本文へ
大澤正明
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

平成29年度

8月の主な活動

県戦没者追悼式

11:50 ALSOKぐんまアリーナ(前橋市)

 平成29年度群馬県戦没者追悼式が行われ、参列した遺族など約1,700人が戦没者に哀悼の誠をささげるとともに、世界の恒久平和の確立を祈念しました。

写真:式辞を述べる大澤知事

 大澤知事は、「我が国の今日の平和で豊かな社会は、祖国の礎となられた尊い犠牲の上に築かれたものであることを、私たちは決して忘れてはなりません。これまで先人たちが築き上げてきた歴史、文化を大切にし、郷土群馬のさらなる飛躍のために、全霊を傾けて取り組んでいくことをお誓い申し上げます」と式辞を述べました。

写真:献花をする大澤知事

日航機事故ご遭難者慰霊登山/追悼慰霊式

15:10 御巣鷹の尾根/18:00 慰霊の園(上野村)

 乗客・乗員520人の尊い命が犠牲になった日航機事故から32年がたったこの日、大澤知事は、慰霊登山を行い、御巣鷹の尾根にある「昇魂之碑」の前で、犠牲になった方の冥福と航空機の安全な運航を祈り、手を合わせました。

写真:昇魂之碑に献花する大澤知事

 その後、慰霊の園での追悼慰霊式に出席した知事は、追悼の辞を述べるとともに、献花を行いました。

写真:追悼の辞を述べる大澤知事

第2回山の日記念「21世紀の森まつり」/稜線トレイル名称発表除幕式

11:00 21世紀の森(沼田市、川場村) 

 第2回山の日記念「21世紀の森まつり」が開催され、来賓として大澤知事が出席しました。

写真:祝辞を述べる大澤知事

 メインセレモニーでは、県が県境の山岳地帯で整備を進めている稜線トレイルコースの正式名称「ぐんま県境稜線トレイル」の発表除幕式も行われ、大澤知事は「ぐんま県境稜線トレイルは、本県の豊かな自然環境と山の魅力を活用する国内最長の稜線ロングトレイルです。稜線トレイルと周辺の温泉や観光地、ラフティングなどのアウトドアスポーツと連携して魅力を発信し、新たな産業や雇用の創出、地域の活性化などにつなげていきたいと考えています」とあいさつしました。

写真:除幕式の様子

世界遺産・ぐんま絹遺産継承基金に対する寄附金受納式

10:00 県庁・秘書課第1応接室

 株式会社群馬銀行と大和住銀投信投資顧問株式会社から富岡製糸場・絹産業遺産群保護活動応援ファンド(愛称:群馬の絹遺産)の信託報酬の一部が、「富岡製糸場と絹産業遺産群」と「ぐんま絹遺産」の保存、活用のために寄附されました。

写真:寄附目録を受け取る大澤知事

 大澤知事は、「この寄附も3回目となりますが、世界遺産の『富岡製糸場と絹産業遺産群』をはじめ、県内の各地に残っています『ぐんま絹遺産』の保存整備に有効に活用させていただいております。現在、富岡製糸場では西置繭所の改修を行っており、各資産の保存改修も精力的に取り組んでいるところでありますが、このような保存改修は長きにわたりますので、引き続き皆さま方のご支援を心からお願いいたします。本日は、大変ありがとうございました」とあいさつし、感謝状を贈呈しました。

写真:感謝状を贈呈する大澤知事

表敬訪問(全国高等学校野球選手権大会出場 前橋育英高等学校)

13:00 県庁・正庁の間

 第99回全国高等学校野球選手権大会への出場を決めた前橋育英高等学校野球部の監督や選手の皆さんが県庁を訪れ、大澤知事に出場報告をしました。大澤知事は、「一戦一戦積み上げて、優勝を果たした平成25年のように群馬を頂点に持って行っていただきたいと思っています。200万県民とともに応援しますので、ぜひ、思う存分、力を発揮してくれることを期待しています。頑張ってください」と選手を激励しました。

写真:選手たちと記念撮影をする大澤知事

過去の活動

平成29年度
以前の「知事の動き」