本文へ
表示モードの切替
印刷

【12月7日】交流サイト(SNS)に起因する犯罪被害の緊急的防止活動(子育て・青少年課)~県、県教育委員会、警察、青少年育成推進会議等が連携した冬休み前における「おぜのかみさま」県民運動~

 交流サイトがきっかけで、犯罪被害に遭う児童が増加傾向となっている中、神奈川県座間市で発生した事件は、保護者や学校関係者はもちろん社会にも大きな不安を与えて、連日各種マスメデイアで報道されています。
 県と警察、群馬県青少年育成推進会議では、平成26年度からセーフネット標語「おぜのかみさま」を普及・啓発するための県民運動に取り組み、インターネットの安全安心な利用について広報啓発してきました。
 今回の事件を受け、交流サイトに起因する犯罪の被害者となりやすい高校生を中心とする世代に対し、長期休みとなる冬休み前に重点的に、各機関が連携して広報啓発活動を実施します。

1 街頭啓発活動

  • 実施日時
     12月13日(水)午後3時~4時30分
  • 対象
     青少年及び一般県民
  • 実施機関
     群馬県(子育て・青少年課、こころの健康センター等)、群馬県教育委員会(高校教育課等)、群馬県警察
     (本部少年課、サイバー犯罪対策課、高崎警察署等)、 高崎市、群馬県青少年育成推進会議
  • 実施予定活動
     県内で乗降客数が最多である「JR高崎駅」東口前のペデストリアンデッキ上で、上記実施機関が連携して
     SNSの安全安心な利用に関するリーフレットや悩み ごと相談窓口の案内チラシ等を配布

2 その他の広報啓発活動

  • 「おぜのかみさま」アニメーション動画の放映
     上記街頭啓発活動を実施する 「JR高崎駅」東口前に設置されているヤマダ電機LAVI1 高崎の大型モニターにおいて放映(12月1日~3月31日)
  • 県内全高校生に対する「おぜのかみさま」リーフレットの配布(12月13日までに発送予定)
     これまで、県内全小中学生に配布していたリーフレットを高校生全員まで対象を拡大

 セーフネット標語「おぜのかみさま」

おぜのかみさまの画像
  • 「お」写真をくらない
  • 「ぜ」ったいあわない
  • 「の」個人情報をせない
  • 「か」悪口等をきこまない
  • 「み」有害サイトをない
  • 「さ」出会いをがさない
  • 「ま」家庭でのルールをもる

3 参考・「おぜのかみさま」県民運動の活動状況 

平成28年度中の県民運動の実施結果は、次のとおりです。

平成28年4月1日~平成29年3月31日の活動集計

口コミ活動・リーフレット等一覧
  学校 職場 地域 合計
口コミ活動 38,847人 7,977人 46,954人 93,778人
リーフレット等 138,575人 10,339枚 101,070枚 249,984枚
講話等・イベント・その他一覧
  回数 参加者数 回覧板等
講話等 213回 21,542人 1,123,293世帯
イベント・その他 232回  

※口コミ活動(学校、職場、地域での口コミによる標語の啓発、青少年等への標語を活用した声かけなど)
※リーフレット等(県や市町村が作成したリーフレット・チラシ等の配布枚数)
※講話等(標語に関する講話や紙芝居の実施回数)
※イベント・その他(おぜのかみさま県民運動に関係するイベント、資料作成等の各種施策実施数)
※回覧板等(県や市町村が作成したリーフレット・チラシ等の回覧世帯数)

〇平成28年度は、新たに「デジタルサイネージ広告」や「中吊り広告」の制作等に取り組みました。

このページについてのお問い合わせ

こども未来部子育て・青少年課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2393
FAX 027-226-2100
E-mail kosodateka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。