トップページ > しごと・産業・農林・土木 > 公営企業(企業局) > (工業用水道事業) > 渋川工業用水道

渋川工業用水道

群馬県の工業用水道(1)

渋川工業用水道事務所

渋川工業用水道事務所の写真

渋川工業用水道は、群馬県渋川市の利根川右岸から取水し、渋川市を中心とした工場や企業へ、1日最大120,000立方メートルの工業用水を供給しています。

 〒377-0204 渋川市白井957
 電話 0279-22-1726 FAX 0279-23-9213


事業の目的

 群馬県は内陸工業地帯として優れた立地条件に恵まれており、特に渋川地区においては、電力を基幹として重化学工業が発達してきました。各工場とも製造工程上、冷却水を大量に必要とすることから、低廉豊富な工業用水を安定的に供給するため、渋川工業用水が建設され、昭和40年から給水を開始しています。
 また、工業用水のほか、渋川市上水道への原水供給を受託しており、地域の産業活動と生活に欠かせない施設となっています。

施設の概要と供給地域

渋川工業用水道 施設概要・供給地域一覧表
所在地 渋川市白井
水源 利根川表流水
供給開始 昭和40年8月

供給区域

渋川市、前橋市、高崎市、吉岡町の各一部 

施設能力

120,000立方メートル/日

設備の概要

脈動型急速凝集沈澱池

汚泥処理方法

天日乾燥床

給水区域図はこちらをご覧下さい。

浄水処理のしくみ

 渋川工業用水道は、渋川市にある利根川右岸の取水口から水を取り入れ、濁りの除去やpHの調整などを行って、工業用水をつくっています。

「工業用水道事業」へ戻る

浄水処理のしくみのイメージ写真


改築事業について

 渋川工業用水道は、給水開始から24年を経過した平成元年度から6年度にかけて、電機・機械設備の一部更新を行っています。
 しかし、それ以外の設備は給水開始から現在40年以上が経過し、施設の老朽化が進むと共に、導水管からの漏水や、集中豪雨等による水質汚濁への対応の限界などの問題が発生しています。
 このため、平成14年度から平成21年度にかけて、改築事業を実施し、受変電設備の更新、導水管の更新、原水調整池の新設などを行い、安定した給水体制を確保しました。

「工業用水道事業」へ戻る

このページについてのお問い合わせ

企業局水道課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4011
FAX 027-220-4422
ksuidou@pref.gunma.lg.jp