本文へ
大澤正明
知事のページ
知事についてもっと知る
印刷

知事の動き

平成30年度

7月の主な活動

地域別市町村懇談会(高崎安中・多野藤岡地域)

14:30 藤岡商工会議所

 本年度2回目となる地域別市町村懇談会が、藤岡市で開催されました。

写真:挨拶をする大澤知事

 高崎市、藤岡市、安中市、上野村、神流町の各市町村長と市町村議会議長、地元選出の県議会議員らが一堂に会し、防災に資する河川改修の推進、幹線道路の整備促進、国保事業における保険税水準の統一と激変緩和措置の継続、森林レクリエーションエリアの整備、空き家対策などについて、活発な意見交換が行われました。

太田強戸スマートインターチェンジ及びパーキングエリア完成記念式典

10:00 太田強戸パーキングエリア内

 北関東自動車道太田強戸スマートインターチェンジ及びパーキングエリアの完成記念式典が開催され、来賓として大澤知事が出席しました。

写真:挨拶をする大澤知事

 知事は、「高速道路へのアクセスが飛躍的に向上するスマートインターチェンジと、地元の食材を生かしたフードコートや物販の店舗が設置されたパーキングエリアの完成は、本県の経済活動に大きな効果をもたらすとともに、観光振興にも大きく寄与するものと期待しております。県では引き続き、高速道路の効果を一層高める『7つの交通軸』の整備・強化を推進し、物流の効率化や県民生活の利便性向上を図り、より一層、群馬県を元気にしていきたいと考えております」と祝辞を述べました。

写真:テープカットの様子

ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)グランドオープニングセレモニー

10:50 同所(東京都)

 物産販売部門を6月12日に移転・先行オープンした群馬県アンテナショップ「ぐんまちゃん家」が飲食店「銀座つる」も含め、グランドオープンしました。

写真:あいさつをする大澤知事

 オープニングセレモニーに出席した大澤知事は、「(本日営業を開始した)『銀座つる』では、群馬県の上州和牛や旬の農産物を使った季節感のある料理のほか、県内各地の地酒も提供させていただきます。『食』を通じて群馬の魅力を感じていただける場所として、様々な機会にご利用していただければ幸いです。今後もぐんまちゃん家が皆さまに愛され、本県のファンが広がっていくよう、これまで以上に群馬の魅力発信にしっかりと取り組んでまいりますので、引き続き皆さまのご支援・ご協力をお願いします」とあいさつしました。

写真:テープカットの様子

 知事は、関係者らとのテープカットに参加した後、来場者に記念品を手渡しました。

写真:記念品を手渡しする大澤知事

表敬訪問(肝炎対策特別大使)

13:30 県庁・秘書課第1応接室

 「知って、肝炎プロジェクト」肝炎対策特別大使の伍代夏子さんが、県民の皆さんへ肝炎ウイルス検査の必要性を伝えるため群馬県庁を訪れました。

写真:メッセージボードの贈呈を受ける大澤知事

 このプロジェクトは、肝炎に関する知識やウイルス検査の必要性を国民にわかりやすく伝え、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的に厚生労働省が「肝炎総合対策推進国民運動事業」として行っています。

表敬訪問(JA嬬恋村組合長)

13:30 県庁・秘書課第1応接室

 全国トップの生産量を誇る嬬恋村の夏秋キャベツが本格的な出荷を迎えるにあたり、JA嬬恋村の丸山義明組合長をはじめ関係者の皆さんが県庁を訪れ、大澤知事に嬬恋高原キャベツを贈呈しました。

写真:キャベツを受け取る大澤知事

 その後、猛暑の影響や作柄などについて、懇談が行われました。

2018ジャパンパラ陸上競技大会開会式

17:30 群馬ロイヤルホテル(前橋市)

  日本障がい者スポーツ協会と競技団体が共催して開催する、国内最高峰のパラスポーツ競技大会であるジャパンパラ陸上競技大会の開会式が群馬ロイヤルホテルで行われました。

写真:歓迎の言葉を述べる大澤知事

 開会式に出席した大澤知事は、「本大会は県民にとっても、トップアスリートたちが繰り広げる熱戦を間近で体感することのできる貴重な機会であり、選手の皆さまにおかれましては、日頃の成果を十分に発揮し、最高のパフォーマンスを披露していただきたいと思います。群馬県では、スポーツを通じ、障害のある方の社会参加や理解促進に取り組んでおり、今後も、障害者スポーツ振興のため、競技人口の増加、競技力の向上に取り組んでまいりますので、引き続き皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます」とあいさつしました。

表敬訪問(台南市長)

16:30 県庁・秘書課第2応接室

 台湾・台南市の李孟諺(り・もうげん)代理市長が群馬県庁を訪れました。

写真:李代理市長からあいさつを受ける大澤知事

 大澤知事は、「群馬県は東京からわずか1時間、日本の真ん中に位置し、尾瀬国立公園などの豊かな自然に恵まれ、草津をはじめとする数多くの温泉がある県として有名です。本県を訪れる外国からの旅行者では、台湾からのお客さまが最も多く、年間12万人を超える方にお越しいただいております。李代理市長におかれましては、今回のご来県を契機に、多くの台南市の皆さまに群馬県を訪れていただけるように宣伝していただければ幸いです」とあいさつしました。

写真:訪問団と記念撮影をする大澤知事

台湾フェア in 群馬 2018 開会式

10:30 県庁・県民ホール

 台湾との交流の取り組みや台湾の文化、観光情報等を広く県民へ紹介し、更なる交流の輪の拡大を図ることを目的とした「台湾フェア in 群馬 2018」が開催され、開会式に大澤知事が出席しました。

写真:あいさつをする大澤知事

 知事は、「群馬県では、台湾の台中市(たいちゅうし)、彰化縣(しょうかけん)、高雄市(たかおし)と経済分野における友好協定を結んでいます。また、県内市町村や民間団体においても台湾との交流が活発に行われています。本日より台湾フェアin群馬がこのように盛大に開催できますことを、関係各位に心から感謝申し上げるとともに、このフェアを多くの県民の皆さまにお楽しみいただき、台湾との交流の輪が更に広がることを期待しております」とあいさつしました。

写真:記念撮影の様子

地域別市町村懇談会(太田・桐生みどり)

15:00 桐生商工会議所

 本年度第1回目となる地域別市町村懇談会が、桐生市で開催されました。

写真:あいさつをする大澤知事

 太田市、桐生市、みどり市の各市長や市議会議長、地元選出の県議会議員らが一堂に会し、重要水防箇所の整備、道路網の整備、公共交通(バス)のあり方などについて、活発な意見交換が行われました。

全国共済農業協同組合連合会群馬県本部からの寄贈受納式

16:00 県庁・秘書課第1応接室

 全国共済農業協同組合連合会群馬県本部から県立農林大学校に、トラクターや運搬車等の農業機械が寄贈され、大澤知事へ目録が贈呈されました。

写真:寄贈目録を受ける大澤知事

 目録を受け取った知事は、お礼のあいさつの中で「農林大学校では、『実践力』、『経営力』、『人間力』の養成を三つの教育方針とし、将来の農業経営者として自立できる力を身につけるための実習と、農業や社会を取り巻く幅広い知識を習得する講義を行う『実践教育』を学習カリキュラムの中心に据え、学生自らが課題意識を持って取り組む姿勢をサポートしています。今回ご寄贈いただきました農業機械等を、こうした農林大学校の『実践教育』の充実に活用させていただき、意欲を持って農業に関わる学生をひとりでも多く育成してまいりたいと考えています」と述べました。

第50回群馬県園芸協会通常総会

14:00 JAビル(前橋市)

 第50回群馬県園芸協会通常総会が開催されました。

写真:祝辞を述べる大澤知事

 来賓として出席した大澤知事は、祝辞の中で、「平成28年の本県農業産出額は2,632億円となり、5年連続の増加となっています。2,600億円超となるのは、平成8年以降20年ぶりのことで、県内各地で元気な担い手が育つなど、明るい兆しが現れています。特に産出額の4割を超える園芸作物は過去最高の1,070億円となっており、キャベツや夏秋ナスの出荷量が日本一になるなど、多くの皆さまのご努力により、着実に成果に結びついていると考えております。会員の皆さまにおかれましては、これからも、本県農業・農村の発展のため、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます」と述べました。

ググっとぐんま観光キャンペーンオープニングセレモニー

9:40 JR高崎駅

 ググっとぐんま観光キャンペーンオープニングセレモニーが、JR高崎駅で開催されました。ググっとぐんま観光宣伝推進協議会会長である大澤知事は、「今年のキャンペーンでは、水源県ぐんまならではの『水』はもちろん、全線開通が予定されている『ぐんま県境稜線トレイル』などの『山』、上野三碑や東国文化などの『歴史』を切り口に、夏のぐんまを強力にアピールしていきたいと考えています」とあいさつし、関係者とともにテープカットを行いました。

写真:あいさつをする大澤知事
写真:テープカットの様子

 その後、知事はJR高崎駅長とともに「SLレトロみなかみ」に出発合図を送り、力強く走り出した車両を見送りました。

写真:出発の合図を送る大澤知事

過去の活動

平成30年度
以前の「知事の動き」