知事の動き

大澤知事の県政運営の動きを写真付きで紹介します。
(最新の10件を表示しています。)

ぐんま県境稜線トレイル検討委員会

【6月22日 15:00 市町村会館(前橋市)】

 県や所在町村、関係団体等が協働して、国内唯一となる稜線100kmのロングトレイル「ぐんま県境稜線トレイル」の魅力を発信し、交流人口の増加と地域の活性化を図ることを目的とした検討委員会が設立されました。  主催者として出席した大澤知事は、「群馬県にしかないオンリーワンを目指し、また、国内だけではなく、世界に対しても力強くアピールできるよう、皆さまと一緒に活用方法や整備方法を考えていきたいと思います」とあいさつしました。

写真:あいさつをする大澤知事

尾瀬保護財団に対する寄付金受納式

【6月21日 10:30 県庁・秘書課第1応接室】

 株式会社群馬銀行とDIAMアセットマネジメント株式会社から自然環境保護ファンド(愛称:尾瀬紀行)の信託報酬の一部が、公益財団法人尾瀬保護財団に寄付されました。

写真:寄付金目録をを受け取る大澤知事

 財団の理事長である大澤知事は、「『尾瀬紀行』からのご寄付も今回で10回目となり、長年にわたるご協力に心から感謝申し上げます。尾瀬の貴重な自然を守るため、入山者に対するマナー啓発や自然解説活動、さらには深刻となっているニホンジカの食害対策に有効に活用させていただいております。財団は昨年創立20周年の節目を迎えました。これからも、尾瀬の保護と適正利用のために尽力してまいりますので、引き続き皆さま方のご協力をお願い申し上げます」とあいさつし、感謝状と記念品を贈呈しました。

写真:出席者と記念撮影をする大澤知事

地域別市町村懇談会(吾妻)

【6月20日 14:30 草津国際スキー場天狗山レストハウス】

 本年度1回目となる地域別市町村懇談会が、草津町で開催されました。

あいさつする大澤知事

 中之条町長、長野原町長、嬬恋村長、草津町長、高山村長、東吾妻町長と各町村議会議長、県議会議員らが一堂に会し、本県への移住、定住の促進、林業活性化、高等学校統合などにかかわる地域の問題について、活発な意見交換が行われました。

第38回日本保育協会関東地区保育者研修会懇親会

【6月16日 18:30 高崎ビューホテル】

 第38回日本保育協会関東地区保育者研修会懇親会が行われました。来賓として出席した大澤知事は、「少子化に伴う人口減少への対策が、我が国の喫緊の課題と位置づけられ、保育・子育て支援の重要性がますます高まっております。子育て環境の変化や保育制度の変革期にある中で、保育の現場を支える皆さまのご尽力に心より感謝申し上げます」と祝辞を述べました。

写真:祝辞を述べる大澤知事

群馬県議会議長・副議長就任披露

【6月16日 11:00 議会議事堂展示ホール】

 群馬県議会の星野寛議長と、橋爪洋介副議長の就任披露が行われました。大澤知事は、「平成28年度は、群馬県総合計画・群馬県版総合戦略が実質的にスタートした年であります。しっかりと現場目線で、皆さんといろんな考え方を議論し合い、国とも連携を取りながら取り組んでいきたいと思っておりますので、議員の皆さまのなお一層のご協力・ご指導をお願い申し上げます」と祝辞を述べました。

写真:あいさつをする大澤知事

平成28年度関東ブロック商工連連絡協議会全体会議

【6月8日 13:30 ホテルメトロポリタン高崎】

 関東地域の11都県の商工会連合会の関係者が一堂に会し、関東ブロック商工連連絡協議会全体会議が開催されました。来賓として出席した大澤知事は祝辞の中で、「本県は、地域の活性化と雇用の原動力である小規模企業に、元気に活躍してもらうことが大切であるという認識の下、本年4月に『群馬県小規模企業振興条例』を施行いたしました。この条例の理念に基づき、きめ細かい振興施策に積極的に取り組んでまいります。そのためには、地域経済を支えておられる商工会の皆さまとの連携が不可欠ですので、今後とも一層のご理解とご協力をよろしくお願いします」と述べました。

祝辞を述べる大澤知事

表敬訪問(群馬県酒造組合・全国新酒鑑評会入賞蔵元)

【6月7日 14:00 県庁・秘書課会議室】

 今年の全国新酒鑑評会で本県の銘柄が金賞3点を含む14点入賞し、その報告のため、群馬県酒造組合の柳沢光雄会長や入賞銘柄の蔵元代表者らが県庁を訪れました。  大澤知事は、「今年は出品されたものの9割近くが入賞したということで、改めて『群馬の地酒』のレベルの高さを感じるところです。今後とも、高い志とこだわりを持って酒造りに取り組み、『群馬の地酒』のさらなるレベルアップに努め、そのすばらしさを国内外にPRしファンを増やしていただきたいと思います」とあいさつしました。

写真:柳沢会長らと記念撮影をする大澤知事

第70回群馬県植樹祭

【5月28日 10:00 友好の森(川場村)】

 「そだてよう 大地をつつむ ゆたかな緑」をテーマに、第70回群馬県植樹祭が川場村の友好の森で開催されました。

写真:あいさつする大澤知事

 大澤知事は、「健全な森林は大地や水を育み、私たちの安全で安心な生活を支える重要な基盤です。県では、森林の適正管理を促進するとともに、平成26年度から『ぐんま緑の県民税』を導入し、これまで手入れの行き届かなかった奥山や水源地域の森林整備に取り組んでいます。今後も県民共有の財産である森林を保全し、健全で活力ある豊かな森林を次世代に引き継いでいけるよう努めてまいりますので、皆さまの一層のご協力をお願いします」とあいさつし、式典後、緑の少年団の子どもたちとカツラの苗木を植樹しました。

写真:植樹をする大澤知事

表敬訪問(リオデジャネイロオリンピック水泳日本代表選手)

【5月26日 13:30 県庁・秘書課第1応接室】

 8月にリオデジャネイロで開催される第31回オリンピック夏季競技会に、代表選手として選出された、水泳日本代表の内田美希選手が県庁を訪れました。

写真:内田選手を激励する大澤知事

 内田選手からオリンピックに向けた抱負を聞いた大澤知事は、「(オリンピック出場は)内田選手ひとりの努力は当然のことでありますが、今日お集まりの皆さま方の支えがあってのことだと思います。ご尽力に心から敬意を表します。内田選手は4年前にロンドンオリンピックに出場し、7位入賞されたわけであります。200万県民と応援していますので、今度は是非首から下げるものを持って帰っていただければと心から期待しています」と激励しました。

写真:内田選手との記念撮影

第8回沖縄国際映画祭グランプリ受賞報告(下仁田町長)

【5月25日 13:30 県庁・秘書課第1応接室】

 下仁田町を紹介した作品「至高のすき焼き」が、第8回沖縄国際映画祭の「JIMOT CM COMPETITION Eat&Smile部門」でグランプリを受賞し、その報告のため、金井下仁田町長やCMに出演したお笑い芸人のアンカンミンカンの2人などが大澤知事を訪れました。受賞したCMを視聴した大澤知事は、すき焼きの具に豚肉が使われていることや、すべての食材が下仁田で生産されたものであることに関心を持ち、町長らに質問をするなどして、懇談しました。

写真:下仁田町長らと記念撮影をする大澤知事

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2161
FAX 027-243-3600
kouhouka@pref.gunma.lg.jp