本文へ
表示モードの切替
印刷

【4月28日】県内の農業農村の動き(5月)(農政課)

農産物の生産動向地域のイベント・研修会・品評会県域イベントぐんまフラワーパーク日本絹の里県馬事公苑

農産物の生産動向

農産物の生産動向一覧
項目 日時 場所 内容 主催、問い合わせ先
アジサイ(フェアリーアイ・フェアリーラブ)出荷盛期 5月上旬 中部管内  母の日に合わせて鉢物アジサイが出荷盛期を迎えます。あじさい研究会が生産するオリジナル品種「フェアリーアイ」・「フェアリーラブ」・「ピンキーリング」など数多くの品種が販売されます。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
母の日カーネーション出荷最盛期 5月上旬 中部管内  母の日に合わせて鉢物カーネーションが出荷最盛期を迎えます。管内生産者6戸が無加温栽培に取り組んでおり、低コストで高品質なカーネーションを生産しています。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
露地ナスの定植盛ん 5月上旬開始 中部管内  初夏から晩秋の収穫に向け、露地ナスの定植が最盛期になります。露地ナスは「千両2号」と「くろべえ」が主力品種で、土壌病害に対応するため接木苗を使用します。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
サツマイモの定植始まる 5月下旬開始 中部管内  前橋産焼酎「赤城の恵」や、乾燥芋となるサツマイモの定植が始まります。焼酎になるサツマイモ「コガネセンガン」は、市内各地の遊休農地も利用して栽培されます。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
枝ものブルーベリー出荷最盛期 5月下旬開始 渋川市(赤城町)  枝ものブルーベリーの出荷が始まります。これは従来食用のもぎ取りブルーべリー園で剪定していた枝を観賞用として花き市場へ出荷するものです。量、品質共に最大の産地であり、東京の花き市場に「緑色の実が、清涼感を感じさせる花材」として出荷されています。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
初夏の訪れを告げる麦秋 5月下旬開始 中部管内  5月下旬から6月中旬にかけて、麦の収穫シーズンを迎えます。ビールの原料として使われる二条大麦の収穫が5月下旬から始まり、押し麦・麦茶用として使われる六条大麦、主にうどんなどめん用として使われる小麦(「さとのそら」が主)の収穫(6月中旬)まで続きます。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
コンニャクの植付け作業始まる 5月上旬から6月上旬まで 渋川市  渋川市内では5月上旬から特産のコンニャクの植付け作業が始まります。品種は「あかぎおおだま」が中心で、近年は「みやままさり」も増加してきています。植付け作業は6月上旬頃まで続きます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
夏そばの開花が最盛期 5月上旬から中旬まで 渋川市(赤城町・北橘町)  渋川地域は県内一のそば産地で、赤城西麓から南麓にかけて約80ヘクタールの夏そばが栽培されています。5月上旬から中旬にはそばの開花が最盛期を迎えます。赤城山のすそ野に広がるそばの花は純白の絨毯のようで、そば畑から望む榛名山麓は最高のロケーションです。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
伊勢崎市産「夏ゴボウ」の収穫始まる 5月下旬開始 伊勢崎市 JA佐波伊勢崎  5月下旬から「夏ゴボウ」の収穫が始まります。伊勢崎市は日本有数の産地で、香り高い「夏ゴボウ」はヘルシーな野菜として人気を博しています。 中部農業事務所
伊勢崎地区
農業指導センター
電話0270-25-1252
トマトの出荷最盛期 5月 JA佐波伊勢崎  佐波伊勢崎地区のトマトは、現在出荷最盛期を迎えています。共同選果場で選別されたトマトは「上州娘」と命名され、京浜方面に出荷され、高い評価を得ています。 中部農業事務所
伊勢崎地区
農業指導センター
電話0270-25-1252
ウメの収穫始まる 5月下旬~7月上旬 箕郷、榛名、秋間地区  例年5月下旬頃から小ウメの「甲州最小」、6月以降は「白加賀」を中心に青ウメの出荷と完熟「織姫」が収穫されます。7月上旬からは完熟「南高」も出荷されます。 JAはぐくみ営農部
電話027-344-1424
JA碓氷安中営農販売課
電話027-382-1136
コンニャクの植え付け作業最盛期 5月中旬~下旬 安中市  コンニャクの植え付け作業が最盛期を迎えます。近年は、作業性及び品質が優れる新品種「みやままさり」の植え付け割合が増加しています。 西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
タマネギの出荷最盛期 5月下旬~7月 安中市  JA碓氷安中では、5月下旬からタマネギの出荷最盛期に入ります。当地域では極早生~晩成品種を組み合わせ、4月中旬から7月末頃までタマネギの出荷に取り組んでいます。 JA碓氷安中営農経済課
電話027-382-1136
露地ナスの定植最盛期 4月下旬 ~5月上旬 高崎市 安中市  4月下旬から各地で定植が始まります。今年の新規栽培者は7名です。また、JA碓氷安中では特色のある白ナスの栽培に取り組んでいます。 西部農業事務所 普及指導課
電話027-321-3600
JA碓氷安中営農経済課
電話027-382-1136
国府果菜苗出荷組合の苗出荷最盛期 5月上旬
(ゴールデンウイーク)
高崎市国府地区  国府果菜苗出荷組合では、ナス、トマト、キュウリなど80品目、スタンダードから流行の品目まで様々な果菜苗類の生産出荷を行っています。5月のゴールデンウイークにはまさに最盛期を迎え、JA全農ぐんま花木センターや各地のJA直売所などへ出荷されます。 JAはぐくみ東部営農センターこくふ
電話027-373-2014
「なんもくの花」の出荷始まる 4月下旬~5月上旬 南牧村  南牧村では平均年齢70歳以上の農家16名が、中山間地の標高を生かし50品目以上の宿根草や花木の切り花生産をしています。5月からオオデマリやスノーボールなどの枝物出荷が始まります。色鮮やかな「なんもくの花」は首都圏と北海道へ出荷されます。 西部農業事務所
普及指導課
電話027-321-3600
オクラのは種始まる 5月上旬 藤岡市
高崎市吉井町
 多野藤岡管内では、オクラ栽培が盛んで5月上旬を中心には種をします。収穫開始は7月上旬です。 JAたのふじ園芸課
電話0274-24-1194
春ネギの共同は種 5月1日
(予定)
藤岡市内  JAたのふじでは生産者が共同で長ネギのは種を計4回(2月、3月、5月、10月)行っています。
5月には種するネギは、来年の春に収穫となります。
JAたのふじ園芸課
電話0274-24-1194
秋冬ねぎ定植 4~5月 藤岡市
高崎市吉井町
 4~5月にかけて、秋冬ネギの定植が行われます。本年は定植前に適度な降雨もあったため、順調に活着する見込みです。 西部農業事務所
藤岡地区農業指導センター
電話0274-23-4555
初夏どりキャベツ収穫 5~6月 藤岡市  JAたのふじでは、初夏どり契約キャベツが収穫期を迎えます。例年に比べて生育はゆっくりです。 JAたのふじ園芸課
電話0274-24-1194
特産コンニャクの植え付け最盛期 5月上旬~下旬 甘楽富岡全域  特産コンニャクの植え付け作業が最盛期を迎え、約500ヘクタールの畑に種いもを植え付けます。
 主な品種は「あかぎおおだま」、「みやままさり」ですが、作業性や品質等のメリットから「みやままさり」の面積が徐々に増えています。
西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
ナスの定植始まる 5月上旬 甘楽富岡全域  JA甘楽富岡ナス生産部では昨年度新規栽培者7名を加え、今年度もさらに約7名が新たに栽培を予定しています。産地全体では約37ヘクタールの作付けを計画し、現在定植の最盛期を迎えています。収穫は、6月下旬からの見込みです。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
オクラの種まき始まる 5月上~中旬 甘楽富岡全域  甘楽富岡管内では、鳥獣被害の軽減作物としてオクラに関心が高まり、約40名の生産者が5月中旬に一斉に種まき作業を開始します。自然界に生息する天敵(ヒメハナカメムシなど)を活かして害虫を防除する技術、IPM(総合的病害虫管理)の導入で、農薬使用の削減を目指しています。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
キャベツの定植最盛期 5月~ 嬬恋村  栽培面積は約3,000ヘクタールで、日本一の夏秋採りの産地です。4月からの育苗も順調に進んでいます。5月から定植最盛期を迎えます。なお、出荷は6月中旬から始まる見込みです。 吾妻農業事務所
普及指導課長野原係 電話0279-82-2054
レタスの収穫始まる 5月~ 長野原町北軽井沢・応桑地区  栽培面積は約126ヘクタールで、夏の冷涼な気候を利用した県内有数の産地です。今年は4月まで降雪が続いたため、レタスの生育と定植作業が例年と比較して遅れています。5月上旬から収穫が始まる見込みです。 吾妻農業事務所
普及指導課長野原係 電話0279-82-2054
コンニャクの植付け始まる 5月上~中旬 中之条町、高山村、東吾妻町  栽培面積は約350ヘクタールで、主力品種は「あかぎおおだま」です。今年は平年よりも気温が低く、ほ場準備は1週間程度遅れています。植付作業は5月上~中旬から始まる見込みです。 吾妻農業事務所
普及指導課農畜産指導係 電話0279-75-2364
コンニャクの植え付け最盛期 5月上旬~ 管内全域  県内の作付面積の4割を占める産地である利根沼田地域で、コンニャクの植え付けが始まります。6月下旬頃まで行われる植付けの作業風景は、利根沼田地域の風物詩となっています。 利根沼田農業事務所
普及指導課 電話0278-23-0338
おいしいお米の定植最盛期 5月中旬~ 管内全域  利根沼田地域は群馬県を代表するおいしいお米の産地です。ハウスの中で大事に育てられた苗が、連休明けから田んぼに植え付けられ、利根沼田地域に春の訪れを告げます。 利根沼田農業事務所
普及指導課 電話0278-23-0338
高原レタスの出荷始まる 5月中旬~11月上旬 沼田市利根町・昭和村・片品村  赤城山北麓の沼田市利根町・昭和村・片品村の標高500~900mの高原ではレタスが大規模に栽培されています。
 赤城高原のレタスは、鮮度を保つために日の出前に収穫され、「朝採りレタス」として、その日の午後にスーパーに並びます。
JA利根沼田営農部
電話0278-50-6111
利根沼田農業事務所
普及指導課 電話0278-23-0338
リンゴの花満開期 5月上旬~ 管内全域  利根沼田の観光りんご園ではリンゴの花が5月上旬に満開期を迎えます。生産者は、開花期間中人工授粉や花摘みを始め、いよいよ本年のりんご生産が始まります。 利根沼田農業事務所
普及指導課 電話0278-23-0338
雪ん子りんごの販売 4月下旬~ 沼田市  今年の1月に生産者が玉原スキー場内に雪中保存していたリンゴは、「雪ん子りんご」と呼ばれ、沼田市の直売所等で販売されます。今年は4月28日に掘り出しが行われ、販売が始まります。雪の中で保存していたリンゴは、大変みずみずしい食感が魅力です。 沼田市観光インフォメーション
電話0278-20-1300
秋冬ネギ定植始まる 4月~5月 太田市  JA太田市とJAにったみどりは、県内有数のネギ産地です。4~5月定植、10月~収穫の作型である秋冬ネギが中心に栽培されています。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
母の日向け鉢花
カーネーション・アジサイの出荷
4月下旬~5月上旬 館林市、板倉町、明和町、みどり市、桐生市  邑楽館林地域は全国的な鉢物カーネーションの産地です。また、桐生みどり地域は群馬県オリジナル品種を中心とした鉢物アジサイの産地です。主に母の日ギフト用として全国へ出荷されます。 JA邑楽館林 園芸部
電話0276-73-4536
東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
露地ニガウリ定植最盛期 4月下旬~5月中旬 邑楽館林地域  邑楽館林地域ではニガウリが特産物となっています(栽培面積は約38ヘクタール)。4月下旬から5月中旬は主力作型である露地栽培の定植最盛期です。4月定植のニガウリは温度確保のためトンネル被覆されます。収穫は7月上旬からの予定です。 東部農業事務所
館林地区農業
指導センター
電話0276-74-2257
無人ヘリによる小麦赤かび病防除 4月下旬~5月中旬 邑楽館林地域  邑楽・館林地域において、無人ヘリによる麦類赤かび病防除(小麦約80ヘクタール、二条大麦約90ヘクタール)が実施される予定です。 東部農業事務所
館林地区農業
指導センター
電話0276-74-2257
やまといも植え付け最盛期 5月~6月 太田市  太田市は尾島地区を中心とした全国でも有数のやまといもの産地です。5~6月にかけて植え付けされ、10月下旬より収穫が始まります。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
早期栽培コシヒカリ田植え最盛期 5月上旬 板倉町  早期栽培地帯では、5月上旬にコシヒカリの田植え最盛期を迎えます。早期栽培コシヒカリの作付け面積は約350ヘクタールです。収穫は9月上旬の予定です。 東部農業事務所
館林地区農業
指導センター
電話0276-74-2257
夏ゴボウ収穫始まる 5月中旬~6月末 太田市
世良田地区
 太田市世良田地区は、水稲の裏作で夏ゴボウの裁培を行っています。収穫は5月中旬から6月末まで行い、収穫後は乾田直播きによる水稲栽培となります。 JAにったみどり
営農事業本部
0276-57-3215
東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212

地域のイベント・研修会・品評会

地域のイベント・研修会・品評会一覧
行事名 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
まえきフェス 5月20日(土)
10時~17時
前橋駅前  昨年度までの前橋駅前イベント「ままマルシェ」より開催規模が拡大され、前橋駅が主体となった地域活性化イベントとして開催されます。今回、農村女性起業のまえばしマジョーラも採れたて新鮮野菜や加工品を出店し、地域活性化の一役を担います。 主催:JR東日本高崎支社、JR前橋駅
問い合わせ:
JR東日本 高崎支社 
電話027-320-7111 
中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-2061
まえばしマジョ-らの「ぎゃらり-・マルシェ」開催 5月26日(金)~28日(日) ギャラリ-fromまえばし(前橋市敷島町)  前橋地区の農村起業で組織する「まえばしマジョ-ラ」では、農産物や農畜産加工品、手作り小物等の販売促進会を開催します。また、生産者である農村女性が講師となったワークショップ等を企画中です。イベントを通じて農業理解や消費者交流も図ります。 主催:まえばしマジョ-ラ(前橋農村起業ネットワ-ク)
問い合わせ:
中部農業事務所
普及指導課
担い手支援係
電話027-233-2061
佐波伊勢崎農村女性会議通常総会・記念行事講演会 5月17日(水) JA佐波伊勢崎本店  管内の女性農業者10組織で構成されている、佐波伊勢崎農村女性会議通常総会が開催されます。総会後、記念行事として、群馬県農業会議職員を講師に招き、「新しい農業委員会制度について(仮)」と題して講演会を開催します。 中部農業事務所
伊勢崎地区
農業指導センター
電話0270-25-1252
キラッとかんら観光キャンペーン 3月1日
(水)~
5月31日
(水)
甘楽町内  群馬県甘楽町では「キラッとかんら観光キャンペーン」を開催しています。期間の5月3日(水・祝)に稲含神社春季例大祭・山開き、5月3日(水・祝)~4日(木・祝)にタケノコ大名焼きなどが行われます。また、秋畑那須地区の鯉のぼりも5月中旬まで楽しめます。他にもたくさんのイベントが目白押しです。 甘楽町役場キラッとかんら観光キャンペーン係
電話0274-74-3131
第42回北軽井沢スプリングショウ 5月13日
(土)
長野原町「北軽井沢ふれあい広場」  北軽井沢・応桑地区は古くから数多くの酪農家が乳用牛を飼育しています。県内でもトップクラスの乳用牛改良に熱心な酪農家が多くいます。それらの酪農家が自主的に共進会を行うものです。当日は、審査員として宮城県で酪農を営んでいる半澤善幸氏を招き、乳用牛約60頭が出品される予定です。 JAあがつま畜産部畜産酪農指導検査課 電話0279-84-3001
大峰牧場の入牧 4月下旬~5月上旬 みなかみ町  みなかみ町の町営大峰牧場が開牧します。広々とした草原で牧草を食べる黒毛和牛の姿が10月まで見られます。放牧頭数は約80頭で、傾斜地を歩き回ることで足腰のしっかりした牛に育ちます。 利根沼田農業事務所
普及指導課 電話0278-23-0338
川場雪ほたか田植えまつり 5月下旬 田園プラザ川場  お米の豊作を願う「田植えまつり」が、田園プラザ川場内の田んぼで行われます。食農教育の一環として川場村立川場小学校の児童が、早乙女・早男に扮して稲の苗を植える風景は、多くの人の目を楽しませます。 川場村役場
電話0278-52-2111
休日は小平の里で体験三昧 5月1日(月)~7日(日) みどり市小平の里  自然体験施設「みどり市大間々小平の里」ではゴールデンウィーク期間中に各種イベントを企画しています。木工品展示即売会(5月1日~5月7日)斑入り山野草展示即売会(5月2日~4日)、親子生け花体験(5月5日)が行われます。 小平の里管理事務所 電話0277-73-2006 
みどり市笠懸地区産業祭「春野菜共進会」の開催 5月13日(土) JAにったみどり笠懸野菜集出荷所  この共進会は、JA出荷青果物の産地ブランドの確立と、農業振興および市民の地域農業に対する理解を目的とし、毎年行われています。12日に共進会の審査をし、13日は出品物の一般参観と、管内産の野菜の即売が行われます。 みどり市笠懸地区産業際実行委員会:みどり市農林課農政係 
電話0277-76-1937
ブドウ早朝全戸巡回研修会 5月17日(水) 桐生市
みどり市
太田市
 桐生市ぶどう生産出荷組合は12戸で組織されています。
 栽培技術の確認と病害虫対策、新品種の栽培特性等、技術・情報の共有化を図り、全員で組合員の全ブドウ園を巡回します。
東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212

県域イベント

県域イベント一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
ぐんまこんにゃくまつり 5月28日(日)
時間 午前10時30分~午後4時
ららん藤岡(藤岡市中) こんにゃくを使った料理の試食や製品販売、手作り体験教室、料理レシピ集などの配布、資料の展示、種芋の無料配布
※こんにゃく製品を購入した人の中から抽選で景品を差し上げます
※種芋の無料配布は数に限りがあります
入場料 無料
県庁蚕糸園芸課
電話027-226-3136
FAX027-243-7202

ぐんまフラワーパーク(外部リンク)

ぐんまフラワーパーク一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
バラフェスタ 5月13日(土)~6月11日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 「香りのバラ」をテーマに、
350品種・1600株のバラが園内を彩ります。29年度は「スタンダードローズの丘エリア」を拡大して開催します
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
サクラソウ展 4月22日(土)~5月14日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 江戸時代にサクラソウを楽しむために使われた小屋組花壇を再現し、約200品種のコレクションの中から約50点を展示します
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
ツツジフェスタ 4月29日(土)~5月21日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) ヤマツツジやヒラドツツジなど約30種類を楽しめます。また樹齢300年以上の珍しいツツジを展示します
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
「ぐんま花の日『赤城山・裾野の春まつり』」 4月22日(土)~5月7日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 地元の農産物の販売や芸能発表、キャラクターショー、花火大会(4日(木)のみ)など
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
フレグランスガーデン 4月28日(金)~6月25日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) バラやハーブなど香りのする植物を中心に展示します
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
中島裕明・花の絵画展 5月9日(火)~21日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) ぐんまフラワーパークの花をモチーフにした絵画約300点を展示します
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
現代押し花アート展 5月23日(火)~28日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 日本レミコ押し花学院の作品約100点を展示します。販売や体験教室も開催します
入園料 一般=700円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「四季折々のガーデニング講座」 5月14日(日)
時間 午前10時~正午
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) 植物の害虫と病気の種類、その対策を学びます
費用 700円(教材費など)
※ぐんまフラワーパーク年間パスポートを持っている人は200円
申込期限 5月6日(土)
申し込み方法 ファクス。「四季折々のガーデニング講座」、住所、氏名、電話番号を記入してください
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「香りを楽しむアロマ講座」 5月24日(水)
時間 午前10時~正午
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) 塩とハーブを使って、爽やかな香りのポプリを作ります
定員 50人(先着順)
費用 2千円(材料費など)
※ぐんまフラワーパーク年間パスポートを持っている人は1500円
申込期限 5月16日(火)
申し込み方法 ファクス。「香りを楽しむアロマ講座」、住所、氏名、電話番号を記入してください
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「草木染め講座」 5月18日(木)
時間 午後1時30分~4時
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) ボタンの花で綿を染めます
定員 20人(先着順)
費用 2300円(教材費など)
※ぐんまフラワーパーク年間パスポートを持っている人は1800円
申込期限 5月14日(日)
申し込み方法 ファクス。「草木染め講座」、住所、氏名、電話番号を記入してください
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389

日本絹の里(外部リンク)

日本絹の里一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
日本絹の里企画展「日本の美・きらめき ~パッチワークキルト三作家展~」 5月29日(月)まで
※火曜日休館
時間 午前9時30分~午後5時
県立日本絹の里(高崎市金古町) キルト作家の小尾節子、宮谷真知子、吉田サチ子は、絹の着物のきれなど日本の布を使ったパッチワークキルトの作品を制作して展覧会を行うなど、国内外で活躍しています。3人の個性豊かな作品を展示し、日本の布の美しさを紹介します 県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
ギャラリートーク 5月8日(月) 午後1時30分~2時 宮谷真知子
5月13日(土) 午前10時~10時30分 吉田サチ子
5月20日(土) 午後1時30分~2時 小尾節子
県立日本絹の里(高崎市金古町) キルト作家による解説を聞きながら、作品を鑑賞します
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
ワークショップ「飾りボタンのチョーカー」 5月8日(月)
時間 午後2時30分~4時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) プラスチックのボタンを布でくるみ、ゴムひもで首から下げるアクセサリーを作ります
講師 宮谷真知子
対象 小学4年生以上で、手縫いができる人
定員 20人(先着順)
費用 500円(材料費)
※別途、観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
無料体験「和布の飾りヘアゴム」 5月4日(木)、7日(日)
時間 午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 手縫いで作るヨーヨーや子どもでも簡単にできるくるみボタンを使って、ヘアゴムやブレスレットとして使えるアクセサリーを作ります
対象 一般
※小学3年生以下は保護者の付き添いが必要
定員 各20人(先着順)
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301

県馬事公苑(外部リンク)

県馬事公苑一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
「コースが選べる”2回コースor4回コース”体験乗馬教室」
(6月生)
  • 2回コース…6月1日(木)~30日(金)の希望する2回
  • 4回コース…6月1日~7月31日(月)の希望する4回
※火曜日を除く
開始時刻 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象 当苑を初めて利用する、小学3年生から70歳までの乗馬初心者
定員 各20人(先着順)
費用
  • 2回コース…一般=8千円、高校生以下=6500円(受講料、保険料など)
  • 4回コース…一般=1万4千円、高校生以下=1万2千円(受講料、保険料など)
申込期間 4月24日(月)~6月30日
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832
「コースが選べる”2回コースor4回コース”体験乗馬教室」
(7月生)
  • 2回コース…7月1日(土)~31日(月)の希望する2回
  • 4回コース…7月1日~8月31日(木)の希望する4回
※火曜日を除く
開始時刻 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時、4時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象 当苑を初めて利用する、小学3年生から70歳までの乗馬初心者
定員 各20人(先着順)
費用
  • 2回コース…一般=8千円、高校生以下=6500円(受講料、保険料など)
  • 4回コース…一般=1万4千円、高校生以下=1万2千円(受講料、保険料など)
申込期間 5月22日(月)~7月31日
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
E-mail nouseika@pref.gunma.lg.jp