本文へ
表示モードの切替
印刷

【12月1日】「若年性認知症支援ネットワーク会議」を開催します(地域包括ケア推進室)

 65歳未満で発症する認知症を「若年性認知症」といいます。若年性認知症の人は、認知症高齢者に比べて人数が少なく、現役世代であることから、周囲の理解が得られにくく、また、就労継続等に様々な支援が必要となります。
 若年性認知症の人の状況に応じた適切な支援が図られるよう、医療、介護、福祉、労働等、各分野の関係者が連携する支援ネットワークの構築のため、「若年性認知症支援コーディネーター」を中心に若年性認知症支援について考える会議を開催します。

1 開催日時

 平成29年12月12日(火)13時30分~15時30分

2 会場

 群馬県市町村会館(前橋市元総社町335-8)

3 対象者

 市町村、支援機関、法務・産業労働関係者、当事者団体等 150名

4 内容

(1) 若年性認知症支援事業について(群馬県健康福祉部地域包括ケア推進室)
(2) 若年性認知症及び支援コーディネーターについて
 (医療法人中沢会上毛病院 院長 服部徳昭氏
群馬県若年性認知症支援コーディネーター 平方仁美氏)
(3) 若年性認知症の人や家族について
 (若年認知症ぐんま家族会会長 大澤幸一氏)
(4)治療と職業生活の両立支援について
 (群馬産業保健総合支援センター副所長 瀬下満氏)

<若年性認知症支援コーディネーターとは>

 若年性認知症の人と家族等が地域で安心して暮らせるよう、関係機関と連携を図りながらワンストップの相談窓口として総合的に支援するため、平成29年6月から医療法人中沢会上毛病院(前橋市)に設置しました。

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部地域包括ケア推進室
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-897-2733
FAX 027-243-2044
E-mail houkatsukea@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。