本文へ
表示モードの切替
印刷

「グラフぐんま」29年9月号

グラフぐんまは、県政や県内の話題を、写真を中心に紹介しています。

多くの県民の皆さんに見ていただけるよう、図書館をはじめ、金融機関、理容室・美容院、旅館、飲食店などに置いてあります。
また県内一部書店などでも販売しています。(「グラフぐんま」取扱店舗のページへ
ぜひ、手に取ってご覧ください。

グラフぐんま9月号表紙写真
グラフぐんま9月号表紙

かお

 県広報番組に出演中 タイムマシーン3号

特集

尾瀬国立公園10周年

 尾瀬国立公園が誕生して8月で10年を迎えた。遅い春の雪解けに映えるミズバショウ、生命が躍動する短い夏を彩るニッコウキスゲ、9月には早くも色づき始め錦繍に染まる山々や湿原…。尾瀬にはかけがえのない大自然の恵みが豊富に存在する。多くの人がその恵みを堪能し、いかに守っていくかという課題が今、あらためて問われている。

尾瀬の盛夏を彩るニッコウキスゲが咲く尾瀬沼・大江湿原の写真
尾瀬の盛夏を彩るニッコウキスゲが咲く尾瀬沼・大江湿原

県政の話題

  • 天皇皇后両陛下ご来県
     天皇、皇后両陛下は8月27日、草津町を訪れ、草津音楽の森国際コンサートホールで開かれた「第38回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」のコンサートを鑑賞された。両陛下がアカデミーに参加されるのは昨年8月に続いて9回目。沿道には大勢の県民が集まり、両陛下を歓迎した。
聴衆の盛大な拍手に迎えられご着席する両陛下の写真
聴衆の盛大な拍手に迎えられご着席
  • 日航機事故から32年 慰霊登山・追悼式典
     乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故は8月12日、発生から32年を迎えた。遺族にとっては三十三回忌となる節目の年。墜落現場となった上野村の「御巣鷹の尾根」には97家族359人の遺族をはじめ、植木義晴日本航空社長、大澤正明知事ら関係者が慰霊登山し、犠牲者の冥福を祈った。
御巣鷹の尾根の昇魂之碑の前でシャボン玉を飛ばす子どもたちの写真
御巣鷹の尾根の昇魂之碑の前でシャボン玉を飛ばす子どもたち
  • クライミングウォール一般利用開始
     県が前橋市関根町のALSOKぐんまサブアリーナに整備したスポーツクライミング・リード競技用ウォールの一般利用開始を祝うセレモニーが8月5日に行われた。
  • 県議会・各常任委員会の現地調査
  • High School なう。
     前橋商業高 珠算部
  • ちょっと昔話
     館林攻めの不思議
  • トピックス&スポーツ
  • かわら版
  • ぐんま名山探訪
     横手山(中之条町・長野県)
  • ぐんま絹遺産
     薄根の大クワ(沼田市)
  • ひめラボ旬食キッチン
     ギンヒカリの洋風ちらしずし
  • ぐんま湯けむり浪漫
     川場温泉
武尊乃湯(かやぶきの源泉湯宿「悠湯里庵」)の写真
武尊乃湯(かやぶきの源泉湯宿「悠湯里庵」)
  • おさんぽ日和/伊勢崎のちょっといいもの
    伊勢崎・境エリア
田島亀夫家(屋号:有鄰館)の写真
田島亀夫家(屋号:有鄰館)
創作工房 Evanistaのオリジナル名刺入れと携帯ルーペの写真
創作工房 Evanistaのオリジナル名刺入れと携帯ルーペ

読者プレゼント

 「創作工房 Evanistaの携帯ルーペ」を5人にプレゼントします。

 応募方法など詳しくは、「グラフぐんま」(上毛新聞社:外部リンク)をご覧ください。

販売価格

 価格 1冊 本体価格360円(税込み)

 ※次号「グラフぐんま10・11月号」は、11月10日発行予定です

「グラフぐんま8月号」のページへ

「グラフぐんま」(上毛新聞社:外部リンク)のバックナンバーはこちらから

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2162
FAX 027-243-3600
E-mail kouhouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。