本文へ
大澤正明
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

平成29年度

9月の主な活動

群馬県立歴史博物館 グランドオープン記念企画展

9:00 同所(高崎市)

 県立歴史博物館がグランドオープンし、記念企画展「海を渡って来た馬文化-黒井峯遺跡と群れる馬-」が開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 オープニングセレモニーに出席した大澤知事は、「古墳時代、渡来人によってもたらされた馬文化により、古代の東国はめざましい発展を遂げました。今回の展示内容は、古代東国の中心が、まさに、今の群馬県であったことを物語るものとなっております。本企画展に、多くの方々にご来場いただき、群馬が全国に誇る歴史への関心と理解を深めていただければ幸いです。また、古代東国の中心地であった、ふるさと群馬への誇りと愛着を育む機会となることを願っています」とあいさつしました。

写真:テープカットの様子

 その後、セレモニーの参加者らと館内の見学をしました。

写真:右島館長から展示物の説明を受ける大澤知事

障害者雇用促進トップセミナー

13:15 県民健康科学大学(前橋市)

 障害者雇用促進トップセミナーと障害者雇用優良事業所等表彰式が開催されました。
 主催者である大澤知事は、「障害者雇用優良事業所等表彰を受賞される皆さまには、他の企業の模範となる取り組みや、障害者にとって励みとなる努力を継続されていることに対しまして、深く敬意を表します。県では、第15次群馬県総合計画において、平成31年度における民間企業の障害者実雇用率2.3%を目標に掲げて取り組んでいるところであります。本県の障害者雇用は、皆さまのご努力により着実に進んでおりますが、一層充実させていくため、本日のトップセミナーを本県の障害者雇用の促進や職場定着のノウハウを考えていただく契機としていただきたいと思います」とあいさつしました。

写真:あいさつをする大澤知事
写真:表彰状を授与する大澤知事

第72回国民体育大会本大会群馬県選手団結団式

14:00 ALSOKぐんま武道館(前橋市)

 9月30日から愛媛県において開催される「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」に出場する本県選手団の結団式が行われました。

写真:あいさつをする大澤知事

 大澤知事は、「皆さんは、県内の予選会、激戦の関東ブロック大会を見事に勝ち抜いた群馬県の代表です。その誇りを胸に、持てる力を遺憾なく発揮してきてください。そして、明るく活気あふれる強い群馬を、全国にアピールしていただきたいと思います。スポーツは、観る者に夢や感動を与える素晴らしい力を持っており、私たち県民は、本県スポーツを牽引する皆さんの活躍に勇気をいただいております。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催まで3年を切りました。皆さんの中から一人でも多くの選手が日本代表として出場されることを期待しております」と選手団を激励しました。

写真:激励演奏をする安中総合学園高校和太鼓部

第13回群馬県雇用戦略本部

15:00 県庁・審議会室

 大澤知事を本部長とする雇用戦略本部の第13回会議が開催されました。
 「障害者雇用促進」「外国人材活用」「Gターン就職促進」「女性活躍・働きやすい職場環境づくり」をテーマとしたプロジェクトチームの検討内容が報告され、労働人口が減少している状況を踏まえた働き方改革について意見が交わされました。

写真:意見交換の様子

株式会社トマル寄附受納式

15:30 県庁・秘書課第1応接室

 本県を代表する養鶏企業である株式会社トマルから、本県の畜産業の振興と家畜防疫の推進のため、畜産研究機器(約2000万円相当)が寄附されました。

写真:寄附目録を受け取る大澤知事

 寄附された機器は、家畜衛生研究所と畜産試験場で活用されます。

(一財)柳澤農業教育振興基金伝達式

10:00 県立勢多農林高校(前橋市)

 今年5月に、本県農業の将来を見据え、貴重な中山間地農地を守り、自立できる新たな農業を目指す取り組みを支援することを目的として設立された「一般財団法人 柳澤農業教育振興基金」の奨励補助伝達式が、基金設立者である柳澤本次氏ご列席のもとに行われました。

写真:あいさつをする大澤知事

 来賓として出席した大澤知事は、「今回、県立勢多農林高校ならびに県立農林大学校に対し、多大なご支援を賜り、心より感謝申し上げます。両校に賜りました品々を有効に活用させていただき、魅力ある教育の実践はもとより、将来の群馬県農業を担う個性あふれる優れた人材を社会に送り出してまいる所存です。さらに、柳澤先生の熱い志を、次世代を担う若者にしっかりとつなげていくことが、先生に教えをいただいた我々に課せられた使命であると思っています。柳澤先生には、これからも変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます」とあいさつしました。

写真:出席者との記念撮影

群馬県コンベンション推進協議会

13:30 県庁・審議会室

  高崎競馬場跡地におけるコンベンション施設の整備や、展示会・見本市・国際会議等のコンベンションを官民協働で推進するために設置されている「群馬県コンベンション推進協議会」の第6回会議が開かれました。

写真:あいさつをする大澤知事

 会議を主宰する大澤知事は冒頭のあいさつで「コンベンション施設整備については、2020年春の開業を目指し、この8月に建設工事に係る入札公告をしたところです。施設整備と併せて、施設の管理運営体制や設置管理条例の制定に向けた検討を進めるとともに、県外から多くのコンベンションを誘致すべく、事前の誘致活動に取り組んでおります。県内で多くのコンベンションが開催されることで、交流人口の増加を図るとともに、新産業の創出、企業のビジネスチャンス拡大、若者や女性が活躍できる雇用の場の確保等に、引き続き、県としてもしっかりと取り組んでまいります」と述べました。
 会議では、コンベンション施設の管理運営や料金水準の考え方等について、活発な意見交換が行われました。

「敬老の日」長寿者慶祝訪問

11:00 渋川市内

 多年にわたり社会に貢献してこられた高齢者を敬愛し、その長寿を祝うため、「敬老の日」長寿者慶祝訪問が行われました。
 県内男性最高齢の、町田五作さん(106歳)を訪問した大澤知事は、「1世紀を超える激動の時代を生き抜かれてきたわけでありまして、自分の人生を切り開き、家族を支え、今日ある豊かな日本を築くためにご尽力をいただいたことに、心から敬意を表したいと思います。その影にはご家族の皆さんの力強い支えが大きかったものと思います。これからも健康には十分に留意され、長生きされていくことが、我々県民の励みになると思っていますので、ご家族と楽しく人生を過ごしてください」とお祝いの言葉を贈り、慶祝状と銀杯、花束を贈呈しました。

写真:慶祝状を贈呈する大澤知事
写真:記念写真の様子

表敬訪問(ベトナム国計画投資副大臣)

10:00 県庁・秘書課第2応接室

 平成28年2月に結ばれた「経済交流に関する覚書」に基づき、ベトナム社会主義共和国のチュン投資副大臣ほか、同国地方政府関係者が群馬県庁を訪れました。

写真:あいさつをする大澤知事

 大澤知事は、「昨年2月にハノイに訪問し、『経済交流に関する覚書』を締結して以来、群馬県内の企業が新たに2社ベトナムに進出を決定しておりますし、さらに10社の企業の皆さんから、新たにベトナムに進出したいという具体的な相談が寄せられています。今回のようなミッション団の受け入れや派遣等の人的交流や商談会、投資セミナー等を通じて、群馬県とベトナムがさらに経済交流を深める中、お互いが利益につながるようにしっかりと取り組んでいきたいと考えております」とあいさつしました。

写真:チュン投資副大臣との記念撮影
写真:記念撮影の様子

セ・リーグ公式戦(読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦)オープニングセレモニー

17:49 上毛新聞敷島球場(前橋市)

 セ・リーグ公式戦が前橋市で開催され、オープニングセレモニーに大澤知事が出席しました。知事は、読売ジャイアンツの重信選手と中日ドラゴンズの松井選手それぞれに上州和牛の目録(パネル)を贈呈しました。

写真:目録を贈呈する大澤知事
写真:両選手等と記念写真をする大澤知事

第59回全国りんご研究大会

13:00 渋川市民会館

 全国のりんご生産者や関係機関が一堂に会し、連帯と交流を深め、技術の研さんと知識の向上を図り、活力あるりんご産地の生産振興と発展に資することを目的とした、第59回全国りんご研究大会が群馬県で開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 大澤知事は、「群馬県では、豊富な水資源に恵まれ、耕地が標高10メートルの平たん地から1400メートルの高冷地に分布し、大消費地に近いという有利な立地条件を生かして、多彩な農業が展開されています。全国でも上位にある野菜や畜産物に加え、県北部地域においては、観光直売やもぎ取り園などによる、りんごの一大産地が築かれています。また、『ぐんま名月』や『陽光』など、県オリジナルの8品種を育成して生産振興を図っており、8月下旬から12月上旬までの長い期間に、収穫・販売が行われることを強みとしています。この群馬県に、全国のりんご生産者が一堂に会し、技術の研さんと知識の向上を図られますことは、誠に意義深いものであると考えています。皆さまには、この機会に大いに交流を深めていただきますようお願いします」と歓迎のあいさつを述べました。

平成29年度群馬県建設工事・委託業務等表彰式

10:30 昭和庁舎・正庁の間

 群馬県建設工事・委託業務等表彰式が行われ、県が発注し平成28年度に完成した建設工事や委託業務等の中で、他の模範となる極めて優秀な会社及び技術者の皆さんに大澤知事から表彰状が贈られました。

写真:表彰状を授与する大澤知事

 大澤知事は、「本日、受賞されました皆さま方におかれましては、県内各地における公共工事並びに今年度表彰制度を設けさせていただいた委託業務等において、卓越した技術力と創意工夫をもって、極めて高い品質を実現していただきました。より良いものを造り上げるための探究心と熱意、また、日々のご努力に敬意を表します」と式辞を述べました。

写真:式辞を述べる大澤知事

第45回福祉パレード中央集会

8:30 県庁・県民ホール

 知的障害児者への理解や支援を求めて、県内各市町村長にメッセージを届けるとともに、県民に向けたPRを行う福祉パレード隊が出発するにあたり、県庁において中央集会が開催されました。

写真:贈呈品を受け取る大澤知事

 福祉パレード実行委員長のメッセージのほか、施設や事業所で作られた野菜や陶器などを受け取った大澤知事は、「先ほどのメッセージにもありましたとおり、地域での生活や就労は今後ますます重要になると考えています。 障害の有無にかかわらず、お互いを尊重し、住み慣れた地域で自分らしく生活できる社会を実現するため、今後とも関係の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします」とあいさつしました。

写真:福祉パレードを見送る大澤知事

表敬訪問(関越交通(株)、成田国際空港(株)、成田発着LCC等)

13:30 県庁・秘書課会議室

 成田国際空港-群馬県内を結ぶ高速乗合バス「アザレア号」の一部の便が、インバウンド観光に対応するために伊香保温泉まで延伸されることになり、バス運行会社、成田国際空港、成田発着LCCの関係者が、PRのために県庁を訪れました。

写真:関係者と記念撮影をする大澤知事

平成29年度総合防災訓練

8:20 渋川市北橘総合グラウンド

 群馬県と渋川市は、関係機関との密接な連携・協力のもとに群馬県総合防災訓練を合同で実施しました。震災対応訓練とテロ対策訓練が行われ、大澤知事が統監を務めました。

写真:統監として巡閲する大澤知事

 災害への備えとして、各機関の対応や各機関相互の連携を確認しておくことが必要であるため、自衛隊、警察、消防、医療機関及び民間事業者が実際の災害を想定した訓練を行いました。また、地域の住民やボランティアの方々も参加し、災害時の備えや行動を確認しました。

写真:土砂に埋もれた車両からの救助訓練
写真:県防災ヘリ「はるな」によるホイスト救助訓練

 終了後、知事は「皆さんの真剣かつ機敏な動作は、災害時にも遺憾なく発揮されるものと、大変心強く、頼もしく感じました。県でも、引き続き全力を挙げて防災対策に取り組んでいきたいと考えています。皆さま方におかれましても、本日の訓練を踏まえ、県民の安全・安心のため、より一層のご精進をお願いします」と講評しました。

過去の活動

以前の「知事の動き」