知事の動き

大澤知事の県政運営の動きを写真付きで紹介します。
(最新の10件を表示しています。)

群馬イノベーションアワード2016

【12月3日 15:00 ヤマダグリーンドーム前橋】

 次世代を担う起業家を発掘する「群馬イノベーションアワード2016」のファイナルステージが開催されました。

写真:プレゼンテーションの様子

 大澤知事は、最終審査に残った16組のファイナリストのプレゼンテーションに耳を傾け、最高賞である大賞のプレゼンターを務めました。

写真:大賞受賞者と知事のフォトセッション

 大賞には、除草効果を持ったウッドチップモルタル平板の開発販売プランを発表した、群馬大学大学院の平塚育翔(いくと)さんが輝きました。

第26回群馬県歯科保健大会

【11月29日 13:00 群馬会館(前橋市)】

 26回目となる群馬県歯科保健大会が開催されました。主催者として表彰式典に出席した大澤知事は、「県では、本年9月に『健康寿命の延伸 県民運動』として『ぐんま元気の5か条』を制定し、その第5条を『いい歯を保って いつも笑顔』として、歯科口腔(こうくう)保健の重要性を呼びかけています。本大会を契機に、地域における歯科口腔保健活動が一層強化されることを期待申し上げます」とあいさつしました。

写真:あいさつする大澤知事

ANA Tastes of JAPAN 記者発表会

【11月28日 13:30 高崎ビューホテル】

 日本各地の食や文化を国内外に発信し、地域活性化・訪日旅客増加に貢献することを目的とした「Tastes of JAPAN by ANA」プロジェクトにおいて、12月からの3ヶ月間、群馬県が特集されることをPRするための記者発表会が開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 来賓として出席した大澤知事は、「本県では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、今後さらに増加すると見込まれる外国人観光客の誘客に特に力を入れております。そのような中で、このたびのプロジェクトにおきまして群馬の観光や物産の魅力を国内外に発信していただけることは、誘客促進の大きな後ろ盾になると思っております。このプロジェクトを機に、たくさんの方々が群馬を訪れてくれることを、大いに期待しております」と挨拶しました。

写真:フォトセッションの様子

ぐんまコンベンションフォーラム

【11月24日 14:00 エテルナ高崎】

 ぐんまコンベンションフォーラムが開催され、主催者として大澤知事が出席しました。

写真:あいさつする大澤知事

 知事は、「県では、交流人口の増加による経済効果のほか、企業のビジネスチャンスの拡大や新たな雇用の場の創出なども期待できるコンベンションに関する取り組みを積極的に進めています。コンベンションにより地域を活性化させるためには、産学官民が一体となって取り組むことが重要でありますので、あらためて皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます」とあいさつしました。

写真:パネルディスカッションの様子

その後、MPI Japan Chapter 会長の山本牧子氏による基調講演や「コンベンション開催における地域の取り組み」をテーマにパネルディスカッションが行われました。

平成28年度第1回総合教育会議

【11月8日 13:00 県庁・審議会室】

 知事と教育委員が構成員となり、相互の十分な意思疎通を図り、地域の教育の課題やあるべき姿を共有することを目的とした、総合教育会議が開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 主宰者として出席した大澤知事は、「本県では今年4月に『第15次群馬県総合計画』をスタートさせました。『限りない可能性を大きくはばたかせ、群馬の未来を創生する』という基本理念のもと、『群馬の未来を担う子ども・若者の育成』を政策の一つと掲げまして、取り組みを進めています」とあいさつしました。

高崎おかみさん会創立15周年記念祝賀会

【11月7日 19:00 ホテルメトロポリタン高崎】

 女性の視点を生かした元気ある街づくりを進めるため、高崎市内の女性経営者らが結成した「高崎おかみさん会」の創立15周年を記念した祝賀会が開催されました。来賓として出席した大澤知事は、「会員の皆さんが協力しつつ、お互いに切磋琢磨しながら、高崎の魅力を引き出し、発信することにより、地域活性化の原動力になっていただいています。これまでの皆さんのご尽力に深く敬意を表します。群馬県では、人口減少対策に挑むため、先人が遺してくれた可能性を生かして、『人、モノ、情報』を呼び込む発想で、『第15次群馬県総合計画』を今年4月にスタートさせたところです。本県の交流拠点である、ここ高崎市においては、群馬県を大きくはばたかせる社会インフラとして、コンベンション施設の整備を進めるなど、全庁一丸となって取り組んでいるところです」と祝辞を述べました。

祝辞を述べる大澤知事

知事・市町村長懇談会

【11月7日 15:00 市町村会館(前橋市)】

 県内の市町村長が一堂に会し、大澤知事との懇談会が開かれました。

写真:あいさつする大澤知事

 懇談会では、県の主要施策について説明がなされた後、県と市町村の連携が不可欠な認知症対策及び防災対策について意見交換が行われました。この他、公立学校へのスクールソーシャルワーカーの配置や企業誘致などについても意見が交わされました。

写真:意見交換の様子

平成28年秋の叙勲・褒章等伝達式

【11月4日 13:30 昭和庁舎正庁の間】

 秋の叙勲・褒章並びに危険業務従事者叙勲に係る勲章・褒章の伝達式が行われました。地方自治や消防、保健福祉、労働の分野で功績のあった44名の本県受章者に対して大澤知事から、勲章・褒章と勲記・褒章の記が手渡されました。

伝達を行う大澤知事

第26回ぐんまマラソン

【11月3日 7:30 正田醤油スタジアム群馬ほか(前橋市)】

 県内外から1万5千人を超えるランナーが参加し、第26回ぐんまマラソンが開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 主催者として開会式に出席した大澤知事は、「参加者の皆さまには、群馬の雄大な景色を背景に、それぞれの目標に向かって、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮し、無事ゴールされることを心よりご期待申し上げます」とあいさつしました。  開会式終了後、知事はフルマラソンのスターターを務め、走り出す参加者を見送りました。

写真:スターターを務める大澤知事

知事と群馬県市議会議長会との懇談会

【11月2日 14:30 市町村会館(前橋市)】

 地域の活性化に役立てるため、大澤知事と群馬県市議会議長会との懇談会が開かれました。

写真:あいさつする大澤知事

 県内12市議会の議長から、幹線道路等の社会資本整備、防災対策の促進、地域医療の充実などに関する要望が行われました。要望の多かった社会資本整備について大澤知事は、「東毛広域幹線道路についてはこの7月、高崎駅東口から館林ICまでの全線を4車線化し、上武国道や西毛広域幹線道路についても今年度中に全線を事業化することとしています。厳しい財政事情ではありますが、成長基盤となる7つの交通軸の整備を着実に進めていきたいと考えています」と述べました。

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2161
FAX 027-243-3600
E-mail kouhouka(at)pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部を変更しております。
お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてください。