町村が実施する浄化槽設置整備事業(浄化槽を設置する個人に補助する事業)及び浄化槽市町村整備推進事業(市町村が浄化槽を設置し、維持管理を行う事業)のうち、単独処理浄化槽等から合併処理浄化槽への転換に対して補助を行います。
 また、平成29年度も、浄化槽設置整備事業により単独処理浄化槽等から合併処理浄化槽へ転換する場合、「エコ補助金」として通常の補助に加えて一律10万円の補助を行います。

浄化槽整備事業の事業費一覧(単位:千円)
区分 29年度予算額 28年度予算額 概要

浄化槽対策費補助

【汚水処理施設整備費補助】

269,100 298,200 33市町村(事務費含む)

県土整備部の取り組み(主要事業等)ページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

県土整備部下水環境課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3681
FAX 027-223-1214
E-mail gesui@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。