本文へ
表示モードの切替
印刷

【9月29日】県内の農業農村の動き(10月)(農政課)

農産物の生産動向地域のイベント・研修会・品評会県域イベントぐんまフラワーパーク日本絹の里県馬事公苑

農産物の生産動向

農産物の生産動向一覧
項目 日時 場所 内容 主催、問い合わせ先
イチゴの開花始まる 10月下旬開始 前橋市  前橋市の大胡地区では、苗を冷蔵処理して開花期を早めた作型のイチゴが10月下旬から開花し、11月下旬から出荷が始まります。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
観光リンゴ園盛況 10月中旬から11月上旬まで 前橋市
渋川市
 前橋、渋川地区の観光リンゴ園が盛況となります。
 当地区では、群馬県育成品種である「陽光」や「ぐんま名月」などの、市場流通が少なく人気の品種が、庭先販売や農産物直売所などで購入することができます。
販売時期:「陽光」・「ぐんま名月」等
10月中旬から11月上旬まで
中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
抑制キュウリの出荷盛ん 10月開始 前橋市  キュウリはJA前橋市の野菜の中で、出荷額がトップの品目です。
 7月下旬から8月中旬に定植された抑制作型は出荷最盛期を迎え、連日高品質なキュウリが出荷されています。
中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9256
パンジー・ビオラの出荷始まる 10月上旬から1月まで 前橋市
伊勢崎市
 管内では、前橋・伊勢崎地区を中心に29戸で約106万鉢のパンジー・ビオラが生産されており、10月上旬頃から出荷が始まり、1月頃まで出荷されます。 中部農業事務所
普及指導課
電話027-233-9255
コンニャクの掘り取り作業開始 10月中旬から12月中旬まで 渋川市  渋川市の特産である、コンニャクの掘り取り作業が10月中旬から始まります。収穫作業は12月中旬頃まで続きます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
秋ソバの収穫作業開始 10月下旬から11月下旬まで 渋川市  渋川市は県内そばの作付面積の40%を占める県内最大のそば産地です。赤城西麓では、約100ヘクタール、行幸田地区では約10ヘクタールの秋そばが栽培されています。9月下旬からそばの花の見頃を迎え、10月下旬から約1ヶ月間、収穫作業が続きます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
抑制キュウリの出荷盛ん 10月開始 伊勢崎市、玉村町  JA佐波伊勢崎管内は抑制キュウリの生産が盛んです。8月中旬にハウスへ定植されたキュウリは9月から出荷が本格化し、10月に出荷最盛期を迎えています。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
ホウレンソウの作付け盛ん 10月開始 伊勢崎市  佐波伊勢崎地域は、県内でも有数のホウレンソウ産地です。10月下旬から翌春まで収穫が続く中で、食味にこだわった「ちぢみホウレンソウ」や「北風の恵みホウレンソウ」など期間限定商品もあります。 中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
藤岡市の切り花シンビジュームの出荷開始! 10月中旬~5月 藤岡市、甘楽町  全国有数の切り花シンビジューム産地「藤岡市」では、今シーズンの出荷が10月から始まります。グリーン、ピンク、ホワイトなど色とりどりの切り花が翌年5月まで出荷されます。 JAたのふじあぐり東部
電話0274-23-3223
または
西部農業事務所普及指導課
電話027-321-3600
アレッタの出荷始まる 10月下旬~3月上旬 安中市  アレッタは、ブロッコリーとケールを交配してできた新しい野菜です。花蕾・茎・葉を食べることができます。7月に定植し、早生品種が10月から出荷が始まります。出荷は、早生品種と中生品種を組み合わせ、翌年3月まで続きます。 JA碓氷安中営農経済課
電話027-382-1136
下仁田ネギの出荷始まる 10月下旬~1月  JA碓氷安中  JA碓氷安中では、10月下旬から下仁田ネギの出荷が始まります。下仁田ネギは太くて甘みがあり、鍋料理等、種々の料理に使えます。管内では250戸の農家が25ha程度栽培しています。 JA碓氷安中営農経済課 電話027-382-1136
カキナの定植期 10月中旬 藤岡市、高崎市吉井町  特産野菜のカキナが定植を迎えています。カキナは寒さが本格的になる年末から収穫がはじまり、年明けから春に向けて出荷ピークとなります。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-497
秋冬ネギ出荷はじまる 10~2月 藤岡市、高崎市吉井町  10月後半より、秋冬ネギの出荷がはじまります。今年の夏は曇雨天が続きましたが、天候の回復を待って仕上げを行い、例年どおり収穫となる予定です。 JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-4979
カリフラワー収穫始まる 10~2月 藤岡市、高崎市吉井町  10月下旬より、秋冬どりカリフラワーが収穫を迎えます。
 多野藤岡地域では、ホワイト、ロマネスコを中心に作付けされ、出荷は2月まで続きます。
JAたのふじ園芸課
<藤岡>
電話0274-24-1194
<吉井>
電話027-387-4979
コンニャク堀り取り始まる 10月下旬~12月中旬 富岡市・下仁田町・南牧村・甘楽町  当地域の特産物コンニャクが、収穫を迎えます。約500haで栽培されているコンニャクの掘り取り作業は、10月下旬から12月中旬まで行われます。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
秋冬ブロッコリーの収穫始まる 10月下旬~12月下旬 富岡市・下仁田町・甘楽町  甘楽富岡ではブロッコリーの栽培を推進しています。今年は約30名の生産者が8月上旬から9月上旬にかけて定植し、10月下旬から収穫が始まります。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
コンニャクの出荷最盛期 10月中旬~12月上旬 吾妻郡東部地域(中之条町、高山村、東吾妻町)  コンニャクは吾妻郡東部地域の特産物で栽培面積は約350ヘクタールです。収穫は10月中旬から始まり、最盛期は11月上旬から12月上旬になる見込みです。出荷されたコンニャク芋は、農協等を通じて県内外の加工業者に販売されます。 吾妻農業事務所 普及指導課
農畜産指導係
飯塚
TEL:0279-75-2364
切り花アジサイ、出荷最盛期 9月下旬~10月下旬 片品村  片品村は、作付面積5haを誇る全国有数の切り花アジサイ産地です。白花品種「ミナヅキ」は、開花後、気温の低下とともに9月中旬には淡いピンク色、さらに10月に入ると鮮やかな濃いピンク色に変化していきます。「秋色ミナヅキ」という名称で出荷され、京浜および関西の市場で人気を博しています。 JA利根沼田片品農産物集配センター
電話0278-58-2000
利根沼田農業事務所
普及指導課 電話0278-23-0338
コンニャクの収穫最盛期 10月下旬~ 管内  利根沼田地域は栽培面積1,500haを誇るコンニャクの産地です。収穫は10月下旬から始まり11月まで続きます。利根沼田地域で生産されるコンニャクは県内の生産量の40%を占めます。 JA利根沼田営農部
電話0278-50-6111
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
リンゴの収穫最盛期 10月 管内  利根沼田地域はリンゴの産地で、栽培面積は280haとなっています。10月は県育成品種の「陽光」収穫が最盛期となり、人気の「ぐんま名月」の収穫も始まります。直売所には他県からもリンゴの購入に多くの人が訪れます。 JA利根沼田営農部
電話0278-50-6111
利根沼田農業事務所
普及指導課
電話0278-23-0338
抑制キュウリ収穫盛ん 9月上旬~11月下旬  邑楽館林管内  邑楽館林管内は日本有数のキュウリ産地です。8月に定植された抑制キュウリの出荷が盛んに行われております。収穫は9月上旬からはじまり、11月下旬まで続きます。 東部農業事務所
館林地区農業
指導センター
電話0276-74-2257
ホウレンソウ栽培盛ん 10月~ 太田市  太田市は、県内有数のホウレンソウ産地です。10月上旬は露地栽培のは種最盛期です。また雨除けハウス栽培は収穫の最盛期となります。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
米の収穫 10月~ 邑楽館林管内  邑楽館林管内は県内有数の米の産地です。早期・早植作型に続き、普通期の収穫期を迎えました。曇雨天が続き、出穂がやや遅れましたが、収穫期は平年並の見込みです。  東部農業事務所
館林地区農業
指導センター
電話0276-74-2257
業務・加工用野菜の栽培 出荷時期
キャベツ
12月~3月
レタス
10月~3月
邑楽館林管内  邑楽館林管内では新規導入作物の一つとして、加工用キャベツ、加工用レタスの栽培に取り組んでいます。カットなど業務用を対象としたキャベツは、4年目の取り組みとなり、今年度は約25ヘクタールの作付けが予定されています。また、取り組み2年目となるレタスは約10ヘクタールの作付けが予定されています。 東部農業事務所
館林地区農業
指導センター
電話0276-74-2257
樹上脱渋柿の収穫始まる 10月上旬~下旬 桐生市
みどり市
太田市
 樹上脱渋栽培は、樹に実っている渋柿を固形アルコールを入れたビニール袋で被覆し、渋を抜く方法です。果肉がしっかりしていて食感が良いのが特徴です。 東部農業事務所
普及指導課 電話0276-31-2212
秋冬ネギ収穫始まる 10月中旬~4月中旬 太田市  太田市は、県内有数のネギ産地です。管内では秋冬ネギが中心に栽培され、収穫は10月中旬から始まり、4月中旬まで続きます。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
抑制スイカ収穫始まる 10月下旬~11月下旬 太田市  JA太田市薮塚地区を中心に小玉スイカの生産が盛んです。春から初夏どりの半促成栽培だけでなく、秋どりの抑制栽培も行われています。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
JA太田市薮塚野菜センター
電話0277-78-5201
シクラメンの出荷始まる 10月下旬~12月 桐生市
館林市
みどり市
板倉町
明和町
 東毛地区は、栄養診断技術に基づいた施肥管理による高品質シクラメンの産地です。10月下旬から出荷が始まり、6寸(約18センチメートル)以上の大鉢は11月から出荷になります。一部の農家は直売も行っており、毎年好評を得ています。 東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212

地域のイベント・研修会・品評会

地域のイベント・研修会・品評会一覧
行事名 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
まえばしマジョ-らの「ぎゃらり-・マルシェ」 10月13日(金)から15日(日)まで
両日とも午前11時から午後5時まで
ギャラリ-fromまえばし(前橋市敷島町)  前橋地区の農村起業で組織する「まえばしマジョ-ラ」では、農産物や農畜産加工品、手作り小物等の販売促進会を開催します。イベントを通じて農業理解や消費者交流を図ります。 主催:まえばしマジョ-ラ(前橋農村起業ネットワ-ク)
問い合わせ:中部農業事務所普及指導課担い手支援係
電話027-233-2061
第25回ふれあい農園まつり 10月21日(土)
午前10時30分から12時頃まで
前橋市富士見町(富士見支所西の畑)  前橋市富士見町のFANクラブ(富士見の農業と自然を愛する女性の会)では、市内外の消費者との交流を目的とした農園まつりを実施します。当日は春に植え付けたサツマイモの堀取りや、落花生の収穫体験の他、試食会や親子の交流等も予定されています。  主催:FANクラブ
問い合わせ:前橋市富士見支所地域振興課 
電話027-288-2211
伊香保温泉石段街イベント広場で観光りんご園をPR 10月下旬 渋川市伊香保温泉石段下広場  全国的に知名度の高い伊香保温泉には、温泉の周辺にりんご狩りができる観光りんご園がたくさんあります。そこで、伊香保温泉のお客さんに観光りんご園をPRすることを目的に、伊香保温泉石段街でりんごの皮むき競争と試食・即売会を行います。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
第1回Happyあぐり講座 10月5日(木) 株式会社フルーツオンザヒル、KIMIDORI  農業経験の少ない若手女性農業者が、農業経営に積極的に参画しながら、生き生きと活躍するためには、農業経営に役立つ知識や技術の習得及び、女性農業者同士の情報交換が重要です。第1回講座は、6次産業化認定事業者から商品開発・加工のポイントや観光果樹園経営について、また、農家レストランでは、レストラン経営について学びます。 中部農業事務所
渋川地区農業指導センター
電話0279-23-1321
第2・3回フレッシュ農業セミナーの開催 10月5日(木)、26日(木) 伊勢崎市内のほ場及びJA佐波伊勢崎本店  新規就農者等を対象に農業経営に必要な基礎知識や技術を習得する講座を9月から1月にかけて6回開催しています。
・10月5日
 農作業安全、農業機械操作実習等を行います。
・10月26日
 雪印種苗会社を講師に緑肥についての講義と指導センターによる農薬の適正使用等の講義を行います。
主催
佐波伊勢崎地域担い手育成支援協議会(JA佐波伊勢崎・伊勢崎地区農業指導センター)
問い合わせ:
中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
小泉コスモスまつり 10月22日(日) 伊勢崎市小泉稲荷大鳥居  小泉コスモス組合が、遊休地を利用してコスモス畑を作りました。大鳥居や赤城山をバックにした色とりどりのコスモスが堪能できます。当日は地元農産物の直売や様々なイベントが催されます。 主催
小泉コスモス組合
問い合わせ:
伊勢崎市あずま経済振興室
電話0270-62-1311
第2回農業女子フレッシュセミナーの開催 10月17日(火) 群馬県農林大学校  若い女性農業者の多様な能力向上と仲間作りを進めるために、農業女子フレッシュセミナーを8月から開催しています。第2回は農作業安全と農業機械の運転操作について、講義と実習を行います。 主催
伊勢崎地区農業指導センター
問い合わせ:
中部農業事務所
伊勢崎地区農業指導センター
電話0270-25-1252
JAはぐくみ「アグリスクール」開催 10月18日(水) JAはぐくみ本店  JAはぐくみは、新規野菜生産者の確保のため、アグリスクールを開講しています。重点推進野菜を中心にナスコース、ネギコース、ちぢみホウレンソウコース、タマネギコースの4品目のコースを設けて、年間2~5回程度の講座を行い、実際に出荷できるようにサポートを行っていきます。 JAはぐくみ本店 営農部
電話027-344-1424
施設花き新技術研修会の開催 10月6日(金) 高崎合同庁舎  西部農業事務所普及指導課では、施設花き生産者を対象に研修会を開催いたします。内容は、夏期の高温対策や暖房費の省エネ対策から、近年注目されているハウス環境制御技術について行います。 西部農業事務所普及指導課
電話027-321-3600
吉井グリーンツーリズム「サツマイモ掘り体験」開催 10月7日(土)
9時45分~
吉井町小串地区  吉井グリーンツーリズムの里づくり推進委員会では、吉井町の農業や歴史・文化についての理解を深め・交流することを目的に様々な体験事業を実施しており、今回「サツマイモ掘り体験」を開催します。 高崎市役所 吉井支所 産業課
電話027-387-3134
農業基礎講座の開講(第1回講座) 10月30日(月)
13時30分~
藤岡合同庁舎本館3階会議室  新規就農者等を対象に、健全な農業経営を早期に確立し定着できるよう、基礎知識を中心とした講座(全4回)を開講します。1回目は農薬の適正使用と土づくりについて学びます。 西部農業事務所
藤岡地区農業指導センター
電話0274-23-4555
農業・農村男女共同参画講演会 10月3日(火)
13時30分~15時45分
富岡合同庁舎3階中会議室  男女共同参画の視点を取り入れた防災対策について講演会を開催します。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
平成29年度先輩農業者と農業経営を語る会 10月4日(水)
16時~18時20分
JA甘楽富岡ヴァンヴール  Uターンや農外からの農業参入者が増加傾向となっています。そこで、新規就農者の農村社会への早期適応や仲間づくりを支援するため、先輩農業者等と新規就農者との意見交換会を行います。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
平成29年度農業経営者初級講座 10月12日、26日、11月9日、30日(すべて木)

各13時30分~15時30分
富岡合同庁舎3階中会議室他  新規就農者、新たに農業を始めたい方が目標を持った農業を展開することを目的に、栽培技術の習得や経営管理能力の向上を図るための講座を開催します。 西部農業事務所
富岡地区農業指導センター
電話0274-63-6711
「中之条町りんご祭り」の開催 10月15日(日)
9:00~15:00
「花の駅 美野原(旧薬王園」  中之条町では、主に直売向けにりんごが栽培されており(栽培面積約9ヘクタール)、その多くは四万・草津温泉などを訪れた観光客を中心に販売されています。
 消費者へのりんごPRを目的として、多くの品種が収穫されるこの時期に「中之条町りんご祭り」が開催されます。
 お祭りではりんごの試食・直売の他に「皮むき大会」や「大食い大会」、「案山子大会」などの様々なイベントが行われます。
中之条町役場
農林課
農業係
設楽 
TEL:0279-75-8844
こんにゃく大鍋 10月1日(日) 昭和村総合福祉センター他  昭和村では、秋祭りにおいて大鍋でこんにゃくたっぷりのけんちん汁が振る舞われます。当日は7,000人分が用意され無料配布されます。
 また、農産物の販売、各種イベントや大抽選会も予定されており、毎年県内各地から大勢の参加者が訪れます。
昭和村役場企画課
(昭和の秋祭り実行委員会)
電話0278-24-5111 
利根沼田地区乳牛共進会・繁殖和牛共進会
10月2日(月)(繁殖和牛)
10月6日(金)(乳牛)

JA利根沼田新治支所(繁殖和牛)
JA利根沼田営農事業本部畜産部(乳牛)
 利根沼田地区は、昔から乳牛や繁殖和牛を数多く飼育していた産地です。共進会は日頃の飼養管理技術を競い、育種改良の向上を目指し、1カ所に集畜し審査を行います。約80頭の牛が管内より集まり、活気ある共進会が開催されます。 JA利根沼田営農事業本部畜産部
電話0278-23-0170
川場村雪ほたか稲刈り祭り(献穀祭抜穂式) 10月4日
(水)
道の駅「川場村田園プラザ」特設水田  道の駅川場田園プラザ内の水田で5月に川場小学校5年生が伝統衣装を纏い田植え体験を行いました。今回は児童が早乙女、早男に扮して、地元コーラスグループが歌う「抜穂式歌」をバックに稲刈りをします。当日は多くの見物客が訪れます。 川場村役場田園整備課
電話0278-52-2111
利根沼田みのりの里PRイベントinぐんまちゃん家 10月11日
(水)
ぐんま総合情報センター(ぐんまちゃん家)  グリーン・ツーリズムや「利根沼田みのりの里スタンプラリー」等のパンフレット・チラシを配布するとともに、利根沼田産ブドウ・リンゴ・ブランド米・ドライえだまめの試食、配布を行います。また、利根沼田産農産物の販売も行い、秋の観光シーズンに向けて首都圏でPRを行います。 主催:利根沼田みのりの里プロジェクト実行委員会
問い合わせ先:事務局(利根沼田農業事務所農業振興課)
電話0278-23-0188
新規就農者交流会 10月3日(火) 太田市、市役所新田庁舎  先進農家として、農業経営士の経営状況について見学後、市役所に移動し、新規就農者と、先輩農業者の話し合いを行い、農業者の交流の範囲を広げていくために実施します。 東部農業事務所
普及指導課 
電話0276-31-2212
カキ現地研修会の開催 10月5日(木) みどり市  みどり市笠懸地区管内でカキを栽培している農家を対象に、病害虫の発生状況、収穫適期の確認、新品種の情報交換等について研修会を行います。 東部農業事務所
普及指導課 
電話0276-31-2212
みどり市笠懸地区第22回 「ひまわりの花畑まつり」の開催 10月6日(金)~10月9日(月・祝) みどり市笠懸町吹上地区ひまわりの花畑会場  みどり市笠懸町の「上鹿田むらづくり推進協議会」が育てるヒマワリの花は9月下旬から10月中旬にかけて開花します。ヒマワリの栽培は遊休農地対策や町おこしを目的に20年前から始めています。その本数は約12万本にのぼり、一面に咲く景色は壮観です。開花期間中の10月6日(金)から9日(月・祝)には「ひまわりの花畑まつり」を開催します。 主催:上鹿田むらづくり推進協議会
問い合わせ:みどり市観光課
電話0277-76-1270
シクラメン現地検討会の開催 10月中旬 桐生市
館林市
みどり市
 シクラメンを栽培している農家を対象に、品質・栽培技術向上のための現地検討会を開催します。
 出荷を直前に控え、最後の仕上げの管理について、確認します。
東部農業事務所
普及指導課
電話0276-31-2212
みどり市大間々町「浅原体験村」で収穫感謝祭 10月15日(日)
9時30分~15時
みどり市浅原体験村  みどり市大間々町の農業体験施設「浅原体験村」では農園体験やそば打ちの体験の他、園内コテージでバーベキューや宿泊ができ、憩のひとときを過ごせます。10月15日(日)、恒例の収穫感謝祭を開催します。そば打ち体験、サツマイモ堀り体験、そばの無料試食、緑化苗無料配布等を行います。無料配布は数に限りがありますので、ご了承ください。 浅原体験村
電話0277-72-0122
桐生市黒保根やまびこ会・秋の味覚を楽しむ集い 10月22日(日)
10時30分~ 15時30分
道の駅「くろほねやまびこ」  国道122号沿いの道の駅「くろほねやまびこ」では10月22日(日)に“秋の味覚を楽しむ集い”を開催します。秋野菜や新米、加工品の販売の他に、試食コーナーでは新米の試食と新米もちつき大会を開催します。やまびこ自慢の味噌おでんの無料配布も予定しています。試食品の数に限りがありますが、秋の味覚を味わいに御来場ください。 道の駅「くろほねやまびこ」
電話0277-96-2575

県域イベント

県域イベント一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
農業技術センター公開 10月21日(土)
時間 午前10時~午後3時
県農業技術センター(伊勢崎市西小保方町) 「見て、ふれて、知って、納得、ぐんまの農業技術」をテーマに、センターの研究成果の展示・紹介や技術相談、子ども向けの実験、野菜・果物の即売などを実施します
費用 無料
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
県農業技術センター
電話0270-30-7799
FAX0270-63-3609
蚕糸技術センター公開 10月28日(土)
時間 午前10時~午後4時
県蚕糸技術センター(前橋市総社町) 研究成果の展示・紹介、繭クラフトや桑和紙のうちわ作りの体験コーナーなど
費用 無料
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
県蚕糸技術センター
電話027-251-5145
FAX027-251-5147
畜産試験場公開 10月28日(土)、29日(日)
時間 午前9時30分~午後2時
※29日は10時から
県畜産試験場(前橋市富士見町) 施設公開や研究成果のパネル展示と解説、公開講座「知って得する畜産講座」など
※酪農畜産フェスティバルを同時開催します
費用 無料
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
県畜産試験場
電話027-288-2222
FAX027-288-2243
水産試験場公開 10月28日(土)
時間 午前10時~午後3時30分
県水産試験場(前橋市敷島町) 試験研究の紹介や水生生物との触れ合いコーナー、ヤマメやニジマスのつかみ取りなど
費用 無料
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
県水産試験場
電話027-231-2803
FAX027-231-2135
農林大学校「榛(はん)の木祭」 11月11日(土)、12日(日)
時間 午前10時~午後2時30分
※12日は2時まで
県立農林大学校(高崎市箕郷町) 季節の野菜や果物などの販売、搾乳体験、子牛との触れ合い、木工工作体験、寄せ植え体験、課題研究展示、チャリティーバザー、ステージイベント、模擬店など
入場料 無料
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
県立農林大学校
電話027-371-3244
FAX027-371-6968
県養蜂協会はちみつ品質向上共励会 10月20日(金)
時間 午前10時~午後3時30分
群馬会館(前橋市大手町) 県内の養蜂家が生産した蜂蜜の審査・直売をします
※生産者による直売は、2時30分から販売終了まで
入場料 無料
県養蜂協会
電話027-220-2371 
FAX027-220-2372
酪農畜産フェスティバル 10月28日(土)、29日(日)
時間 午前9時30分~午後3時 
※28日は10時から
県畜産試験場、県馬事公苑(いずれも前橋市富士見町) 生産者と消費者の交流を図り、酪農・畜産物への理解を深めてもらうため、動物との触れ合いや農畜産物の試食・即売などを実施します
入場料 無料
県酪農畜産フェスティバル推進協議会事務局
電話027-220-2161
FAX027-220-2159
県畜産課
電話027-226-3103
FAX027-223-3095
フラワーコンテスト「花フェス」 10月6日(金)、7日(土)
時間 午前10時~午後7時
※7日は4時まで
イオンモール高崎(高崎市棟高町) 県内の生花商が作成したフラワーアレンジメントやブーケなどの作品展示とフラワーパフォーマンスショー(7日、午後2時~4時)など
観覧料 無料
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
県蚕糸園芸課
電話027-226-3126
FAX027-243-7202

ぐんまフラワーパーク(外部リンク)

ぐんまフラワーパーク一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
秋風のカノン 10月29日(日)まで
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) クラシック音楽のカノンのような、落ち着きのある雰囲気のガーデンを楽しめます
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
※県民の日(10月28日)は無料です
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
秋バラフェスタ 10月15日(日)まで
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 香りが楽しめるバラを中心に、世界各国のバラや「スタンダードローズ」を楽しめます
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
ダリアフェスタ 10月29日(日)まで
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 約200品種・千株のダリアと、ダリアを使った料理を楽しめます
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
※県民の日(10月28日)は無料です
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
秋のいわひば展 10月3日(火)~8日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 群馬いわひば会の会員による作品約100点を展示します
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
ぐんま愛ひょう会作品展示会 10月17日(火)~29日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) ぐんま愛ひょう会の会員による、装飾技術が光るひょうたん作品約400点を展示します。即売会もあります
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
※県民の日(10月28日)は無料です
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
赤城南麓収穫祭 10月28日(土)、29日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 芸能発表や地元店舗による食品の販売など
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
※県民の日(10月28日)は無料です
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
姫柿展示会 10月31日(火)~11月5日(日)
時間 午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
ぐんまフラワーパーク(前橋市柏倉町) 群馬姫柿愛好会の会員が中国原産の老爺柿を盆栽として育てた作品26点を展示します
入園料 一般=600円、中学生以下=無料
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「山野草寄せ植え講座」 10月11日(水)
時間 午前10時~正午
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) 内容 秋の山野草約5種を使った寄せ植えを作ります
定員 20人(先着順)
費用 2500円(教材費など)
※ぐんまフラワーパーク年間パスポートを持っている人は2千円
申込期限 10月3日(火)
申し込み方法 ファクス。「山野草寄せ植え講座」、住所、氏名、電話番号を記入してください
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389
花と緑の学習館「草木染め教室」 10月19日(木)
時間 午後1時30分~4時
県花と緑の学習館(前橋市柏倉町) フジの枝・葉で綿を染めます
定員 20人(先着順)
費用 2300円(教材費など)
※ぐんまフラワーパーク年間パスポートを持っている人は1800円
申込期限 10月15日(日)
申し込み方法 ファクス。「草木染め教室」、住所、氏名、電話番号を記入してください
ぐんまフラワーパーク
電話0120-1187-38
FAX027-283-8389

日本絹の里(外部リンク)

日本絹の里一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
日本絹の里特別展「群馬のシルクアーティスト2人展 大竹夏紀・寺村サチコ」 10月16日(月)まで
※火曜日休館
時間 午前9時30分~午後5時
県立日本絹の里(高崎市金古町) 本県を代表する2人の若手アーティストの展示会です。ろうけつ染めで独自のアイドル像を描く大竹夏紀、絞り染めと型染めで立体造形物を制作し、女性の持つ美しさやその裏に潜む毒を表現する寺村サチコの作品を紹介します
観覧料 一般=200円、大学・高校生=100円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
アーティストトーク 10月1日(日)
時間 午前11時~11時45分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 制作の背景や作品について作家が解説します
講師 大竹夏紀(染色アーティスト)、寺村サチコ(テキスタイルアーティスト)
定員 なし
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=200円、大学・高校生=100円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
無料体験「シルクのキャンディマグネット」 10月7日(土)、14日(土)
時間 午前10時~正午、午後1時30分~3時30分(受け付けは30分前から)
県立日本絹の里(高崎市金古町) シルクの布にスタンプを押して模様を染め、キャンディーの形のマグネットを作ります
講師 当館職員
対象 小学生以上の人
※小学3年生以下は保護者の付き添いが必要
定員 各20人(先着順)
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=200円、大学・高校生=100円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
ワークショップ「シルクのぽこぽこアクセサリー作り」 10月8日(日)
時間 午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 型染めと絞り染め技法を使ってアクセサリーを作ります
講師 寺村サチコ
対象 小学生以上の人
※小学3年生以下は保護者の付き添いが必要
定員 各12人(先着順)
費用 500円(材料費)
※別途、観覧料が掛かります
申し込み方法 電話
観覧料 一般=200円、大学・高校生=100円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
日本絹の里企画展「ちりめん創作人形展 ~秋(あき)彩(いろ)歳(さい)時(じ)記(き)~」 10月21日(土)~12月11日(月)
※火曜日休館
時間 午前9時30分~午後5時
県立日本絹の里(高崎市金古町) ちりめんなどの絹を素材に使い、昔の日常などをモチーフにした人形を制作している高崎市在住の作家・竹本京の作品を中心とした展覧会です。「秋の彩り」をテーマにした新作の人形などを中心に、季節感あふれる人形や細工物を展示します
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
※県民の日(10月28日)は無料です
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
ギャラリートーク 10月21日(土)
時間 午前11時~11時30分
11月19日(日) 
時間 午後2時~2時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 作家が展示作品や制作技法などについて解説します
講師 竹本京(人形作家)
定員 なし
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
人形制作実演会 10月29日(日)
時間 午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 作家が人形制作の工程を実演します
講師 竹本京
定員 なし
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
無料体験「押絵風ツリーのオーナメント」 11月5日(日)、25日(土)、12月3日(日)
時間 午前10時~正午、午後1時30分~3時30分(受け付けは30分前から)
県立日本絹の里(高崎市金古町) 絹の着物のきれを使ってクリスマスの飾りを作ります
講師 当館職員
対象 小学生以上の人
※小学3年生以下は保護者の付き添いが必要
定員 各20人(先着順)
費用 無料
※観覧料が掛かります
申し込み方法 当日、直接会場にお越しください
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301
ちりめん細工講習会「玄関マスコット」 11月12日(日)、27日(月)
時間 午前10時~正午、午後1時30分~3時30分
県立日本絹の里(高崎市金古町) 絹布を使って、小物入れを作ります
講師 竹本京
対象 中学生以上の人
定員 各30人(先着順)
費用 千円(材料費)
※別途、観覧料が掛かります
申込開始日 9月30日(土)
申し込み方法 電話
観覧料 一般=400円、大学・高校生=250円、中学生以下=無料
県立日本絹の里
電話027-360-6300
FAX027-360-6301

県馬事公苑(外部リンク)

県馬事公苑一覧
イベント等 日時 場所 内容 主催・問い合わせ先
体験乗馬教室4回コース11月生 11月1日(水)~12月28日(木)の希望する4回
※火曜日を除く
開始時刻 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象 当苑を初めて利用する、小学
3年生から70歳までの乗馬初心者
定員 各20人(先着順)
費用 一般=1万4千円、高校生以下=1万2千円(受講料、保険料など)
申込期間 9月25日(月)~12月17日(日)
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832
50歳からの体験乗馬教室4回コース 10月1日(日)~11月30日(木)の希望する4回
※火曜日を除く
開始時刻 午前9時、10時、11時、午後1時、2時、3時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 1回当たり45分間の乗馬
対象 当苑を初めて利用する、50歳から70歳までの乗馬初心者
定員 各20人(先着順)
費用 1万2千円(受講料、保険料など)
申込期限 11月17日(金)
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832
秋の体験乗馬教室 11月12日(日)
時間 午前9時30分~正午、午後1時30分~4時
県馬事公苑(前橋市富士見町) 馬との触れ合いと体験乗馬
対象 小学3年~高校生
定員 各18人(先着順)
費用 3千円(受講料、保険料など)
申込期限 10月30日(月)
申し込み方法 電話予約後、所定の申込用紙
県馬事公苑
電話027-288-7002
FAX027-288-8832

このページについてのお問い合わせ

農政部農政課
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話 027-226-3018
FAX 027-223-3648
E-mail nouseika@pref.gunma.lg.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの一部(@pref.gunma.lg.jp)を画像化しております。