本文へ
大澤正明
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

平成28年度

2月の主な活動

表敬訪問(第89回選抜高等学校野球大会出場報告 前橋育英高等学校・高崎健康福祉大学高崎高等学校)

15:00 県庁・正庁の間

 3月19日に開幕する「春の選抜高校野球」に出場する前橋育英高等学校と高崎健康福祉大学高崎高等学校の野球部の皆さんが県庁を訪れ、大澤知事に大会出場を報告しました。

写真:選手を激励する大澤知事

 前橋育英の飯島大夢主将と健大高崎の湯浅大主将の決意表明を聴いた知事は、「育英と健大が決勝戦でぶつかることになれば、群馬県をあげての大騒ぎになると思います。その時は私も甲子園まで必ず行きますので、どちらも優勝を目指して頑張ってください」と激励しました。
 

群馬県町村議会議長会定期総会

13:30 市町村会館(前橋市)

 群馬県町村議会議長会の定期総会が開かれ、来賓として大澤知事が出席しました。知事は、「県では、人づくりをはじめとした未来への投資を着実に進め、群馬らしさを生かした豊かな社会を実現するため、平成29年度当初予算案を『ぐんまの未来創生予算』として編成したところです。引き続き、皆さまとしっかり連携しながら、群馬県のさらなる発展のため、全力で県政を進めてまいりますので、今後もご理解とご協力をお願いします」と祝辞を述べました。

写真:祝辞を述べる大澤知事

 なお、永年勤続議会議員7名に対し知事から感謝状が贈呈されました。

写真:感謝状を贈呈する大澤知事

表敬訪問(台北駐日経済文化代表処駐日代表)

14:00 県庁・秘書課第2応接室

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃちょうてい)駐日代表が群馬県庁を訪れました。

意見交換の様子

 大澤知事は、「群馬県では、彰化県、台中市、高雄市と友好交流協定を結び、経済的な交流促進に向けた取り組みを進めているところです。こうした取り組みを行うことにより、台湾から非常に多くの方が、観光やビジネス、さらには教育旅行などで本県を訪問していただき、現在、本県を訪問する外国人の半分が台湾の方々であり、非常にうれしく思っています。台湾は、本県にとって非常に重要な交流先であり、今後とも、交流を盛り上げていきたいと考えています」とあいさつしました。その後、観光誘客や農畜産物輸入規制解除などについて意見交換し、記念品を贈呈しました。

記念品を贈呈する大澤知事

県災害対策本部図上訓練

13:20 県庁・県民ホール

 大規模災害が発生した際に迅速かつ的確な対応が取れるよう、関係機関と合同して県災害対策本部図上訓練が行われました。参加者は、災害発生・支援要請等の仮想情報に基づき、それぞれの役割に応じて判断し、対処しました。

写真:訓練の様子

 本部長である大澤知事は講評の中で、「いざ災害が発生した際には、県民の生命・財産を守る活動、速やかな復旧のための対策、さらには二次被害の防止といったことからも、災害対策本部の迅速かつ的確な対応が求められます。本県の災害対応力を高めるため、それぞれが一層の努力を重ねるとともに、今後も顔の見える関係の維持をお願いします」と述べました。
 

写真:講評を述べる大澤知事

JA群馬青年部協議会役員と大澤知事の懇談会

10:00 県庁・秘書課第1応接室

 JA群馬青年部協議会役員の皆さんが県庁を訪れ、大澤知事に県内各JAの農産物を贈呈しました。

写真:農産物を受け取る大澤知事

 大澤知事は、「TPPは難しい状況になり、新たな貿易協定が取り沙汰されるなど、農業を取り巻く環境は先行き不透明になっています。そのような中、皆さんのような若い人が目標を持って取り組むことは、群馬の農業にとって大きな力となります。県としても、群馬の農業をしっかりと支えていきたいと思いますので、ご協力をお願いします」とあいさつし、その後、青年部役員の皆さんと懇談を行いました。

第41回群馬県スポーツ賞顕彰式

15:00 昭和庁舎・正庁の間

 スポーツ競技において優れた成果を挙げ顕著な功績のあった選手の方々に対し、大澤知事から顕彰状が授与されました。

写真:顕彰状を授与する大澤知事

 今回、スポーツ栄誉賞がリオデジャネイロオリンピックで入賞した2名及びエアロビック世界選手権大会で優勝した1名の選手に、また、優秀選手賞が国際大会や全国大会で素晴らしい成績を収められた132名の選手の皆さんに授与されました。
 知事は、「群馬県で育った多くの選手が全国や世界の舞台で活躍することは、私たちの誇りであり、県民に大きな感動や勇気を与えます。選手の皆さんは、すでに次の目標に向かってスタートしていることと思いますが、これからも体調管理に留意され、より良い結果を求めチャレンジを続けていただきたいと思います」と式辞を述べました。

写真:式辞を述べる大澤知事

群馬県女性団体連絡協議会新年会

12:00 ぐんま男女共同参画センター(前橋市)

 群馬県女性団体連絡協議会の新年会が開催され、来賓として大澤知事が出席しました。
 知事は、「県では、今まで群馬になかった産業を創出し、若者や女性が活躍できるよう、高崎でコンベンション施設の整備を進めています。男女ともに活躍できる群馬県となるようこれからもしっかり取り組んでいきたいと思っていますので、皆さま方のご指導を心からお願い申し上げます」とあいさつしました。

写真:あいさつする大澤知事

群馬県交通安全大会

14:00 伊勢崎市文化会館

 交通安全に携わる関係者が一堂に集まり、群馬県交通安全大会が開催されました。
 

写真:あいさつする大澤知事

 群馬県交通安全対策協議会長である大澤知事は、「本県における昨年の人身事故発生件数や負傷者数は12年連続で減少し、交通事故死者数も昭和28年の統計開始以来最小となりました。しかしながら、依然として、多くの尊い命が交通事故によって奪われておりますし、近年、高齢ドライバーが加害者となる割合も増加傾向にあります。県としても、『交通安全県・群馬』の確立に向けて、交通安全意識の高揚を図り、各種安全対策に全力で取り組んでまいります」とあいさつしました。
 大会では、多年にわたり交通安全に貢献し、顕著な功績のあった方々に対する表彰が行われました。
 

写真:表彰状を授与する大澤知事

平成28年度群馬県機械金属工業技術者表彰式

13:00 昭和庁舎・正庁の間

 県内の機械金属工業において、新技術の開発や生産技術の向上等に寄与された55名の方々が表彰されました。

写真:表彰状を授与する大澤知事

 受賞者に表彰状を手渡した大澤知事は、「受賞された皆さまにおかれましては、その卓越した技術力と豊富な経験をより一層生かし、今後ますますご活躍されますことをご期待申し上げます。併せて、後進の指導・育成にもご尽力をいただき、本県産業の発展になお一層のお力添えを賜りますようお願い申し上げます」と式辞を述べました。

写真:式辞を述べる大澤知事

県立障害者リハビリテーションセンター新棟完成記念式典

10:00 同所(伊勢崎市)

 県立障害者リハビリテーションセンターの新棟が完成し、記念式典に設置者である大澤知事が出席しました。

式辞を述べる大澤知事

 知事は、「この新棟は、医療的ケアが必要な重度障害者の生活支援や、専門的リハビリ訓練が必要な高次脳機能障害者の社会復帰の支援といったサービスの機能強化を目的に建設しました。人材育成も含め、県内の障害福祉施設の中核として重要な使命を果たしていきたいと考えております。今後も、障害の有無に関わらず、誰もがお互いを尊重し、共に暮らすことができる社会づくりのため、全力で取り組んでいきます」とあいさつし、式典終了後に新棟内を視察しました。

新棟内を視察する大澤知事

過去の活動

以前の「知事の動き」