知事の動き

大澤知事の県政運営の動きを写真付きで紹介します。
(最新の10件を表示しています。)

第23回群馬県消防ポンプ操法競技大会

【8月20日 9:00 消防学校(前橋市)】

 第23回群馬県消防ポンプ操法競技大会が、消防学校において開催されました。この大会は、有事に即応した消防技術の向上と、消防団員の士気の高揚を図ることを目的に、2年に1度実施されるものです。大会の主催者として出席した大澤知事は、「消防団及び消防本部の皆さまにおかれましては、昼夜にわたり、県民の誰もが安全で安心できる暮らしの実現に向けてご尽力をいただいておりますことに、心から感謝を申し上げます。これまでの訓練の成果を思う存分に発揮され、すばらしい大会となりますよう期待しております」とあいさつしました。

写真:あいさつをする大澤知事

 その後、県内11地区で予選を勝ち抜いた代表消防団が、ポンプ車及び小型ポンプの操法において、迅速性や技術力を競い合いました。

写真:消防ポンプ操法競技の様子

県戦没者追悼式

【8月15日 11:50 ALSOKぐんまアリーナ(前橋市)】

 平成28年度群馬県戦没者追悼式が行われ、参列した遺族など約1,700人が戦没者に哀悼の誠をささげるとともに、世界の恒久平和の確立を祈念しました。

写真:追悼式の様子

 大澤知事は、「我が国の今日の平和で豊かな社会は、祖国の礎となられた尊い犠牲の上に築かれたものであることを、私たちは決して忘れてはなりません。これまで先人たちが築き上げてきた歴史、文化を大切にし、郷土群馬のさらなる飛躍のために、全霊を傾けて取り組んでいくことをお誓い申し上げます」と式辞を述べました。

写真:献花する大澤知事

日航機事故ご遭難者慰霊登山/追悼慰霊式

【8月12日 15:10 御巣鷹の尾根/18:00 慰霊の園(上野村)】

 乗客・乗員520人の尊い命が犠牲になった日航機事故から31年がたったこの日、大澤知事は、慰霊登山を行い、御巣鷹の尾根にある「昇魂の碑」の前で、犠牲になった方の冥福と航空機の安全な運航を祈り、手を合わせました。

写真:昇魂の碑に献花する大澤知事

 その後、慰霊の園での追悼慰霊式に出席した知事は、追悼の辞を述べるとともに、献花を行いました。

写真:追悼の辞を述べる大澤知事

山の日記念「21世紀の森まつり」

【8月11日 10:30 21世紀の森(沼田市、川場村)】

 今年の8月11日から国民の祝日「山の日」がスタートし、それを記念した「21世紀の森まつり」が開催されました。来賓として出席した大澤知事は、「群馬県では以前から国民の祝日としての「山の日」の実現に向け、国に働きかけて参りました。その取り組みが実を結び、国民の祝日「山の日」が制定され、本日、記念すべき日を迎えることができました。山の日の制定を契機として、県民共有の財産である豊かな森林や美しい自然を見つめ直し、その恵みに感謝するとともに、森林を活用しながら、多様な自然生態系を次の世代に引き継いでいくことは、私たちの責務でもあります。また、山や森林の素晴らしさを積極的に県内外に発信をし、交流を活発化させることによりまして、地域の活性化に繋げていきたいと考えております」と祝辞を述べました。

祝辞を述べる大澤知事

 イベントの開会に先立ち、知事ほか関係者による記念植樹が行われました。

植樹する大澤知事

世界遺産・ぐんま絹遺産継承基金に対する寄附金受納式

【8月1日 10:30 県庁・秘書課第1応接室】

  株式会社群馬銀行と大和住銀投信投資顧問株式会社から富岡製糸場・絹産業遺産群保護活動応援ファンド(愛称:群馬の絹遺産)の信託報酬の一部が、「富岡製糸場と絹産業遺産群」と「ぐんま絹遺産」の保存、活用のために寄附されました。

寄附目録を受ける大澤知事

 大澤知事は、「この寄附も2回目となりますが、世界遺産の『富岡製糸場と絹産業遺産群』や、群馬県の各地に残っています『ぐんま絹遺産』の保存整備に活用させていただいております。今も、富岡製糸場の西置繭所の大改修を行っておりますが、このような保存改修は長きにわたりますので、引き続き皆さま方のご支援を心からお願いいたします。本日は、大変ありがとうございました」とあいさつし、感謝状を贈呈しました。

感謝状を贈呈する大澤知事

平成28年度群馬県税務功労者表彰式

【7月25日 14:00 昭和庁舎正庁の間】

 本年度の税務功労者表彰式が行われ、58の個人と団体に表彰状が、16の団体に感謝状が贈られました。

写真:表彰状を授与する大澤知事

 大澤知事は、「人口減少を克服し、本県が持続的に発展していくためには、貴重な自主財源である県税収入の確保がますます重要となっております。今後とも皆さま方には、本県の発展のためにご支援とご協力をお願いいたします」と式辞を述べました。

写真:式辞を述べる大澤知事

群馬県立歴史博物館リニューアルオープンセレモニー

【7月23日 10:00 同所(高崎市)】

 施設改修のため平成26年10月から休館していた県立歴史博物館がリニューアルオープンしました。

写真:あいさつする大澤知事

 オープンセレモニーに出席した大澤知事は、「群馬県は古代東国文化を代表する『上野三碑』や、世界文化遺産の『富岡製糸場と絹産業遺産群』など、世界に誇るべき歴史文化遺産が数多くあります。歴史博物館ではこうした群馬の歴史を県内外に発信し、さらに、各地に今も残る遺産へと誘う役割を担っていきたいと考えています」とあいさつしました。

写真:関係者とテープカットをする大澤知事

 その後、セレモニーに招待された地元の小学生とともに、館内の見学をしました。

写真:館内を見学する大澤知事

表敬訪問(リオデジャネイロオリンピック馬術日本代表選手)

【7月22日 14:30 県庁・秘書課第1応接室】

 リオデジャネイロオリンピックに、馬術日本代表として選出された、高橋正直選手が県庁を訪れました。

写真:大澤知事へ抱負を述べる高橋選手

 高橋選手から抱負を聞いた大澤知事は、「(オリンピック)出場決定後、ドイツなどで調整されているということですが、万全な態勢でオリンピックに臨み、晴れの舞台で思い切り戦っていただきたいと思います」と激励しました。

写真:高橋選手との記念撮影

群馬経済同友会創立60周年記念式典

【7月15日 15:00 ホテルメトロポリタン高崎】

 県内外の諸問題について、調査研究に基づく様々な提言を行っている群馬経済同友会が、創立60周年を記念する式典を開催し、大澤知事が来賓として出席しました。

祝辞を述べる大澤知事

 知事は、「本年は、人口減少対策を土台に据えた、新たな県政の羅針盤となります新総合計画、さらには群馬県版総合戦略のスタートの年であります。県では、人口減少社会にあっても県民が豊かに安心して暮らせるよう、『地域を支え、経済、社会活動を支える人づくり』、『誰もが安全で安心できる暮らしづくり』、『恵まれた立地条件を活かした産業活力の向上、社会基盤づくり』を基本目標として、未来の発展を見据えた施策に全力で取り組みます。こうした取り組みを着実に前進させていくためには、貴会をはじめとする関係団体や企業の皆さまとの連携が不可欠であります」と祝辞を述べました。

表敬訪問(ぐんま県民コンサートのプロデューサー中嶋彰子氏)

【7月15日 10:00 県庁・秘書課会議室】

 7月18日(月)、大泉町文化むらにおいて、群馬交響楽団県民コンサート「歌の力『みんなで作るオペラの世界』」が開催されることに先立ち、ぐんま県民コンサートのプロデューサーである中嶋彰子氏が大澤知事のもとを訪れました。

写真:懇談する大澤知事

 中嶋氏からのあいさつと説明を受けた大澤知事は、「今回のコンサートは、舞台と観客が歌の力で一体となってコンサートを作り上げていくということで、まさに県民のためのコンサートであるという思いがしております。これを機会に、多くの県民の方にオペラのすばらしさを知っていただけるよう期待しております」と激励しました。

写真:中嶋氏との記念撮影

このページについてのお問い合わせ

総務部広報課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2161
FAX 027-243-3600
kouhouka@pref.gunma.lg.jp