本文へ
表示モードの切替
印刷

【12月14日】児童扶養手当の支給誤りについて(児童福祉課)

 県では、児童扶養手当法に基づき、児童扶養手当(県内23町村分)の支給事務を行っていますが、電算システムのプログラム設定に誤りがあり、2名の方の児童扶養手当について支給誤りがあったことが判明しました。
 当該受給者の方に御迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

※ 児童扶養手当は、ひとり親世帯等に対して、児童が18歳に達した後の3月31日までの間、手当を支給するもので、町村部在住の方の手当については県で支給し、市部在住の方の手当は各市で支給しています。

1 概要と経過

  • 平成28年8月1日から児童扶養手当の第2子以降の多子加算額が増額されるとともに、加算額については所得に応じて算出することになりました。
  • 平成29年12月7日、電算システム開発・運用の委託事業者から、プログラム設定にミスがあり、一部の受給者の支給額に誤りが生じていたとの報告がありました。
  • 原因は、多子加算額の算出基礎となる扶養人数を「税法上の扶養親族」と「生計を維持している児童」を合算した人数で判断すべきところ、「税法上の扶養親族」のみを扶養人数として算出するプログラムになっていたことによります。

2 誤支給の該当人数及び金額について

 誤支給の人数及び金額は次のとおりです。

誤支給の人数及び金額
  人数 追加支給額
平成28年度の手当額に誤り(12か月分)  1人  71,520円
平成29年度の手当額に誤り(4か月分)  1人  23,120円

3 該当受給者への対応について

・ 該当受給者の方に対しては、報告を受けた後、謝罪及び説明を行い、追加支給等の事務処理について、御理解をいただいており、12月19日に追加支給を行うこととしております。

4 今後の対応及び再発防止

・ 今回の事態を厳粛に受け止め、同様の誤りが二度と生じないよう原因を検証し、再発防止に努めて参ります。

このページについてのお問い合わせ

こども未来部児童福祉課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2624
FAX 027-223-6526
E-mail jidouka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。