県央第二水道

群馬県営の浄水場(4)

県央第二水道事務所

県央第二水道事務所の写真

県央第二水道は、群馬県渋川市の群馬用水赤城幹線から取水し、県央地区(4市1町)へ、1日最大146,000立方メートルの水道用水を供給しています。

〒377-0053 渋川市北橘町箱田821
 電話 0279-20-4012  FAX 0279-52-4412


事業の目的

 群馬県では昭和53年に「県央地域広域的水道整備計画」が策定されました。これは、限られた資源である地下水を保全するため、水道水の水源を地下水から表流水(河川水)に換えていくというものです。
 県央第二水道では、県央第一水道に続く県央地域における2箇所目の浄水場として、県内でも特に水需要の多い県央地域の市町村へ送水しています。

施設の概要と供給地域

施設概要・供給地域一覧

所在地

渋川市北橘町箱田

水源

利根川

供給開始

平成10年6月

供給区域

前橋市、桐生市、伊勢崎市、渋川市、玉村町 

施設能力

93,250立方メートル/日

設備の概要

フロック形成池:上下迂流式
沈澱池:傾斜板付き横流式
ろ過池:砂ろ過単層(自己水逆洗浄重力式)急速ろ過   

浄水処理方法

前、中、後塩素処理

汚泥処理方法

長時間加圧脱水機

給水区域図はこちらをご覧下さい。 

浄水処理のしくみ

 県央第二水道は、渋川市北橘町にある群馬用水赤城幹線の取水口から水を取り入れ、濁りの除去や消毒を行って、水道水をつくっています。

浄水処理のしくみ


このページについてのお問い合わせ

企業局水道課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-4011
FAX 027-220-4422
ksuidou@pref.gunma.lg.jp