本文へ
表示モードの切替
印刷

群馬県立敷島公園指定管理者候補者及び選定結果等

1 指定管理者候補者及び選定結果

指定管理者候補者及び選定結果一覧
(1) 公の施設の名称及び所在地 群馬県立敷島公園
前橋市敷島町地内
(2) 応募団体数及び名称(主たる事務所の所在市町村名) 1団体
敷島パークマネジメントJV(前橋市)
(3) 指定管理者の候補者の名称、主たる事務所の所在地及び代表者の氏名 敷島パークマネジメントJV
前橋市千代田町二丁目12番地1
代表取締役 中埜 智親
(4) 指定の期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日
(5) 候補者の選定理由 全ての審査項目で高い評価を得ており、特に管理運営方針、維持管理、人材育成、情報管理、安全管理に関する提案が優れているため。

2 選定基準・審査結果等

2 選定基準・審査結果等一覧
区分 大項目 中項目 審査要素 配点  候補者
団体1
公園に共通する審査項目 公益性 管理運営方針
  • 施設の設置目的に合致した基本方針となっているか。
  • 公園を管理運営するにふさわしい理念、運営方針を持っているか。
  • 県民の平等な利用が確保される内容となっているか。
  • 労務管理が適正か。
  • 労務関係、法令遵守を正しく理解しているか。
  • 運営方針が公園の特性を活かしているか。
  • 運営方針を実行するための体制確保がなされているか。
  • 従業員の勤務時間、配置、休日、賃金等について適正か。
12 10.88
経済性 経済性
収支計画
  • 申請者の経営状況
  • 労務管理をふまえた指定管理料
  • 収支と事業計画が整合しており、実現可能な計画であるか。
  • 指定管理料の有効活用が図られているか。
10 7.50
効果性 サービス等
の向上
広報・広聴
  • 県民サービスの向上に資する計画になっているか。
  • 民間のノウハウを活用し質の高いサービスの提供を実現できるか。
  • 利用者増加のための取り組みがあるか。
  • 自主事業は具体的かつ実現性の高い提案がされているか。
  • 利用者の要望や苦情に対する対応は適切か。
  • 広報に関する広範なノウハウ、情報を有しているか。取り組み方は具体的か。
  • 利用者のニーズの把握方法は具体的かつ実現可能か。
  • 公園特性をとらえた県民サービスの向上を聞きたい。
  • 現地調査の頻度や公園の特性を理解しているか。
18 15.88
県民との協働
  • 広範で多様な主体が関わる公園運営計画となっているか。
  • 県民やボランティアと協働を推進できる計画になっているか。
  • ボランティアの受け入れ態勢が確保され、対象が広範か。
  • 協働のためのコーディネートをできる職員を配置しているか。
  • 地域特性をとらえた具体的な案を聞きたい。
10 8.00
安定性 維持管理
  • 適正かつ確実な維持管理を行う内容となっているか。
  • 安全管理を含めた日常の公園の見せ方を管理の面から聞きたい。
8 7.25
組織運営
組織体制
  • 管理者責任が明確であり管理体制が整っているか。
  • 適切で十分な職員配置か。
  • 職員の育成、研修は十分か。採用確保方針は適切か。
  • 安定した管理体制を提供できる経営基盤が構築されているか。
3 2.38
人材育成
  • 指定管理期間を通じた人材育成計画が適切なものか。
  • 育成方法、取得資格目標等は適当か。
3 2.75
安全安心 情報管理
  • 個人情報保護、機密保持義務に対して対策は十分か。
2 1.88
安全管理
  • 事故、災害発生時等の危機管理体制はあるか、対応方針は十分か。
  • 日常の安全対策についてリスクを想定し具体的対策を講じているか。
2 2.00
環境管理
  • 環境保全に配慮した管理運営となっているか。
  • 廃材処理等について、リサイクル、リデュースなどについての配慮があるか。
2 1.75


敷島公園の課題の対策
安定性 専門知識、経験 ○プロスポーツの公式戦や競技会の開催・大会運営に当たり、主催者との連絡調整不足や清掃等の不備がないように準備や施設管理を適切に行うことが必要である。このことから、
運動施設の管理経験のある団体を含むとき、その出資比率に応じて施設種別ごとに配点する。
30 24.00
  1. 4つの天然芝を有する運動施設について、繁忙期には複数施設で同時にメンテナンスを行う必要があるが、競技者の視点を踏まえた管理方法となっているか。
  2. テニスコートの砂入人工芝について、競技者の視点を踏まえた管理方法であるか。
  1. 運動施設における安全対策について、利用者に対する対策と施設に対する対策が適切であるか。
  2. 小規模修繕について、事前点検や修繕の方針が適切か。
小計 100 84.25
現指定管理者が応募した場合の審査 3~-3 3.00
障害者雇用率加算 3~-3 0.75
合計   88.00

※採点は、選定基準ごとに選定委員会の各委員が評価を行い、全委員8人の平均点を得点とした。
※点数の表示は、小数点以下第3位を四捨五入している。

3(参考)応募団体の指定管理料提案額

(参考)応募団体の指定管理料提案額一覧
区分 応募団体の名称 指定管理料提案額
団体1 敷島パークマネジメントJV 602,535千円
 1年目200,850千円
 2年目200,856千円
 3年目200,829千円
(参考) 指定管理料上限予定額 602,784千円 

※候補者の指定管理料提案額が指定管理料上限額になるとは限らない。指定管理料上限額は11月補正予算で債務負担行為を設定し、指定管理者となる者との基本協定書で定める。
※指定管理料提案額及び指定管理料上限予定額は、消費税率を平成31年9月30日までは8%で算定し、平成31年10月1日以降は10%で算定している。

県立都市公園に係る指定管理者の候補者の選定過程等についてへ戻る

このページについてのお問い合わせ

県土整備部都市計画課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3675
FAX 027-221-5566
E-mail keikakuka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。