トップページ > 報道提供資料 > 2016年の報道発表 > 2016年2月 > 【2月29日】県内各地の農業農村の動き(平成28年3月)(農政課)

【2月29日】県内各地の農業農村の動き(平成28年3月)(農政課)

農産物の生産動向地域のイベント・研修会・品評会県域イベントぐんまフラワーパーク日本絹の里県馬事公苑

 

農産物の生産動向

農産物の生産動向一覧

項 目 日 時 場 所      容 主催・問い合わせ先
加工キャベツの収穫盛ん 12月~3月 邑楽館林地域   邑楽館林地域では平成25年度より加工向けキャベツの栽培に取り組んでいます。3年目となる今年度は、作付け面積が20ヘクタール余りとなり、加工向けの他に、一部は市場出荷も行われています。寒い日の続く中、甘みの増したキャベツの出荷は3月末まで行われます。 東部農業事務所
館林地区農業指導センター
電話0276-74-2257
エダマメのは種始まる 2月下旬~ 前橋市  前橋市ではエダマメ栽培が盛んで、早い地区では2月下旬からトンネル栽培のは種が始まります。品種は茶豆風味の「湯あがり娘」が中心で、6月上旬から出荷となります。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
エダマメ種まき盛ん 3月~4月 太田市  太田市は新田地区を中心にエダマメ栽培が盛んです。2月中旬のハウス栽培から始まり、以降トンネル栽培、露地栽培へと作付けされる予定です。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
藪塚こだま西瓜の出荷始まる 3月1日~ 太田市薮塚地区  太田市薮塚地区は、小玉スイカの産地として全国的に知名度が高く、「藪塚こだま西瓜」の名称で出荷しています。お正月に手作業で授粉した果実は順調に生育し、3月1日から出荷が始まる予定です。 JA太田市薮塚野菜センター
電話0277-78-5201
東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
レタスの育苗始まる 3月上旬~ JA野菜育苗センター  赤城高原早取りレタスに欠かせないのがレタス農家に供給されるレタスセルトレイ苗です。8月までに供給される苗は1600万株と言われていて、日本有数のレタス産地を支えています。 JA利根沼田営農部
営農企画課        
電話0278-50-6111    
利根沼田農業事務所
普及指導課          
電話0278-23-0338
プチヴェール出荷最盛期 3月上旬~下旬 JA碓氷安中  プチヴェールは、厳寒期でも露地栽培が可能で、長期間収穫できるため栽培面積が拡大してきています。寒さにあたったプチヴェールは、3月が最盛期となり旬を迎えます。 JA碓氷安中営農販売課     
電話027-382-1136
イチゴ「やよいひめ」の出荷最盛期 3月上旬~5月 藤岡市  雪害からの再建も終了し、今年も群馬県育成品種であるイチゴ「やよいひめ」の出荷が最盛期を迎えます。甘みと酸味のバランスが大変よく、果肉もしっかりとして、とても美味しいイチゴです。「ららん藤岡」「ふじ娘館」等の農産物直売所の他、各地のスーパーで販売されています。 JAたのふじ園芸課
電話0274-24-1194
春の切り花シンビジュームの出荷が盛ん 3月~5月 藤岡市  全国有数の切り花シンビジューム産地である藤岡市では、10月から出荷が始まり、年末に出荷のピークを迎えます。また、他産地の出荷が少なくなる春も出荷が盛んに行われています。色鮮やかなシンビジュームの出荷は5月まで続きます。 JAたのふじあぐり東部
電話0274-23-3223                    
西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
国府果菜苗組合で育苗作業最盛期 3月~5月 高崎市(国府地区)  高崎市国府地区を中心とした生産者13名で、春植えの野菜苗の出荷に向けた育苗が始まります。また、生産者向けの施設ナス、施設トマト苗の出荷も始まります。今後、露地栽培向けの苗生産が最盛期を迎えます。 JAはぐくみ東部営農生活センター  
電話027-371-2235
促成キュウリ収穫盛ん 3月~6月 邑楽館林地域   邑楽館林地域は日本有数のキュウリ産地です。12月から1月に定植されたキュウリの出荷が盛んになってきました。ハウスで栽培された、鮮やかなグリーンのキュウリは6月まで出荷が続きます。 東部農業事務所
館林地区農業指導センター
電話0276-74-2257
佐波伊勢崎のブランドトマト「初恋物語」出荷盛ん 3月 伊勢崎市  果物のような甘みとトマトの酸味を持ち合わせた高糖度トマト「初恋物語」の出荷が最盛期を迎えています。水分を抑えた栽培方法で、収穫は6月まで続きます。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
半促成ナス出荷始まる 3月 伊勢崎市、玉村町  ハウスの中に植え付けられたナスの出荷は3月から始まり、7月まで続きます。2年前の雪害により多くのハウスが倒壊しましたが、現在は再建が進み本来の姿を取り戻しつつあります。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
パプリカの定植準備始まる 3月中旬~ 渋川市赤城町・北橘町  JA赤城たちばなパプリカ組合では、「コンニャクやウドとの複合経営」や「ホウレンソウの輪作作物」として10年前からパプリカ栽培に取り組んでいます。管内では普通のパプリカよりも一回り小さい「食べきりサイズのパプリカ」が生産されています。生産者は7月からの出荷に向けて、育苗や定植の準備を始めています。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
水稲の育苗準備始まる 3月中旬~ JA中部育苗センター
・西部育苗センター
 JA利根沼田の育苗センターは、群馬県を代表する美味しい米産地利根沼田の米作りを支えています。美味しい米生産に欠かせない育苗を一手に引き受け、今年も15万箱余りの苗を農家に届けるために準備を始めます。 JA利根沼田営農部
営農企画課        
電話0278-50-6111    
利根沼田農業事務所
普及指導課          
電話0278-23-0338
高原野菜の定植が始まります 3月 長野原町  高原野菜の大産地である北軽井沢応桑地域では、周りが雪に覆われている2月中から、ビニールハウスでキャベツやレタス、ハクサイの育苗が始まっています。「けやしぶち」と呼ばれる、堆肥等を雪の上にまき、雪解けを早める作業を行った圃場では、レタス、ハクサイは3月中旬頃から、キャベツは3月下旬頃から畑への定植が始まります。 吾妻農業事務所
普及指導課
電話0279-82-2054
トルコギキョウの植え付け始まる(八ッ場ダム関係生活再建事業) 3月下旬~ 長野原町林地区  長野原町林地区は、夏から晩秋(7月下旬~11月)にかけて、高冷地の気候を活かした色鮮やかなトルコギキョウの出荷を行っており、今年で栽培10年目を迎えます。
 外はまだ寒く雪が残っていますが、ハウスの中では、農家が慣れた手つきで一生懸命に苗を植え付けています。この植え付け作業は、7月まで続きます。
吾妻農業事務所
普及指導課
電話0279-82-2054
小玉スイカ出荷始まる 3月 伊勢崎市  管内の小玉スイカの栽培では主に「ひとりじめ」という品種がつくられています。気温が上昇する4月から6月が出荷最盛期で、甘く、シャリ感のある味が楽しめます。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
鉢アジサイの本格出荷始まる 3月下旬~ 高崎市  群馬県は鉢植えアジサイの生産が盛んで、県西部では高崎市内などで生産が行われています。出荷ピークを迎える4月下旬からは群馬県アジサイ研究会のオリジナル品種「フェアリーアイ」や「フェアリーキッス」の出荷が盛んになります。 西部農業事務所 
普及指導課
電話027-321-3600

 

 地域のイベント・研修会・品評会

地域のイベント・研修会・品評会一覧 

行 事 名 日 時 場 所     容 主催・問い合わせ先
下仁田・虻田(あぶだ)
福寿草の里が開園しています
3月27日(日)まで 下仁田町中小坂虻田(あぶだ)地区  下仁田町虻田地区の福寿草の里では、山の斜面にあり、春を告げる福寿草と紅梅の2つの花が楽しめます。3月5日(土)に開催される福寿草まつりでは、地元農産物の販売やきのこ汁のふるまいなども予定されています。 主催:下仁田町中小坂地区・虻田福寿草を育てる会
連絡先:下仁田町役場産業観光課観光振興係
電話0274-70-3070
東日本最大規模「ぐんま三大梅林」祭り 3月下旬まで(観梅期間)  秋間、箕郷、榛名の梅産地では、2月下旬から3月下旬の開花シーズンにそれぞれの梅林で梅祭りが催され、週末には様々なイベントが行われます。

○ぐんま三大梅林スタンプラリー
実施期間:3月1日(火)~5月8日(日)  
※応募締切:5月13日(金)
・ぐんま三大梅林振興会議
高崎行政県税事務所 
電話027-322-4681

・箕郷・榛名梅林
高崎市観光課                  
電話027-321-1257
安中市 【秋間梅林】
・秋間梅林祭(観梅期間:2月20日~3月下旬)
・開花祭(3月5日(土))
・餅つき大会(3月6日(日))
・安中市の物産販売、陶芸体験(3月7日(月)~13日(日))
・友好都市・千葉県南房総市の物産即売会(3月12日(土))
・いも煮会(3月13日(日))
・モデル撮影会(3月20日(日))
・秋間梅林ウォーキング(3月21日(月・祝))
・野点(3月21日(月・祝))
安中市商工観光課      
電話027-382-1111              
安中市観光協会         
電話027-385-6555
高崎市    【榛名梅林】
・観梅期間:2月下旬~3月下旬
・第25回はるな梅マラソン(3月13日(日))
・榛名の梅祭り(3月20日(日))
高崎市榛名支所産業観光課       
電話027-374-6712
【箕郷梅林】
・第29回みさと梅まつり(観梅期間:3月上旬~3月下旬)
・梅枝・ume味満喫キャンペーン(3月6日(日)、3月13日(日))
・梅見茶会(3月6日(日)以降開催期間中の土・日・祝)
・青空芸能大会(3月13日(日)、3月20日(日))
・春のもちつき大会(3月21日(月・祝))
高崎市箕郷支所産業課           
電話027-371-9057                          
JAはぐくみ東部営農センター   
電話027-371-2235
キラッとかんら観光キャンペーン 3月1日(火)
~5月31日(火)
甘楽町各地  甘楽町では、ウメや桜の楽しめる春に観光キャンペーンを開催します。国指定名勝「楽山園」では、3月20日(日)に春の茶会が開催されます。他にも甘楽町内で3月12日(土)、13日(日)にはちっちゃな梅まつりや、道の駅甘楽で3月20日(日)、27日(日)に5周年記念(日伊国交150周年記念)が開催されるなどたくさんのイベントでにぎわいます。 主催:群馬県甘楽町
連絡先:甘楽町役場キラッとかんら観光キャンペーン係
電話0274-74-3131
北毛地域の米の品質向上とブランド化に係る研修会 3月2日(水) 利根沼田振興局501会議室  利根沼田地域が連携し、米生産技術の向上、経営体制の強化、販路拡大を図り、ブランド米としての評価を高めることを目的に、一般社団法人日本穀物検定協会の方を講師に、品質・食味向上を目指した研修会を開催します。 利根沼田農業事務所
農業振興課          
電話0278-23-0188
活性化協議会農産物現地見学会 3月7日(月) 
10時30分~14時
赤城深山ファーム・タラの芽ふかし栽培現地  伊香保温泉旅館の女将さん方を対象に地元農産物に対する理解と今後の取引拡大を目的に現地見学会を開催します。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
おいしい米づくり研修会 3月9日(水) 中之条町ツインプラザ  
 吾妻郡は、全国規模の食味コンクールで金賞を受賞するなど、おいしい米の産地です。
 本研修会では、毎年生産者向けにおいしい米づくりや作柄、先進事例発表などの情報発信を行っています。

~研修会の主な内容~
◆米を取り巻く環境について
◆講演『おいしい米づくりの取り組み』
吾妻農業事務所
普及指導課
電話0279-75-2364
やまといも土壌消毒剤の適正使用講習会 3月中旬 太田市尾島行政センター   問題となっている土壌病害対策として、土壌消毒剤の適正使用講習会を開催し、安定生産を目指します。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
カーネーション現地検討会の開催 3月中旬 館林市
明和町
 邑楽館林地区は鉢物カーネーションの全国有数の産地です。産地力強化のため、JA邑楽館林主催で現地研修会を開催します。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
昭和村家族経営協定合同調印式 3月24日(木)
13時30分~
昭和村役場  利根沼田農業事務所では家族経営協定推進研修会を開催したり、チラシを配布するなど家族経営協定締結を進めています。今回、昭和村で家族経営協定合同調印式を開催します。 利根沼田農業事務所
普及指導課          
電話0278-23-0338
農業機械研修会 3月17日(木)
13時30分~16時30分
県立農林大学校  営農活動で欠かすことのできない農業機械ですが、適切な使用方法を習得していないと大きな事故に繋がる恐れもあります。そこで、大型機械を扱う機会の多い機械利用組合を対象とした農業機械の基本操作と安全対策の習得を目的とした研修会を開催します。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
女性起業者研修・交流会 3月17日(木) 子持公民館
調理室
 渋川地域には、おいしい地元農産物を女性ならではの知恵を活かして加工し、消費者に届ける女性起業者が多く存在します。それらの起業者を対象に、渋川地区の特産であるコンニャク芋を用いたコンニャク作り体験や情報交換を通して起業間の交流を図ることを目的に開催します。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
第9回 ららん藤岡ぐんまの洋蘭展の開催  3月18日(金)~3月27日(日)  ハイウェイオアシスららん藤岡(道の駅ふじおか)花の交流館   蘭生産者、蘭愛好者が栽培した鉢物・切り花・寄せ植えなどが出展され、グランプリを競います。毎年好評のランの栽培講習会は19、21、26、27日の11時から開催予定です。 「ららん藤岡 ぐんまの洋蘭展」実行委員会事務局
電話0274-24-8220 
東今泉町・東今井町イノシシ対策研修会 3月27日(日) 太田市韮川行政センター  金山周辺地域では、イノシシの生息数増加に伴い、農作物への被害や住宅地への出没が急増しています。被害軽減に向けて、「鳥獣害に強い集落づくり事業」実施地域の住民を対象に研修会を開催します。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
JA嬬恋村野菜生産者大会 3月29日
(火)
嬬恋村農村環境改善センター   日本一の夏秋キャベツ産地である嬬恋村は、約3000ヘクタ-ルの広大な面積で生産しています。
 毎年春、生産者及び関係者が一同に会し、環境に配慮した安全安心な生産と安定供給について話し合い、平成28年のキャベツの生産出荷計画を決定します。
嬬恋村農業協同組合
販売課       
電話0279-80-6100

 

県域イベント

県域イベント一覧 

イベント等 日 時 場 所      容 主催・問い合わせ先
県施設果菜類品評会 3月24日(木)
13時~15時

※展示品の販売は15時から展示品終了まで
県庁(前橋市大手町)  県内のビニールハウスなどの施設で栽培されたキュウリやトマト、ナスなどの展示・販売を行います。 県庁蚕糸園芸課
電話027-226-3124
FAX027-243-7202

 

ぐんまフラワーパーク(外部リンク) 

ぐんまフラワーパーク 

イベント等 日 時 場 所      容 主催・問い合わせ先
イルミネーションと真冬のフォトコンテスト展 3月17日(木)まで
9時~17時
ぐんまフラワーパーク
(前橋市柏倉町)
 「イルミネーションと真冬のぐんまフラワーパーク」を主題に募集した作品を展示します。 ぐんまフラワーパーク
電話027-283-8189
FAX027-283-8389
ハナモモフェスタ 3月21日(月)まで
9時~17時
ぐんまフラワーパーク
(前橋市柏倉町)
 ハナモモとひな人形を飾り、一足早い春を演出します。 ぐんまフラワーパーク
電話027-283-8189
FAX027-283-8389
草木染め講座 3月17日(木)
13時30分~16時
県花と緑の学習館
(前橋市柏倉町)
 ツバキの枝や葉を使って絹を染めます。

申込期限:3月13日(日)
ぐんまフラワーパーク
電話027-283-8189
FAX027-283-8389
蘭吉会洋蘭展 3月19日(土)~27日(日)
9時~17時
ぐんまフラワーパーク
(前橋市柏倉町)
 蘭吉会による洋蘭展を実施します。 ぐんまフラワーパーク
電話027-283-8189
FAX027-283-8389
蔓やハーブを使ったクラフト講座 3月23日(水)
10~12時
県花と緑の学習館
(前橋市柏倉町)
 ハスの花がらを元に、「ドライラベンダー」や「レモングラス」などのハーブを使い、香りのあるクラフト作品を作ります。 ぐんまフラワーパーク
電話027-283-8189
FAX027-283-8389

 

日本絹の里(外部リンク)

日本絹の里 

イベント等 日 時 場 所      容 主催・問い合わせ先
まゆクラフトと絹の作品展 4月11日(月)まで
9時30分~17時
※火曜日休館
県立日本絹の里(高崎市金古町)  繭の形や特性を生かして、花や動物などを作る独創的なまゆクラフト作品を展示します。また工芸作家や、日本絹の里友の会会員が創作した、絹の染色加工品や織物などの作品も併せて展示します。

 会期中には、「友の会」工芸品即売会や、まゆクラフト体験、手織り体験など様々な関連行事を予定しています。詳しくはお問合せください。
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301

 

県馬事公苑(外部リンク) 

県馬事公苑

イベント等 日 時 場 所      容 主催・問い合わせ先
ドキドキ わくわく 体験乗馬教室(4月) 4月1日(金)~5月30日(月)の希望する4回
※火曜日を除く

開始時刻:9時、10時、11時、13時、14時、15時
県馬事公苑(前橋市富士見町)  県内在住で、馬事公苑を初めて利用する小学3年生から高校生までの乗馬初心者を対象に、1回当たり45分の乗馬を4回行います。

申込期限:5月8日(日)
県馬事公苑
電話027-288-7002 
FAX027-288-8832
春休み体験乗馬教室 4月1日(金)、2日(土)、3日(日)、4日(月) 県馬事公苑(前橋市富士見町)  小学3年生から高校生を対象に、5時間の乗馬と1時間の学科を行います。

申込期限:3月20日(日)
県馬事公苑
電話027-288-7002 
FAX027-288-8832
コースが選べる”2回コースor4回コース”体験乗馬教室(4月生) 【2回コース】
4月1日(金)~30日(土)の希望する2回

【4回コース】
4月1日(金)~5月31日(火)の希望する4回
※火曜日を除く

開始時刻:9時、10時、11時、13時、14時、15時
県馬事公苑(前橋市富士見町)  馬事公苑を初めて利用する、小学3年生から70歳までの乗馬初心者を対象に、1回当たり1時間の乗馬を行います。

申込期間:3月23日(水)~4月18日(月)
県馬事公苑
電話027-288-7002 
FAX027-288-8832
  
 

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
nouseika@pref.gunma.lg.jp