本文へ
表示モードの切替
印刷

【1月15日】群馬県戦略的文化芸術創造事業「群馬のものがたり」の開催について(文化振興課)

「萩原朔太郎と音楽」をテーマに、マンドリン奏者でもあった朔太郎が臨江閣で演奏した曲目の再演や、前橋文学館の萩原朔美館長による講演、朔太郎の詩をテーマとした現代のアーティストによる演奏等を実施します。

1 開催概要

開催日:平成31年2月17日(日)12時30分会場 13時00分開演
会場:臨江閣別館 2階大広間
料金:2,000円(税込/自由席)
定員:200人
※1月25日(金)よりチケットぴあにて販売開始予定(Pコード:492-209)

2 プログラム

第1部 朔太郎を歌う

朔太郎の作品をテーマに作品制作をしている若手アーティストによる演奏。

<出演>

  • 世田谷ピンポンズ
  • Rinn
  • Carry 音
第2部 朔太郎を声にする

萩原館長のトークと県内高校生、手島実優さんによる詩の朗読

<出演>

  • 萩原朔美
  • 手島実優(女優)
  • 県内高等学校放送部生徒

第3部 朔太郎を音楽する

昭和4年に臨江閣で開催された「上毛マンドリン倶楽部」による演奏曲目の一部を、弦楽四重奏用に編曲して群馬交響楽団アンサンブルにより演奏。

群馬県戦略的文化芸術創造事業とは

群馬県戦略的文化芸術創造事業とは、群馬交響楽団や富岡製糸場をはじめ、本県が誇る数々の文化資産を組み合わせ、それぞれの魅力を磨き上げて発信し、交流人口の拡大を図るために、文化庁の補助を受けて、平成30年度から開始した3ヵ年計画事業です。
平成30年9月8日・9日に富岡製糸場東置繭所を会場とした「世界遺産劇場」を開催したほか、今年3月には「群響スペシャルコンサート」を予定しています。

【群響スペシャルコンサート】

「時はかわる」をテーマに、群馬の平成史を振り返る映像の演出を交えた、群響フルオーケストラによる演奏会。
日時:平成31年3月9日(土)
会場:群馬音楽センター
指揮:千住 明
※詳細については、後日情報提供します。

このページについてのお問い合わせ

生活文化スポーツ部文化振興課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2593
FAX 027-221-0300
E-mail bunshinka@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。