本文へ
表示モードの切替
印刷

八ッ場発電所建設事業について

 八ッ場発電所は、吾妻郡長野原町地内に国土交通省が建設中である八ッ場ダムの放流水を利用したダム式発電所です。ダムの利水放流管から分岐した発電専用管により、ダム直下左岸に設置する発電所で発電を行います。

最大出力

11,700kW
(kW:キロワット)

年間発電電力量

約4,200万kWh(一般家庭約12,000世帯分の消費電力量)
(kWh:キロワットアワー)

最大使用水量

13.60立方メートル/秒

有効落差

105.80メートル

総事業費

71億円

工事期間

平成27年4月~平成32年3月

工事状況写真

八ッ場発電所設置場所の遠景写真
上空下流側から上流を望む。ダム下の赤丸内に発電所を建設中です。(平成30年12月撮影)
八ッ場発電所設置場所2の写真
ダム右岸側より掘削孔を見る。資機材の搬入出用に仮設の作業台を構築しました(手前側はダム減勢工)。発電所の躯体は約40mの深さとなります。(平成30年12月撮影)
八ッ場発電所設置場所3の写真
ダム下左岸側からダム本体側を見る。画面奥に見える丸い管からダム放流水を導き、水圧鉄管の末端に接続された発電用水車(この写真では見えません)を回す仕組みです。平成30年12月現在で約16mまでコンクリート打設済みになりました。(平成30年12月撮影)

このページについてのお問い合わせ

企業局発電課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3981
FAX 027-243-7738
E-mail khatsuden@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。