トップページ > 県政情報 > 職員 > (群馬県職員採用試験案内) > 職種の紹介(先輩職員の声)

職種の紹介(先輩職員の声)

平成28年3月25日

※ 掲載内容については、平成28年3月現在の情報です。

行政事務 警察事務 学校事務 森林 農業 畜産 化学 設備 建築 総合土木 薬剤師 獣医師 心理判定員 栄養士 学校栄養士 保健師 福祉 保育士・児童指導員

行政事務

行政事務のぐんまちゃん画像


 行政事務で採用されると知事部局のほか教育委員会事務局や企業局・病院局等に配属され、総務、企画、生活文化スポーツ、子ども施策、健康福祉、環境、農林業、産業、県土整備、教育など多岐にわたる分野の業務に携わります。
 職務内容としては、施策の企画・立案・推進や条例・規則の制定などの政策的なものや、予算・経理などの内部的なものから、県税の賦課徴収、用地交渉、福祉のケースワーカーといった対外的なものまで、広範囲にわたります。より幅広い視野から県政を考えられるよう人事異動では様々な職場を経験し、県庁(本庁舎)と地域機関等との異動も積極的に進められています。

先輩職員の声

行政事務1(平成27年度) 行政事務2(平成27年度)
行政事務1(平成26年度) 行政事務2(平成26年度)
行政事務1(平成25年度) 行政事務2(平成25年度)
行政事務1(平成24年度)
 行政事務2(平成24年度)

警察事務

警察事務のぐんまちゃん画像


 警察事務で採用されると、警察本部または警察署に勤務し、警察官とともに群馬県の治安維持のため、多岐にわたる業務に携わります。
 職務内容としては、警察職員の給与や諸手当の支給、福利厚生、備品の管理のほかに各種届出の受理、運転免許証にかかわる事務、交通安全施設の管理、統計事務、指紋の照合、鑑定、写真撮影など広範囲にわたる様々な分野があります。警察事務職員は、年々変化する時代の流れに対応し、色々な分野で持てる力を発揮して仕事をしています。

先輩職員の声

学校事務

学校事務のぐんまちゃん画像


 学校事務で採用されると、県内の市町村立の小・中・特別支援学校及び県立学校、中等教育学校に配属されます。
 職務内容としては、学校職員の給与や諸手当の支給、福利厚生、予算や備品などの管理、県立学校における図書館事務のほか、学校運営全般にわたる仕事をしています。教育に直接携わりませんが、子ども達を育てる使命感をもって仕事をしています。

先輩職員の声

森林

森林のぐんまちゃん画像


 森林で採用されると主に環境森林部に配属されます。
 職務内容としては、森林に関する計画立案や整備、木材やきのこ生産など林業・林産業の振興、林業技術の普及、治山工事や林道の整備、緑化の推進、自然環境の保全・自然解説業務、野生鳥獣の保護管理や鳥獣被害の対策などを行います。

先輩職員の声

 農業

農業のぐんまちゃん画像


 農業で採用されると主に農政部に配属されます。
 職務内容としては、豊かで活力のある農業・農村の振興のため、各種施策の推進や優れた技術・品種の開発と普及指導等を行い、安全な「食」づくり、次代の担い手の養成や、競争力のある産地づくりを支援します。

先輩職員の声

 畜産

畜産のぐんまちゃん画像


 畜産で採用されると、主に農政部に配属されます。
 畜産物の生産・流通に関する振興施策の企画立案とその推進、生産技術の普及指導、畜産環境の保全、県営牧場の運営管理、家畜等に関する試験研究などの仕事を行います。

先輩職員の声

化学

化学のぐんまちゃん画像


 化学で採用されると、主に環境森林部や産業経済部に配属されます。
 環境森林部及び環境森林事務所、環境事務所では、群馬県の環境を保全するため、大気・水質汚染等の環境監視・調査をはじめ、工場等における環境保全対策や廃棄物処理等に関する監視・指導などの仕事をしています。
 また、産業経済部の産業技術センターや繊維工業試験場では、中小企業への技術支援のため、時代の要請に応じたプロジェクト研究や企業からの依頼に基づく試験・研究・分析・技術相談を行うほか、技術に関する研修の企画・実施に携わります。
 その他、上下水道関係の事務所では、水質検査・水質管理や調査研究を、衛生環境研究所では、様々な調査・分析・研究の仕事を行います。

先輩職員の声

設備

設備のぐんまちゃん画像


 設備で採用されると、総務部、県土整備部、企業局等に配属されます。
 発電所や浄水場、水質浄化センターの建設・運転・保守管理を行うほか、県庁舎や病院、教育文化施設などの県有施設における、電気・機械設備の保守管理や改修工事などを行います。
 
 ※電気及び機械については、平成28年度職員採用試験より設備に統合されました。

先輩職員の声

建築

建築のぐんまちゃん画像


 建築で採用されると、主に総務部や県土整備部、教育委員会に配属されます。
 庁舎・学校・県営住宅など県有建物の設計・工事監理業務、建築基準法・都市計画法に基づく建築確認などの許認可事務、市町村の公営住宅関係の技術指導などを行います。

先輩職員の声

総合土木

総合土木のぐんまちゃん画像


 総合土木で採用されると、主に農政部、県土整備部、企業局に配属され、公共事業系業務を中心に、県民の生命財産を守るとともに、住みよい街及び環境づくりを担います。
 具体的には、農政部では、ほ場の区画整理、かんがい排水の整備等を行います。
 また、県土整備部では、道路・河川の整備及び管理、砂防施設・ダムの建設、土地区画整理・下水道建設等を行い、企業局では、団地の造成や、発電施設・水道・工業用水道施設の建設、運転管理等を行います。

先輩職員の声

薬剤師

薬剤師のぐんまちゃん画像


 薬剤師は、健康福祉部、環境森林部、県土整備部、企業局、病院局などの幅広い分野に配属され、専門知識を活かした仕事を行っています。
 健康福祉部及び環境森林部では、医薬品、食品等の安全確保対策や環境保全対策などの業務、衛生環境研究所及び食品安全検査センターでは調査研究や分析業務、消費生活センターでは商品テストや啓発事業の業務に携わっています。また、県土整備部及び企業局では公共下水道や水道水の水質管理業務など、病院局では県立病院において服薬指導業務や調剤業務を行っています。

先輩職員の声

獣医師

獣医師のぐんまちゃん画像


 獣医師は、健康福祉部、農政部及び環境森林部に配属されます。
 健康福祉部関連では、保健福祉事務所や衛生環境研究所、食肉衛生検査所等で食品衛生、生活衛生、と畜・食鳥検査、動物愛護、狂犬病予防、感染症対策等の幅広い分野で専門知識を活かした仕事をしています。
 農政部関連では、農業事務所(家畜保健衛生課)や家畜衛生研究所等で家畜伝染病等の検査、飼養衛生管理技術の調査・指導、畜産物の安全性向上のための仕事をしています。また、浅間家畜育成牧場で牛の育成、畜産試験場では畜産全般に関する新技術の開発・普及の仕事をしています。
 環境森林部関連では、ニホンザルやツキノワグマ等の保護管理や負傷した野生鳥獣等の救護、治療を行い、自然復帰をしています。

先輩職員の声

心理判定員

心理判定員のぐんまちゃん画像


 心理判定員は、児童相談所、心身障害者福祉センター、こころの健康センター、発達障害者支援センター、精神医療センターなどの相談機関や医療機関等に配属され、専門的な知識と技術を活かした仕事をしています。
 対象年齢は幼児から成人(高齢者も含む)までと幅広く、相談内容も、様々な障害から児童のあらゆる相談と多岐にわたっており、心理検査、心理判定、心理治療(カウンセリング)などを医師や関係職員、関係機関と連携しながら行っています。
 いずれも深く幅広い専門知識や治療技術が求められていますが、社会環境が複雑化、多様化する中で、心理判定員の役割はますます重要になっており、活躍の場が広がっています。

先輩職員の声

栄養士

栄養士のぐんまちゃん画像

 栄養士は、保健福祉事務所や保健予防課、食品安全局において、行政栄養士として公衆栄養の業務を担当しています。
 また、しろがね学園や県立病院、警察学校において、栄養指導、栄養管理、給食管理業務を担当しています。

先輩職員の声


学校栄養士

学校栄養士のぐんまちゃん画像


 学校栄養士は、県内の公立の小・中・特別支援学校、あるいは市町村の共同調理場(給食センター)に配属されます。
 具体的な業務は、栄養バランスのとれた安全でおいしい食事を提供するため、給食主任等と協力して学校給食や寄宿舎における食事の献立表作成、食材や調理場の安全・衛生管理などです。また、職員会議等での助言や資料提供、児童生徒への食に関する指導、保健福祉事務所や社会教育団体と連携しての各種事業の企画などを行い、児童生徒の健全な発育に寄与しています。

先輩職員の声

保健師

保健師のぐんまちゃん画像


 保健師は、主に保健福祉事務所に配属され、精神保健、結核予防、難病対策、母子保健、児童相談業務等を担当し、各業務ごとに家庭訪問、健康相談、健康教育等を地域のニーズに応じて企画立案し、実施しています。
 近年の状況としては、各保健福祉事務所管内の保健・医療・福祉の連携や企画調整、調査研究に携わり、地域保健のコーディネーターとしての重要な業務を担当し、県民の健康の守り手として活躍しています。
 また、保健福祉事務所以外に、県庁内各課やこころの健康センター等地域機関にも保健師の活躍の場が増えており、専門性を発揮する場面が多くなっています。

先輩職員の声

 福祉

福祉のぐんまちゃん画像


 福祉で採用されると、児童相談所、保健福祉事務所、ぐんま学園、心身障害者福祉センターに配属されます。 
 児童福祉や生活保護、障害者福祉などのケースワークのほか、児童相談所一時保護所や児童自立支援施設の入所児童の生活指導を行います。 また、福祉施策に関する企画立案・推進等の業務も行います。

先輩職員の声

保育士・児童指導員

保育士・児童指導員のぐんまちゃん画像


 保育士・児童指導員は、主に知的障害児施設しろがね学園に配属されます。
 しろがね学園は入所施設であり、一人ひとりの発達を目指し、個々の発達段階や身体状況に応じた生活支援を行っており、音楽療法・感覚統合法・動作法等の技法に基づいた専門性の高い療育を提供しています。また、入所児童だけでなく、在宅の障害児を視野に入れた支援も行っており、県内知的障害児施設の中心的役割を担うよう期待されています。

先輩職員の声

採用情報トップに戻る

このページについてのお問い合わせ

人事委員会事務局
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2745
FAX 027-221-6247
jini@pref.gunma.lg.jp