本文へ
表示モードの切替
印刷

高次脳機能障害関連資料

ぐんま高次脳機能障害あんしんブック

ぐんま高次脳機能障害あんしんブック表紙

 平成26年度に群馬県高次脳機能障害支援連絡会が発行した「ぐんま高次脳機能障害あんしんブック」は、当事者の方が支援者の方と一緒にご利用いただくための冊子です。ぜひご活用ください。

《こんな時にご活用ください》

  • (1) 高次脳機能障害が残るかもしれません、もしくは高次脳機能障害ですと言われ、どのような障害か、どんなサポートが必要なのかを知りたい時
  • (2) 今、自分がどの段階にいて、どんな制度の活用が検討できるかを知りたい時
  • (3) 他の人に障害を伝えたい時

「ぐんま高次脳機能あんしんブック」のダウンロードはこちらから(外部リンク)
※クリックすると、高次脳機能障害支援拠点機関である前橋赤十字病院のホームページ内にリンクします。

高次脳機能障害者のためのハンドブック

高次脳機能障害者のためのハンドブック表紙

 平成19年度に医療ソーシャルワーカー協会、精神保健福祉士会、社会福祉士会、群馬障害者職業センター、NPO法人ノーサイド(高次脳機能障害者と家族と支援者の会)、こころの健康センターからなる「高次脳機能障害普及啓発資料作成作業部会」で、標記ハンドブックを作成しました(平成23年2月現在、一部変更あり)。
 この「高次脳機能障害者のためのハンドブック」は、主に支援者向けのハンドブックです。高次脳機能障害者や家族への相談支援の一助として、必要箇所をコピーするなどしてご活用ください。

ハンドブックの内容は こちらから

表紙・目次

表紙(PDF:13KB)

1.理解編

高次脳機能障害とは?、原因、症状等
1ページ-5ページ(PDF:78KB)

経過と相談先、支援のために等
6ページ-13ページ(PDF:80KB)

※14ページは白紙ページのため省略

2.社会資源・制度編

医療費や経済的なサービス
15ページ -21ページ(PDF:302KB)

福祉や介護のサービス
22ページ-24ページ(PDF:60KB)

日常生活自立支援事業、成年後見制度、就労支援、復学・就学支援
25ページ-29ページ(PDF:61KB)

※30ページは白紙ページのため省略

3.関連機関案内

医療機関;診断
31ページ-32ページ(PDF:23KB)

医療機関;リハビリテーション
33ページ-34ページ(PDF:99KB)

地域の相談機関・関連窓口
35ページ(PDF:21KB)

資料編・裏表紙

資料編・裏表紙(PDF:25KB)

↑ページの先頭へ

こころの健康センタートップページに戻る

このページについてのお問い合わせ

こころの健康センター
〒379-2166 前橋市野中町368
電話 027-263-1166
FAX 027-261-9912
E-mail kokoro@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。