本文へ
表示モードの切替
印刷

尾島小学校でヤマトイモ食農教育の開催

 ~ 子供たちに地域の特産物への理解を深める ~

東部農業事務所 普及指導課

生産者と太田商工会議所が中心となって取り組んでいる太田特産やまといもを地元から盛り上げる販売戦略会議は、尾島小学校で食農教育を行いました。東部農業事務所は講師役のやまといも生産者の授業づくりを支援しました。

1 ねらいと背景

 太田市は、尾島地区を中心に約500ヘクタールの畑でヤマトイモが生産されており、栽培面積が日本一の産地となっています。しかし、農家の減少に伴い、ヤマトイモを知らない子供たちが増えています。尾島地区でも混住化が進んでおり、ヤマトイモの栽培農家が減少しています。そこで、子供たちに地域の特産物であるヤマトイモの理解を深め、地元の農業への関心を高めてもらうために、太田特産やまといもを地元から盛り上げる販売戦略会議の活動として、若手生産者が授業を行いました。

2 取り組み内容

 小学生に対するヤマトイモの学習会は本年で2年目の取組となります。6月20日に尾島小学校3年生89名を対象に、5時限目の授業として実施されました。講師は増田真也氏が務め、スライドでヤマトイモの歴史や栽培の状況など、クイズを織り交ぜながら分かりやすく説明しました。また、ヤマトイモとナガイモの粘性の違いについて、すったイモを見せながら説明しました。
 子供たちから、ヤマトイモを触るとなぜかゆくなるの?、ヤマトイモは種イモ1個から何個とれるの?などの質問が出ました。

3 今後の方向

 教室の授業と合わせて校内の菜園でヤマトイモを栽培しています。生長の様子を継続して観察するとともに、第2回の学習会が11月に予定されており、次はヤマトイモの流通や加工について理解を深めてもらう予定です。

生産者の話を聞く子供たちの写真
生産者の話を聞く子供たち

このページについてのお問い合わせ

東部農業事務所普及指導課
〒373-0033 太田市西本町60-27
電話 0276-31-2212
FAX 0276-31-8388
E-mail toubunou-fukyuu@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。