本文へ
表示モードの切替
印刷

【7月14日】第54回企画展「アマゾンはいま」の開催について(自然史博物館)

 南米アマゾンは世界最大の面積をもつ熱帯雨林として知られています。毎年多くの新種が見つかっています。一方で、過去50年に熱帯雨林全体の20%近くが破壊されています。いま、まさに生物多様性が危機に瀕しているといえます。本展示では、アマゾンに生息する魚類を生体で、哺乳類、鳥類、爬虫類は剥製で展示して、アマゾンのジャングルを演出し、紹介します。

開催期間

 2017年7月15日(土)~9月3日(日)

開催場所

 群馬県立自然史博物館 企画展展示室 (富岡市上黒岩1674-1)

企画展の見所

  • 世界最大の淡水魚として知られるピラルクーをはじめ、ピラニア、リーフフィッシュなどを水槽の中に生体展示します。
  • アマゾンに生息している生きものの剥製を多数展示し、アマゾンのジャングルを演出します。

※なお、15日(土)午後2時より(雨天決行)当館中庭にて企画展イベントとして群馬でカーニバル「灼熱のサンバショー」を開催します。本場ブラジルさながらのサンバショーです。力強いビートと情熱のダンスを披露します。

施設案内

  1. 時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
  2. 休館日 7月18日(火)・7月24日(月) ※8月は無休
  3. 観覧料 大人720(570)円、高校・大学410(320)円、中学生以下無料 

 ※(  )内は20名以上の団体割引料金
 ※身体障害者手帳・療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介助者1名は無料です。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
下のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードしてください。 Get ADOBE Reader

このページについてのお問い合わせ

県立自然史博物館
〒370-2345 富岡市上黒岩1674-1
電話 0274-60-1200
FAX 0274-60-1250
E-mail shizenshi@pref.gunma.lg.jp