本文へ
表示モードの切替
印刷

審査の進め方

※ 事件の性質にもよりますが、救済申立後、1年3箇月以内の終結を目途として審査を進めます。

救済申立て

  • 労働組合や労働者からの申立てにより、手続が開始されます。
  • 所定の申立書を労働委員会に提出していただきます。
    なお、申立ては無料です。
  • 申立書用紙はこちらへ

担当委員の選任

  • 審査を担当する委員が選任されます。

調査(審査の計画の策定など)/審問

調査

  • 労使双方の主張を聴いて争いのポイントや必要な証拠の整理をします。

審問

  • 公開の審問廷で、争いの事実の確認や証人尋問を行います。

労使の委員からの意見聴取

  • 公益委員会議に先立ち、担当した労使委員から意見を聴取します。

公益委員会議

  • 事実を認定し、不当労働行為にあたるかどうかを判断します。

このページについてのお問い合わせ

労働委員会事務局
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2783
FAX 027-223-7000
E-mail roui@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。