本文へ
表示モードの切替
印刷

「すごいぞ!江戸の科学ー時代を動かした地図・暦・和算の力ー」(歴史博物館)

地図・天文暦学・和算の発展に寄与した江戸時代の科学者たちの人物像とその功績、和算の盛んな地であった「上野国」にスポットを当て、活気のあるエネルギーに満ちた江戸時代の科学研究の一端をお伝えします。

第96回企画展タイトルの画像

企画展のみどころ

1、「和算の大家関孝和」ってどんな人?

 群馬県民にとって上毛かるたでお馴染みの関孝和。名前は知っているけれども、いつの時代に何をした人?その答えが博物館にあります!現在確認される3点の肖像画やゆかりの資料を数多く展示し、関孝和という人物に光を当てます!

関孝和像(部分)の画像
「関孝和像(部分)」 (一財)高樹会蔵・射水市新湊博物館保管
関孝和画像(部分)の画像
「関孝和画像(部分)」 一関市博物館蔵

2、伊能忠敬没後200年の記念すべき年!

 50歳を過ぎてから天文暦学の研究をし、全国を測量した伊能忠敬。江戸時代の群馬県内を描いた国宝の伊能図大図をはじめ、肖像画や測量機器などの関連資料は全て国宝!またとないこの機会をお見逃しなく!

伊能忠敬像(部分)の画像
「伊能忠敬像(部分)」伊能忠敬記念館蔵
量程車の画像
「量程車」 伊能忠敬記念館蔵

3、多彩な地図を展示

 上野国内を描いた国宝の伊能図大図の他にも、チラシに使用した『日本輿地全図中図関東』や幕府が作製した正保・享保期の日本図、民衆の間に広まった日本地図、はたまたヨーロッパ製の古地図まで、多彩な地図を展示します!元禄時代の上野国絵図は床地図にしましたので、ご自身がお住まいの当時の町や村を探してみてください!

日本輿地全図 中図 関東(部分)の画像
「日本輿地全図 中図 関東(部分)」 日本学士院蔵
日本図の画像
「日本図」 当館蔵

会期

 平成30年7月14日(土)~平成30年9月2日(日)

 ※休館日は、毎週月曜日(7月16日・8月13日は開館)、7月17日(火)

時間

 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料

 一般600円/大学・高校生300円/中学生以下無料
 ※団体2割引(20人以上)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立歴史博物館
〒370-1293 高崎市綿貫町992-1
電話 027-346-5522
FAX 027-346-5534
E-mail rekishikan@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。