本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県におけるファシリティマネジメント

※ファシリティマネジメントとは

 土地や建物などの財産を経営資産として捉えて、経営的な視点に基づき、総合的・中長期的な観点からコストと便益の最適化を図りながら、財産を戦略的かつ適正に保有・処分・維持・利活用するための管理手法です。

1 群馬県公共施設等総合管理計画

【取組の推進方向】

  1. 施設総量の適正化
  2. 計画的な保全による長寿命化の推進 
  3. 効率的な管理運営と資産活用の推進

 群馬県公共施設等総合管理計画(平成28年3月策定)

2 群馬県県有施設長寿命化指針

【基本的な考え方】

  1. 目標使用年数の導入(既存施設 65年、新築施設 100年)
  2. 施設の劣化を事前に把握し、故障や事故などを未然に防ぐ予防保全の推進
  3. 長寿命化するために必要な安全性、機能性等の要求性能への対応

 群馬県県有施設長寿命化指針(平成25年3月策定)

3 推進体制

4 主な取組

県有地の売却促進等

このページについてのお問い合わせ

総務部管財課財産活用推進室
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2114
FAX 027-223-5030
E-mail kanzaika@pref.gunma.lg.jp