本文へ
表示モードの切替
印刷

【9月13日】インドネシア2018アジアパラ競技大会に出場する群馬県出身選手が群馬県庁を訪問します(障害政策課)

 10月6日からインドネシアのジャカルタで行われる「インドネシア2018アジアパラ競技大会」に、本県から日本代表として出場する唐澤剣也選手と奈良恵里加選手が、下記のとおり群馬県庁を訪問します。

1 日時

 平成30年9月18日(火) 午後4時~

2 場所

 県庁6階 秘書課会議室

3 対応者

 反町敦副知事

4 訪問者

 唐澤 剣也(からさわ けんや)選手 <陸上競技>
 奈良 恵里加(なら えりか) 選手 <水泳>

【アジアパラ競技大会】

  • 4年に一度行われる、アジア及び太平洋地域の障害者スポーツの総合競技大会。
  • 1975年から9回にわたり開催された、極東・南太平洋地域の身体障害者スポーツ大会であるフェスピック競技
     大会の実績を引き継ぎ、2010年の中国大会から、名称が「アジアパラ競技大会」に変更された。
  • インドネシア2018アジアパラ競技大会は10月6日~13日(派遣予定9月30日~10月16日)まで実施される。
  • 今大会からチェスが新たに追加された。

(1)大会名称

 インドネシア2018アジアパラ競技大会

(2)参加国

 43カ国・地域

(3)開催規模

 日本代表選手団487名(平成30年8月24日現在)
 (選手305名、競技パートナー12名、役員149名、本部21名)

(4)実施競技

 アーチェリー、陸上競技、バドミントン、ボッチャ、自転車、チェス、ゴールボール、柔道、ローンボウルズ、パワーリフティング、射撃、水泳、テンピンボウリング、卓球、シッティングバレーボール、車いすバスケットボール、車いすフェンシング、車いすテニス

このページについてのお問い合わせ

健康福祉部障害政策課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-2634
FAX 027-224-4776
E-mail shougai@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。