トップページ > 県政情報 > 政策・財政・監査 > (バックアップ機能誘致) > 群馬でバックアップ ~BACKUP SITE GUNMA~

群馬でバックアップ ~BACKUP SITE GUNMA~

PR用リーフレットを更新しました

群馬県でバックアップ

 東日本大震災を契機として、特に首都直下地震に備えた、首都機能の分散化やバックアップ機能の構築など、災害時のリスク対策が非常に大きな課題となっております。
 本県は、日本列島のほぼ中央、東京から100キロメートル圏内に位置し、地震などの自然災害が比較的少なく、日照時間や水資源など豊かな自然環境、観光資源にも恵まれております。
 また、関越、上信越、北関東、東北自動車道による高速道路の十字軸の結節点にある本県は、全国に迅速なアクセスが可能となっているほか、高速道路へ接続する県内の幹線道路を「7つの交通軸構想」により重点的に整備することによって、道路交通網の利便性と代替性を高めております。
 これらのことから、本県は、本社機能、ものづくりや物流拠点など、企業や首都圏自治体のバックアップ施設の立地にふさわしい場所であると考えています。
 こうした本県の優位性を活かしていただけますよう、県内すべての市町村や経済団体等で構成する「群馬県バックアップ機能誘致協議会」を設立し、官民一体となった誘致活動を展開しています。
 全県をあげて、皆様をサポートしてまいりますので、ぜひ一度、群馬県にお越しいただき、本県の立地環境をその目で確かめ、実感してみてください。

大澤知事の写真

群馬県知事

大澤正明

「「もしも」に備え、「ぐんま」を選ぶ。」:画像


群馬県は、バックアップ施設の立地に最適です!

 群馬県は、いざというときのバックアップ拠点となりうる本社機能、ものづくりや物流の拠点などの誘致を積極的に進めます。

ポイント1 東西日本の交通の結節点!

 群馬県は日本列島のほぼ中央に位置し、関越、上信越、北関東、東北自動車道により高速交通網の十字軸が完成しています。
 東京圏を通らずに東西日本を結ぶ交通の結節点となっており、日本海側へのルートも万全です。

群馬県へのアクセス:画像

高速道路利用:画像


ポイント2 東京圏から近い!

 群馬県は東京から100km 圏内に位置し、東京駅から高崎駅まで新幹線で約50 分の近さです。在来線のネットワークも高速交通を補完しており、行政や企業の中枢機能のバックアップに最適です。

高崎駅からの新幹線乗車時間
東京  約50分
名古屋  約2時間40分(東京駅経由)
新大阪  約3時間40分(東京駅経由)
仙台  約2時間(大宮駅経由)
新潟  約1時間10分
金沢  約1時間40分(開通後の予想)

上越・北陸新幹線写真

上越・北陸新幹線


ポイント3 主要幹線道路も充実!

 群馬県は、高速道路に繋がる主要幹線道路の整備を「7つの交通軸構想」により進めています。インターチェンジへのアクセスも大変便利であるほか、いざというときの代替性も確保されています。

7つの交通軸構想:画像

7つの交通軸構想


ポイント4 地震の少なさは関東一!

 群馬県は、地震や台風など自然災害が比較的少なく、工場や物流拠点をはじめとする様々な産業施設の立地に有利な条件を備えています。
 東京圏などにおける大震災発生時の本社機能やデータセンターなどのバックアップ拠点としても群馬県は最適です。

地震回数:画像

震度4以上の地震回数(1923年1月1日~2014年3月31日) 出典:気象庁「気象統計」


ポイント5 さまざまな産業に適した自然!

 平地から山間部まで標高差は1,000メートル 以上あり、それぞれの土地の気候や風土はさまざまな産業に適しています。
 また、水資源が豊富で、冬季の降雪量も平野部では少なく、年間を通じて日照時間の長い群馬県は、安定した操業が可能です。

 <日照時間平年値 全国4位>

日照時間平年値:画像

年間日照時間(1981年~2010年の平年値) 出典:気象庁ホームページ


工場立地件数 全国トップクラス(平成25 年工場立地動向調査結果)

恵まれた立地環境、利便性の高さ、災害への安心感から多くの企業が群馬へ進出しています。

立地件数
1位 茨城県  147件
2位 群馬県 128件
3位 北海道 109件
4位 福岡県 98件
5位 栃木県 78件

県外企業の立地件数
1位 茨城県   82件
2位 栃木県  43件
3位 北海道 32件
3位 福岡県 32件
5位 群馬県 31件

群馬が「選ばれる理由」

「なぜ、群馬県を選んだのか?」、現在群馬県に立地し、群馬県を評価してくださっている企業の方々の声を聞いてみました。

富士通株式会社
アウトソーシング事業本部ファシリティマネジメント統括部長 南部 裕行 様

災害のリスクが総合的に少なく、首都圏からのアクセスも良い。安全性と利便性を兼ね備えられる立地条件です。

 館林システムセンターは、1995年に開設しました。都内から約70km というアクセスの良い距離にありながら、内陸で地盤が強く、地震や台風、津波などの災害リスクの低い土地にある当センターは、都内災害時にも同時被災せず、お客様のシステムを確実に守ることができます。東日本大震災以降、データのバックアップを考えるお客様も多くなってきました。広い土地を確保しやすいので、停電時に稼働させる発電設備の設置や燃料の備蓄等にも適していますね。

トラスコ中山株式会社
プラネット北関東センター長 安達 幹雄 様

高速交通網を通じての物流効率の良さと、広い建設用地、顧客であるものづくり企業の多さが、群馬県への立地の決め手になりました。

 当社は、全国展開の機械工具卸売商社で、2007年に北関東道伊勢崎インターチェンジに隣接して当センターを開設しました。担当エリアは群馬県内から埼玉北部、長野、新潟、栃木、茨城まで。在庫アイテムは11万6千アイテム以上。東西南北に高速道路が走る群馬県は、物流効率が抜群。東日本大震災直後は東北地方もカバーしました。群馬県は、万が一の場合のバックアップ拠点としても最適です。

伊藤忠丸紅特殊鋼株式会社
代表取締役 今西 清裕 様

「安全性」と「利便性」を兼ね備えた立地を実現することができました。自然災害も少なく、安心して操業できます。

 当社は、特殊鋼・ステンレス・線材の素材から加工品までトータルで扱っていますが、2011 年の東日本大震災により主力拠点であった浦安工場が液状化により操業制限を受け、将来に渡っての液状化リスク等を考慮し、地盤の強固な地域へ移転先を求め、2013 年、前橋市に思い切って統合拠点を設立しました。高速交通道路網が整備されていて、当社の配送比率の高い神奈川県下へのアクセスも至便であり、物流環境が非常に良いと感じています。

群馬県の企業誘致施策

知事トップセールス「ぐんま企業立地セミナー」

 本県の強みである「安心・安全」を掲げ、自然災害の少ない立地環境や充実した高速交通ネットワークによる拠点性の高さを、大都市圏の企業を中心に強くアピールしています。
 平成25年度は、11月11日に東京都内において開催し、首都圏に本拠を置く多くの企業や団体に参加していただきました。

プレゼンテーションを行う大澤知事の様子写真

プレゼンテーションを行う大澤知事


企業誘致推進補助金

 工場等を新設・増設する企業の皆様に不動産取得税相当額を最大2億円補助します。詳細はご相談下さい。

企業誘致推進補助金
項目 工場・物流施設
(現有地活用型)
工場・物流施設
(用地取得型)
試験研究施設 本社建物 データセンター
対象業種 製造業、物流・流通業 製造業、物流・流通業 製造業、物流・流通業、産業支援サービス業のうち企業立地促進資金の対象となる業種 製造業、物流・流通業、産業支援サービス業のうち企業立地促進資金の対象となる業種 データセンター
対象地域 県内全域 県内全域 県内全域 県内全域 県内全域
対象企業 県内外企業 県内外企業 県内外企業 県外企業 県内外企業
補助対象 建物 土地・建物 土地・建物 土地・建物 土地・建物
補助額 不動産取得税相当額 不動産取得税相当額 不動産取得税相当額 不動産取得税相当額 不動産取得税相当額
補助限度額 1億円 1億円
試験研究施設又は本社建物を併設する場合は最大2億円
1億円 1億円 1億円

(注)平成24年4月1日からの新制度の内容です。

その他の優遇措置、各団地の情報など、詳しい情報については、群馬県ホームページ「企業立地」をご覧ください。

<立地に関するお問い合わせ>
群馬県産業経済部産業政策課企業誘致推進室

〒371-8570 前橋市大手町1-1-1 12階北フロア 
電話.027-226-3326 FAX.027-223-5470 E-mail:sangyo@pref.gunma.lg.jp

群馬県企業局団地課分譲室

〒371-8570 前橋市大手町1-1-1 28階南フロア 
電話.027-226-3955 FAX.027-220-4426 E-mail:kdanchika@pref.gunma.lg.jp

群馬県東京事務所

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館8階
電話.03-5212-9102 FAX.03-5212-9103

群馬県名古屋事務所

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル4階
電話.052-262-3411 FAX.052-262-3065

群馬県大阪事務所

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1-800 大阪駅前第1ビル8階
電話.06-6341-5303 FAX.06-6341-0225

群馬県バックアップ機能誘致協議会

 官民が協働し、誘致活動を展開します!

 群馬県では、官民協力によるオール群馬の体制で、「群馬県バックアップ機能誘致協議会」を設立し、本県の優位性を発信するなど、企業や行政のバックアップ機能の誘致活動を展開しています。

【構成団体】

群馬県、県内全市町村、(一社) 群馬県商工会議所連合会、群馬県商工会連合会、群馬県中小企業団体中央会、(一社) 群馬県経営者協会、(一社) 群馬県銀行協会、 東京電力(株) 群馬支店、東日本電信電話(株) 群馬支店、 KDDI(株) 北関東総支社、東日本旅客鉄道(株)高崎支社、東武鉄道(株)、( 公財) 群馬県産業支援機構

<お問い合わせ>
群馬県バックアップ機能誘致協議会 事務局・群馬県企画部地域政策課

〒371-8570 前橋市大手町1-1-1 23階南フロア 
電話.027-226-2371 FAX.027-243-3110 E-mail:chiikika@pref.gunma.lg.jp

印刷用PDFファイル

群馬県の企業誘致施策パンフレット(PR用リーフレット「群馬でバックアップ」)(pdfファイル 2.34MB)

「群馬のバックアップ機能誘致」のページに戻る

このページについてのお問い合わせ

企画部地域政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2351
FAX 027-243-3110
chiikika@pref.gunma.lg.jp