本文へ
表示モードの切替
印刷

地方分権改革に伴う「義務付け・枠付けの見直し」への対応状況について

1 第1次一括法、第2次一括法及び第3次一括法の成立

 地方分権改革推進委員会(平成19年4月発足)による第2次勧告(平成20年12月)、第3次勧告(平成21年10月)及び第4次勧告(平成25年3月)を受けて、地方に対する「義務付け・枠付けの見直し」の一環として「施設・公物設置管理の基準」を条例に委任するための措置が講じられました。

  • 第1次一括法…平成23年4月28日成立
     「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(平成23年法律第37号)
  • 第2次一括法…平成23年8月26日成立
     「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(平成23年法律第105号)
  • 第3次一括法…平成25年6月7日成立
     「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」(平成25年法律第44号)

2 本県の対応状況

 順次条例の整備を進め、平成27年第1回議会で対応を完了しました。※詳細は4の一覧のとおり

3 本県独自に制定した基準の主なもの

(1)特別養護老人ホーム等の居室定員を4人以下(国基準は1人)とし、多床室の整備も可能にすることにより入居者の様々な条件に対応

 【群馬県特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例】
 【群馬県指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例】

(2)山間地域における就労継続支援事業の従たる事業所に係る利用定員を6人以上(国基準は10人以上)に緩和し、山間地域の事業所の設置を促進

 【群馬県障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準を定める条例】

(3)歩道端部の車道との段差を0センチメートル(国基準は2センチメートル)とし、高齢者・障害者等に一層の配慮

 【群馬県移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例】

(4)都市公園の休養施設、運動施設及び備蓄倉庫等の建築物に係る建築面積割合を15%(国基準は10%)に緩和し、公園のプロスポーツ利用等、近年の県民ニーズに対応

 【群馬県立公園条例の一部を改正する条例】

4 「義務付け・枠付けの見直し」により制定した条例一覧


「義務付け・枠付けの見直し」により制定した条例一覧表
番号 所管課 条例等名称 独自基準 本県の独自基準の内容 県独自基準に係る国基準との比較 提出議会
1 人権男女共同参画課 群馬県婦人保護施設の設備及び運営に関する基準を定める条例 1.運営処遇の一般原則 【国】なし 平成24年11月議会
2.職員の資質向上 【国】なし
3.秘密の保持 【国】なし
2 健康福祉課 群馬県保護施設等の設備及び運営に関する基準を定める条例 非常時に協力体制を確保するための地域住民等との連携(努力義務) 【国】なし 平成24年11月議会
3 医務課 群馬県医療施設の人員及び施設等に関する基準を定める条例     平成24年11月議会
4 介護高齢課 群馬県特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例 1.居室定員 【県】4人以下⇔【国】1人 平成24年11月議会
2.ユニット入居定員 【県】おおむね10人以下(上限12人)⇔【国】おおむね10人以下
3.廊下幅 【県】従来型特養とユニット型特養の基準を統一⇔【国】基準が異なる
4.記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間
5 介護高齢課 群馬県指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 1.居室定員 【県】4人以下⇔【国】1人 平成24年11月議会
2.ユニット入居定員 【県】おおむね10人以下(上限12人)⇔【国】おおむね10人以下
3.廊下幅 【県】従来型特養とユニット型特養の基準を統一⇔【国】基準が異なる
4.記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間
6 介護高齢課 群馬県養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例 1.ナースコールの設置 【国】なし 平成24年11月議会
2.記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間
7 介護高齢課 群馬県軽費老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例 記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間 平成24年11月議会
8 介護高齢課 群馬県介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準を定める条例 1.廊下幅(従来型) 【県】1.8メートル(2.7メートル)(1.5メートル(1.8メートル))⇔【国】1.8メートル(2.7メートル) 平成24年11月議会
2.記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間
9 介護高齢課 群馬県指定介護療養型医療施設の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間 平成24年11月議会
10 介護高齢課 群馬県指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間 平成24年11月議会
11 介護高齢課 群馬県指定介護予防サービス等の事業の人員、設備及び運営並びに指定介護予防サービス等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例 記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間 平成24年11月議会
12 子育て支援課 群馬県認定こども園の認定基準に関する条例【既存条例の改正】     平成24年2月議会
13 子育て支援課 群馬県児童福祉施設の設備及び運営に関する基準を定める条例 1.非常時の協力体制確保のための地域住民等との連携(努力義務) 【国】なし 平成24年11月議会
2.食の大切さの理解と豊かな人間性を育む食育の推進(努力義務) 【国】食を営む力の育成
3.当該保育所内での調理による食事の提供(努力義務) 【国】なし
14 障害政策課 群馬県指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 会議議事録の作成義務 【国】なし 平成24年11月議会
15 障害政策課 群馬県障害福祉サービス事業の設備及び運営に関する基準を定める条例 1.会議議事録の作成義務 【国】なし 平成24年11月議会
2.山間地域における就労継続支援事業の従たる事業所に係る利用定員 【県】6人以上⇔【国】10人以上
16 障害政策課 群馬県指定障害者支援施設等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 会議議事録の作成義務 【国】なし 平成24年11月議会
17 障害政策課 群馬県障害者支援施設の設備及び運営に関する基準を定める条例 会議議事録の作成義務 【国】なし 平成24年11月議会
18 障害政策課 群馬県地域活動支援センターの設備及び運営に関する基準を定める条例     平成24年11月議会
19 障害政策課 群馬県福祉ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例     平成24年11月議会
20 障害政策課 群馬県指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 1.会議議事録の作成義務 【国】なし 平成24年11月議会
2.食の大切さの理解と豊かな人間性を育む食育の推進(努力義務) 【国】食を営む力の育成
21 障害政策課 群馬県指定障害児入所施設等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例 1.会議議事録の作成義務 【国】なし 平成24年11月議会
2.食の大切さの理解と豊かな人間性を育む食育の推進(努力義務) 【国】食を営む力の育成
22 衛生食品課 群馬県食品衛生法施行条例【既存条例の改正】     平成24年11月議会
23 自然環境課 群馬県指定猟法禁止区域の標識等の寸法を定める条例     平成24年9月議会
24 産業人材育成課 群馬県立産業技術専門校の設置及び運営に関する条例【既存条例の改正】 1.指導員数 【県】定員20人まで2人、定員20人超時は定員10人につき指導員1人⇔【国】定員30人まで3人、50人まで4人 平成24年11月議会
2.電気工事士等資格の養成施設の修了要件 【県】厚労省の基準と養成施設の基準を満たす場合に修了⇔【国】養成施設の基準を満たす場合に修了
25 道路管理課 群馬県道路標識条例     平成24年5月議会
26 道路管理課 群馬県移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例 1.歩道端部の車道との段差 【県】0センチメートル⇔【国】2センチメートル 平成24年11月議会
2.排水溝の鋼製蓋の構造 【県】つえ、車いすの車輪等が落ち込まない⇔【国】なし
3.視覚障害者誘導用ブロックを交差点の手前及び立体横断施設の階段上下端部に設置 【国】なし
4.視覚障害者誘導用ブロックの色 【県】黄色を基本⇔【国】路面と識別できる色
27 道路整備課 群馬県道路構造条例     平成24年2月議会
28 都市計画課 群馬県立公園条例【既存条例の改正】 1.住民一人当たりの都市公園敷地面積の標準 【県】県民1人当たり10平方メートル⇔【国】市町村の区域内の住民1人当たり10平方メートル 平成24年11月議会
2.都市公園の配置及び規模の基準 【県】利用目的に応じた機能を十分発揮できる配置及び規模⇔【国】公園種別毎(街区公園、総合公園など)に配置及び規模を規定
3.休養施設、運動施設、備蓄倉庫等の建築物に係る建築面積割合 【県】15%⇔【国】10%
29 都市計画課 群馬県移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例 1.通路について断勾配3%が30メートル以上続く場合の延長30メートル以内毎の幅150セントメートル以上の水平部分設置 【国】なし 平成24年11月議会
2.排水溝の鋼製蓋の構造 【県】つえ、車いすの車輪等が落ち込まない⇔【国】なし
3.傾斜路の縦断勾配 【県】原則5%以下⇔【国】8%以下
4.手すり 【県】二段式⇔【国】一段式
30 下水環境課 群馬県流域下水道の構造の基準及び終末処理場の維持管理に関する条例     平成24年9月議会
31 建築住宅課 群馬県県営住宅管理条例【既存条例の改正】 入居者資格のうち同居者に係る要件 【県】親族との同居⇔【国】なし 平成24年2月議会
32 建築住宅課 群馬県県営住宅等整備基準条例     平成24年11月議会
33 企業局水道課 群馬県水道用水供給事業に係る布設工事監督者を配置すべき水道の布設工事等を定める条例     平成24年9月議会
34 教育委員会学校人事課 群馬県公立学校職員の給与に関する条例【既存条例の改正】     平成24年2月議会
35 教育委員会生涯学習課 群馬県立図書館協議会設置条例【既存条例の改正】     平成24年2月議会
36 警察本部交通規制課 群馬県高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に係る信号機等に関する基準を定める条例     平成24年2月議会
37 人事課 職員の高齢者部分休業に関する条例【既存条例の改正】     平成26年第1回議会
38 市町村課 固定資産評価審議会条例【既存条例の改正】     平成26年第1回議会
39 健康福祉課 民生委員の定数を定める条例     平成27年第1回議会
40 介護高齢課 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準を定める条例 記録の保存期間 【県】5年間⇔【国】2年間  平成25年9月後期議会
41 介護高齢課 介護保険審査会の公益代表委員の定数等を定める条例【既存条例の改正】     平成26年第1回議会
42 河川課 水防協議会条例【既存条例の改正】     平成25年9月後期議会
43 生涯学習課 社会教育委員条例【既存条例の改正】     平成26年第1回議会
44 警察本部総務企画課 留置施設視察委員会条例【既存条例の改正】     平成26年第1回議会

このページについてのお問い合わせ

総務部総務課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2027
FAX 027-221-2209
E-mail soumuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。