トップページ > 県政情報 > 職員 > (群馬県職員採用試験案内) > 平成28年度群馬県警察官A(男性・女性・武道指導)、A(男性・女性)特別、B(男性・女性)特別採用試験

平成28年度群馬県警察官A(男性・女性・武道指導)、A(男性・女性)特別、B(男性・女性)特別採用試験

申込期間

インターネット

平成28年3月14日(月)~3月31日(木)(受信有効)

郵送

平成28年3月14日(月)~4月1日(金)(消印有効)

試験日程・会場

試験日程・会場

区分

第1次試験

第2次試験

第3次試験

試験日

試験会場

合格発表日

試験日

合格発表日

試験日

試験会場

合格発表日

群馬県

警察官A(男性)
警察官A(女性)
警察官A(武道指導)
警察官A(男性)特別
警察官A(女性)特別
警察官B(男性)特別
警察官B(女性)特別

5月8日(日)

 
  • 群馬県総合交通センター
  • 群馬県警察学校
  • 県立前橋商業高校
    ※いずれかを受験票で指定します

5月23日(月)

6月上旬~下旬
(実2日間)

7月1日(金)

7月上旬~中旬
(実3日間)

群馬県庁 8月19日(金)

埼玉県・神奈川県

警察官A(男性)

5月8日(日)

  • 群馬県総合交通センター
  • 群馬県警察学校
  • 県立前橋商業高校
    ※いずれかを受験票で指定します

7月下旬~8月中旬

8月下旬
(実1日間)

埼玉県

12月下旬頃

 

神奈川県

10月上旬頃

なし なし なし

(注1) 武道指導の区分での申込は郵送のみです。インターネットによる申込はできません。
(注2) 第1次試験当日は、午前8時45分までに受付を済ませ、午前9時までに着席してください。
 また、受験票(写真を必ず貼ること)を必ず持参してください。
(注3) 第2次試験の試験会場は第1次試験合格者に文書で通知します。
(注4) 合格発表の方法は、県庁内掲示板及び県内の各警察署の掲示板に合格者の受験番号を掲示するほか、合格者(第2次試験及び第3次試験はすべての試験種目を受験した者全員)に文書で通知します。
 このほか、職員・警察官採用情報ホームページにも掲載します。(共同試験については当該県からの文書により通知されます。)
(注5) 合格発表日は予定であり、変更する場合もあります。
(注6) 埼玉県及び神奈川県の合格発表日は、当該県にお問い合わせください。

職務内容

 個人の生命、身体及び財産の保護、犯罪の予防、捜査、被疑者の逮捕、交通の取締り、その他公共の安全と秩序の維持にあたります。また「武道指導」の試験区分で採用された人は、この職務内容に加え、柔道又は剣道の指導も行います。

試験区分・採用予定人員・受験資格

試験区分・採用予定人員・受験資格

試験区分 

採用予定人員

受験資格

採用予定日

生年月日

学歴等

群馬県

警察官A(男性)

53名程度

昭和58年4月2日以降に生まれた人

次のいずれかに該当する人

  1. 学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業した人又は平成29年3月31日までに卒業見込みの人
  2. 人事委員会が1に掲げる人と同等の資格があると認める人

平成29年4月1日

警察官A(女性)

6名程度

警察官A(武道指導)(※) 柔道・剣道各1名程度
警察官A(男性)特別

15名程度

次のいずれかに該当する人で、平成28年10月1日から勤務可能な人

  1. 学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業した人又は平成28年9月30日までに卒業見込みの人
  2. 人事委員会が1に掲げる人と同等の資格があると認める人

平成28年10月1日

警察官A(女性)特別 3名程度
警察官B(男性)特別

16名程度

昭和58年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた人

 次のいずれにも該当しない人で、平成28年10月1日から勤務可能な人

  1. 学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業した人又は平成28年9月30日までに卒業見込みの人
  2. 人事委員会が1に掲げる人と同等の資格があると認める人

警察官B(女性)特別

3名程度

埼玉県

警察官A(男性)

8名程度

昭和61年4月2日以降に生まれた人

次のいずれかに該当する人

  1. 学校教育法による大学(短期大学を除く)を卒業した人又は平成29年3月31日までに卒業見込みの人
  2. 人事委員会が1に掲げる人と同等の資格があると認める人

平成29年2月1日以降

神奈川県 2名程度

 ※ 警察官A(武道指導)については、上記受験資格のほか、(1)柔道3段以上(講道館認定)又は剣道3段以上(全日本剣道連盟認定)で、かつ(2)高校生以上において全日本柔道連盟、全日本剣道連盟又はいずれかに加盟する団体等が主催等して行う全国大会、地区大会等(関東等)に出場し、又は県大会3位以内の実績(団体戦への登録を含む)があることが必要です(男女は問いません)。
 受験資格確認のために、段位を証明する書類の写し及び資格条件に該当することを証するものの写しを申込時に添付し、第1次試験当日、申込時に提出した写しの原本を持参し、試験会場で受付時に提示してください。なお、事前に受験資格の確認をする場合は、申込期間を考慮した上で、警察本部警務課にお問い合わせください。

(注1)「受験資格 学歴等」の「2 人事委員会が1に掲げる人と同等の資格があると認める人」の例は次のとおりです。詳細は、人事委員会事務局までお問い合わせください。

  • 職業能力開発総合大学校の長期課程を修了した人又は修了見込みの人。
  • 外国における大学を卒業(原則として修学年数が通算して16年以上となるものに限る。)した人又は卒業見込みの人。
  • 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した人又は修了見込みの人。

 なお、埼玉県及び神奈川県について、群馬県と異なる場合がありますので、詳細は志望する県にお問い合わせください。

(注2)採用予定人員については、現時点での予定であり、今後変更になることがあります。試験の結果、合格者なしとなる場合があります。
(注3)同一日に実施する試験、選考考査の重複申込みはできません。また、申込み後の試験区分の変更はできません。
(注4)警察官Aは、平成29年3月31日(警察官A特別は平成28年9月30日)までに大学を卒業できなかった場合には採用されません。
(注5)警察官Aの申込をする人で、外国の大学を卒業した人又は平成29年3月31日(警察官A特別は平成28年9月30日)までに卒業見込みの人は、「申込手続」欄をよく読み学位証明書等を提出してください。
(注6)受験できる年齢は群馬県と埼玉県及び神奈川県で異なりますので、注意してください。

次のいずれかに該当する人は受験できません。

  • 日本国籍を有しない人
  • 地方公務員法第16条に該当する人(次のいずれかに該当する人)
    • 成年被後見人又は被保佐人
    • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
    • 志望する県の職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
    • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

警察官A(男性)採用共同試験

この試験は、群馬県、埼玉県及び神奈川県が共同で行うもので、警察官A(男性)申込者は第2志望まで選択することができます。

第2志望県との併願については、以下の点に注意してください。なお、第2志望がない場合は、第1志望のみで申し込んでください。

1 埼玉県又は神奈川県を第1志望とする場合

群馬県を第2志望とすることはできません。(第2志望とすることができるのは、埼玉県又は神奈川県のみです。)

埼玉県、神奈川県のいずれか一方を第2志望として申し込んだ場合でも、第1志望県の第1次試験に合格した人は第2志望県との併願ができなくなります。

2 群馬県を第1志望とする場合

埼玉県、神奈川県のいずれか一方を第2志望とすることができます。

ただし、その場合でも、群馬県の第1次試験及び第2次試験に合格した人は、第2志望県との併願ができなくなります。

※第2志望が考慮されるのは、以下のいずれかに該当する場合に限ります。

第1次試験に不合格となった人

第1次試験に合格し、その後、群馬県が実施する第2次試験に不合格となった人

第1次試験に合格し、その後、群馬県が実施する第2次試験の受験を辞退した人

  • 警察官A(女性)、警察官A(武道指導)、警察官A(男性・女性)特別及び警察官B(男性・女性)特別は、群馬県単独試験のため、埼玉県及び神奈川県を志望することはできません。
  • 申込後の志望県の変更はできません。

試験内容

第1次試験

第1次試験一覧
試験種目 試験内容
教養試験(択一式)(120分) 警察官として必要な一般的な知識及び知能について、警察官A区分は大学卒業程度、警察官B区分は高校卒業程度の試験を行います。
50問出題、全問必須解答
知識分野25問(社会科学、人文科学、自然科学)
知能分野25問(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)
論(作)文試験(60分) 警察官A区分は識見・思考力・表現力等について、警察官B区分は内容・構成・表現力等についての試験を行います。(900字)
なお、採点は第2次試験で行います。
実技試験
(群馬県「武道指導」のみ)

柔道又は剣道について実技試験を行います。
柔道:受身、打ち込み及び乱取り等
剣道:切り返し、基本打突及び地稽古等

資格加点(「武道指導」を除く群馬県のみ) 別欄に掲げる術科の資格所有者に、一定点を加点します。

第2次試験 

第2次試験一覧(群馬県)

試験種目

試験内容

人物試験
(「武道指導」を除く)
集団面接を行い、人物について試験を行います。
体力検査 職務遂行に必要な体力を有するかどうか検査します。結果は得点化して、総合得点に含まれます。
検査項目(握力・上体起こし(腹筋運動)・立ち幅とび・反復横とび・20メートルシャトルラン(持久走))
(注)全ての検査項目の受検が必要です。一定の基準に達しない項目がある場合、不合格となります。

 第2次試験一覧(埼玉県及び神奈川県)

試験種目

試験内容

人物試験 人物について、個別面接、受験資格の確認を行います。
また、警察官として職務執行上、必要な素質及び適性についての検査を行います。
身体検査 胸部疾患、伝染性疾患、その他の健康状態について、医学的検査を持参方式により行います。
(注)検査項目等については、志望する県にお問い合わせください。
体力検査 警察官として職務執行上、必要な体力について検査を行います。

第3次試験(群馬県のみ)

第3次試験一覧

試験種目

試験内容

人物試験 個別面接及び適性検査を行い、人物について総合的に試験を行います。
また、個別面接時に自己PRタイム(約1分間)を設けます。
身体外形検査 職務遂行に必要な下表の身体外形等を有するかどうか検査します。
(武道指導は、身体・体重の基準を設けません。)
(注)基準に満たない項目がある場合、不合格となります。 
身体精密検査 職務遂行に必要な健康度を有するかどうか検査します。

身体外形検査

身体外形検査一覧

検査項目

合格基準

男性

女性

身長 おおむね160cm以上(武道指導を除く) おおむね150cm以上(武道指導を除く)
体重 おおむね47kg以上(武道指導を除く) なし
視力 両眼とも裸眼視力が0.6以上又はきょう正視力が1.0以上 両眼とも裸眼視力が0.6以上又はきょう正視力が1.0以上
色覚 職務遂行に支障がないこと 職務遂行に支障がないこと
聴力 職務遂行に支障がないこと 職務遂行に支障がないこと
五指腕関節その他 職務遂行に支障がないこと 職務遂行に支障がないこと

(注1)いずれかの試験種目(資格加点を除く)において一定の基準に達しない場合は、他の成績にかかわらず不合格となります。
(注2)教養試験(択一式)及び論(作)文試験例題を公表しています。職員・警察官採用情報ホームページ、県民センター(県庁2階)で閲覧することができます。

試験の配点(群馬県の場合)

配点一覧

区分

第1次試験

第2次試験

第3次試験

教養試験 実技試験(武道指導) 資格加点 人物試験 体力検査 論(作)文試験 人物試験 身体外形検査 身体精密検査
警察官A(武道指導を除く)

300

なし

30

200

200

100

400

適否

適否

警察官A(武道指導)

100

300

なし

なし

100

100

500

適否

適否

警察官B

300

なし

30

200

200

100

400

適否

適否

(注)第2次試験合格者は、第1次試験及び第2次試験の合計点による成績に基づいて決定します。
(注)最終合格者は、第1次試験、第2次試験及び第3次試験の合計点による成績に基づいて決定します。

資格加点(群馬県のみ。「武道指導」を除く。)

 資格加点(術科)の各区分において、いずれか1つの資格等について、第1次試験の得点に30点を加点します。ただし、「武道指導」の受験者は対象外です。
 詳細は資格加点の詳細をご覧下さい。

申込手続

申込方法によって受付期間が異なるので注意してください。

1.インターネットによる場合

※武道指導はインターネットによる申込はできません。

  • インターネットによる受付期間は3月14日(月)~3月31日(木)23時59分(受信有効)です。
  • 職員・警察官採用情報ホームページの「インターネット申込(電子申請)」から、内容をよく読んで申し込んでください。
  • 申込が完了した場合、「到達通知メール」が届きます。メールが届かない場合は、申込は完了していませんので、必ず「到着通知メール」を確認してください。もし、インターネット受付期間が過ぎてしまった場合には、郵送により申し込んでください。
  • 資格加点の申込者は、証明する書類を添付ファイルとして送信するか、郵送してください。
  • 4月14日(木)頃、ぐんま電子申請受付システム上で「受験票」が交付されます。「受験票」を各自でダウンロード・印刷し、写真貼付の上、受験票全体を厚紙(官製ハガキ程度の厚さ)に貼って第1次試験当日に持参してください。
  • パソコンの機種や環境等により利用できない場合があります。使用するパソコンや通信回線上の障害等によるトラブルについては、一切責任を負いませんので、ご了承ください。
  • 受験票が、ぐんま電子申請受付システムから4月21日(木)までにダウンロードできない場合は、群馬県警察本部警務課に問い合わせてください。

2.郵送による場合 

  • 郵送による受付期間は3月14日(木)~4月1日(金)(消印有効)です。
  • 申込書に必要事項を記入し、受験票に52円切手を貼り、群馬県警察本部警務課に簡易書留により郵送してください。
    4月2日(土)以降の消印で郵送された申込書は、いかなる理由があっても一切受付しません

    なお、封筒の表に「警察官 申込」(余白には試験区分)と赤で書いてください。
    郵送先:郵便番号371-8580 前橋市大手町一丁目1-1 群馬県警察本部 警務課
  • 本申込書は、郵便法に規定する信書に該当するため、ゆうメールや宅配便等での送付はできません。
  • 受験票は4月14日(木)頃発送しますが、4月21日(木)までに届かない場合は、群馬県警察本部警務課に問い合わせてください。
  1. 試験案内・申込書を直接配布場所で取得して郵送で申し込む
  2. 試験案内・申込書を郵送で請求して郵送で申し込む

 ※郵送による申込期限(4月1日)間際の郵送でのご請求は、ご遠慮ください。

試験案内はダウンロードして確認することができます

※試験案内のダウンロードはあくまで確認のためのものです。
 ダウンロードによる申込みはできませんので、ご注意ください。

ダウンロードファイル(PDF形式)

※試験案内等を見るには、Adobe Acrobat Reader(外部リンク)(無償)をダウンロードしてください。

Acrobat Readerのインストール・操作方法に関する質問には、お答えすることができません。

共通留意事項

○写真について
 第1次試験当日、受験票の写真欄に所定の写真を貼った受験票を持参してください。受験票に写真が貼られていない場合は、受験できない場合がありますので、注意してください。

○外国の大学を卒業した人(見込者を含む)
 外国の大学を卒業した人は学位証明書の原本、卒業見込みの人は成績証明書の原本を提出してください。(申込期限までに用意できない場合には、群馬県警察本部警務課に問い合わせてください。)
※日本の大学を卒業した人(見込者を含む)は、証明書の提出は不要です。 

試験結果の開示

 警察官採用試験の結果については、群馬県個人情報保護条例第20条の規定により、口頭で開示を請求することができます。
 請求できるのは、原則として最終合格発表日から1か月間となります。ただし、最終合格発表に至る前に試験結果が確定した場合には、請求できる期間が異なりますのでご注意ください(下表参照)。

試験結果の開示
  請求できる期間 開示請求対象及び内容 開示する場所

警察官試験

第3次試験合格発表日から1か月間 第3次試験までの総合得点及び順位 人事委員会事務局(県庁26階)
 第1次試験で不合格(※) 第1次試験合格発表日から1か月間 第1次試験の総合得点及び順位 人事委員会事務局(県庁26階)
 第1次試験合格後、第2次試験で不合格(※) 第2次試験合格発表日から1か月間 第2次試験までの総合得点及び順位 人事委員会事務局(県庁26階)

 開示を希望する場合には、受験者本人が受験票(又は自動車運転免許証等本人を証明できる書類)を持参のうえ、午前8時30分から午後5時15分までの間に、人事委員会事務局に直接お越しください。
 ただし、土曜日、日曜日及び祝日は受付けません。又、電話、メール、ファクシミリ、はがき等による開示の請求はできません。
(注)(※)に該当する人のうち、埼玉県又は神奈川県を第2志望とした人の群馬県の試験結果については、請求できる期間が第2志望県の最終合格発表日から1か月間となります。
 なお、上記にかかわらず、埼玉県又は神奈川県を第1志望とした人の試験結果は、当該県にお問い合わせください。
 

受験申込から採用まで(群馬県)

試験案内・申込書の入手
 ↓
受験申込
 ↓
受験票受領
 ↓
第1次試験
 ↓
第1次試験合格
 ↓
第2次試験
 ↓
第2次試験合格
 ↓
第3次試験
 ↓
最終合格
 ↓
採用候補者名簿登載
 ↓
任命権者の面接
 ↓
内定
 ↓
採用

  • 最終合格者は採用候補者名簿に登載された後、群馬県警察本部長からの請求に応じて成績順に提示され、その中から採用者が決定されます。
  • 採用候補者名簿の有効期間は、1年間です。
  • 採用は平成29年4月1日(警察官A特別及びB特別は平成28年10月1日)を予定しています。
    (注)埼玉県又は神奈川県の合格者の採用は、平成29年2月1日以降の予定です。 

Q&A

※この内容は群馬県の場合です。

質問1 初任給はどのくらいですか?

  • 大学卒 204,900円
  • 短期大学卒 187,600円
  • 高等学校卒 172,600円

※平成27年4月現在

 初任給は上の金額となる予定です。また大学院を卒業していたり、採用される前に民間企業などに勤務したことのある人は、一定の基準により増額されます。
 このほか、地域手当・通勤手当・扶養手当・住居手当・特殊勤務手当などがその人の条件に応じて支給され、さらに期末手当・勤勉手当が支給されます。
 そのほか、被服として、制服、ワイシャツ、靴下、靴等が支給されます。

質問2 休暇はどのくらいとることができますか?

 有給休暇として、年間20日(10月1日採用者は、初年度は10日)の年次有給休暇が付与されるほか、夏季休暇、結婚休暇、忌引休暇、本人又は配偶者の出産休暇等の特別休暇があります。また、土曜日・日曜日及び祝日は原則として休みです。(交替制勤務が必要とされる職場については、これらに相当する日が別に定められます。)

質問3 採用後の配属はどうなりますか?

 群馬県巡査に任命され、群馬県警察学校に入校し、6か月間(警察官Bは約10か月間)の初任科教養を履修します。卒業後は、原則として各警察署の交番に配属され、地域課勤務となります。その後は、本人の希望や適性などに応じて交番勤務のほか警務・生活安全・刑事・交通・警備などの各部門へ進むことになります。(埼玉県及び神奈川県もほぼ同様です。)

質問4 昇任はどうなっていますか?

 昇任は、昇任試験などにより行われ、本人の実力・努力次第で男女問わずキャリアアップが可能です。

採用
 ↓ 
巡査
 ↓ 昇任試験(最短 大卒2年、短大卒3年、それ以外4年6か月)
巡査部長
 ↓ 昇任試験(最短 大卒1年6か月、短大卒3年、それ以外3年)
警部補
 ↓ 昇任試験(最短 大卒4年、短大卒4年、それ以外4年)
警部
 ↓ 選考
警視

試験会場

 群馬県総合交通センター(外部リンク)

 群馬県警察学校(外部リンク)(群馬県総合交通センター隣)

 群馬県庁

 県立前橋商業高等学校(外部リンク)

※地震等により採用試験の日程に変更が生じた場合、職員・警察官採用情報ホームページに変更内容を記載しますので確認してください

※第1次試験では、気温や室温の変化に対応できるような服装で受験してください。

※第1次試験では、自動車・バイクでの来場を固く禁じます。商業施設を含む私有地や路上等への不当な駐車を確認した場合には、試験実施中であっても車両の移動を指示することがあります。その場合、試験の継続ができなくなりますので、ご注意ください。
また、自動車による送迎について、会場付近での乗降及び駐停車は、道路渋滞につながり近隣への迷惑となるため絶対に行わないでください。
毎年、試験会場を間違える受験生が見られます。必ず、事前に、指定された試験会場と移動経路、当日の公共交通機関の運行状況等を確認しておいてください。

※群馬県人事委員会事務局では、有料で試験の合否の連絡を請け負うことは一切行っていません。

問い合わせ先

問い合わせ時間
群馬県警察本部警務課(外部リンク)
 371-8580 前橋市大手町一丁目1-1 警察本部庁舎3階
 電話 0120-449803(群馬県警察職員採用フリーダイヤル)
 (027) 243-0110 内線2652

群馬県人事委員会事務局
 371-8570 前橋市大手町一丁目1-1 県庁舎26階
 電話 (027) 226-2744 (ダイヤルイン)

埼玉県警察採用センター(外部リンク)
 330-8533 さいたま市浦和区高砂3-15-1
 電話 0120‐373514 (埼玉県警察職員採用フリーダイヤル)

神奈川県警察本部警務課(外部リンク)
 231-8403 横浜市中区海岸通2-4
 電話 0120-03-4145(神奈川県警察職員採用フリーダイヤル)

 ※問い合わせ時間は、土・日・祝日を除き、8時30分~17時15分です。

採用情報トップに戻る

このページについてのお問い合わせ

人事委員会事務局
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2744
FAX 027-221-6247
jini@pref.gunma.lg.jp